建築紹介 - 和歌山県 - ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)- 建築紹介・建築探訪録        

田辺市立美術館

           
0249:田辺市立美術館 メイン

0249 - 田辺市立美術館
竣工:1995年
設計:坂倉建築研究所
住所:和歌山県田辺市たきない町24-43

皆様どうも. 5月も終わりに近づき、どんどんと太陽の沈む時間が遅くなってきたな〜と感じる最近です. そういえばSNSではアナウンスしましたが、当サイトでは初めて建築月刊誌に写真提供をさせていただきました. 建築探訪がこのような形でお役に立てたことは大変喜ばしく、お礼に新刊ももらえてよかったです. ちなみに写真が掲載されてコラム記事は、pdfでネットに掲載されています. 興味のある方はこちらのリンクよりご確認ください. 何気に写真が一番大きくて驚きました.

さて前回までは南方熊楠関連の和歌山建築を連載していましたが、今回はその他に訪問した田辺・白浜の建築スポットをご紹介していきます. まずは田辺市の高台に建つ文化施設 田辺市立美術館です.

この記事の続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

南方熊楠顕彰館

           
0248:南方熊楠顕彰館 メイン

0248 - 南方熊楠顕彰館(旧南方家住宅)
竣工:2006年
設計:矢田康順+堀正人
住所:和歌山県田辺市中屋敷町36

皆様どうも. 前回は和歌山県白浜に建つ「南方熊楠記念館」を紹介しましたが、今回も南方熊楠に関わる建築です. 和歌山出身の博物学者である南方熊楠氏は生涯の半分に相当する37年間を和歌山県田辺で過ごし、うち最晩年となる25年間を自邸で過ごしました. 自邸である「旧南方家住宅」は登録有形文化財として残っており、旧邸の北隣に2006年にオープンしたのが今回ご紹介する南方熊楠顕彰館です.

この記事の続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

南方熊楠記念館

           
0247:南方熊楠記念館 メイン

0247 - 南方熊楠記念館
竣工:1964年(本館) / 2017年(新館)
設計:野生司義章(本館)/ シーラカンスアンドアソシエイツ(新館)
住所:和歌山県西牟婁郡白浜町3601−1

皆様どうも. GWも終わりまして日差しの暑い夏の日照りが本格的に訪れ始めた感じがします. さて中旬からのスタートとなる5月の建築紹介は和歌山県紀伊田辺・白浜の建築を優先的に進めていきます. まず最初は白浜より、今年(2017年)3月19日にリニューアル開館した南方熊楠記念館です. こちらは別名義にて活動している『Travel.jp<たびねす>』でのガイド記事(記事リンク)を、建築要素ゴリゴリかつ探訪記テイストでまったり紹介していきます.

この記事の続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

ICビル

           
0203:ICビル メイン

0203 - ICビル
竣工:1985年
設計:黒川紀章
住所:和歌山県和歌山市吹上1-1-19

皆様どうも. 今回も和歌山市の中心部から、見た目がユニークなビル建築をお送りします. 和歌山市の建築といわれれば「和歌山県立近代美術館」「和歌山県立博物館」(トップ写真 ビルの裏手)といった黒川紀章氏の作品を思い浮かべる方も多いかと思われますが、文化ゾーンの近くにも黒川氏が手掛けたICビルがあります. じつはこのビル、黒川氏の主要な作品リストには掲載されておらず、ネット上の資料もわずかという超ニッチな黒川建築です.

この記事の続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

和歌山県庁舎 南別館

           
0202:和歌山県庁南別館 メイン

0202 - 和歌山県庁舎 南別館
竣工:2007年
設計:高松伸+梓設計(梓・高松設計共同体)
住所:和歌山県和歌山市湊通丁北1-2-1

皆様どうも. 本日2件目の投稿となる今回は、前回の「和歌山県本庁舎」の別館に該当する現代庁舎ビル 和歌山県庁舎 南別館をご紹介していきます. 設計はロボット建築が馴染み深い建築家・高松伸氏と、空港ターミナルの設計を得意とする梓設計による『梓・高松設計共同体』が担当しています. 共同作ではあるものの高松建築が和歌山市内にあったということで、興味津々で探訪してきました.

この記事の続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

和歌山県庁舎 本館

           
0201:和歌山県本庁舎 メイン

0201 - 和歌山県庁舎 本館
竣工:1938年
設計:増田八郎
住所:和歌山県和歌山市小松原通1-1

皆様どうも. 12月も中盤に差し掛かり、じわじわと年末ムードを感じてきた最近です. 個人的には冬至が近いので、陽の当たる建築写真を撮る時間が短くなるのがもどかしく感じています. そんな12月は、京阪神地区以外の近畿地方+福井県各所の建築を色々とご紹介. 最近は1つの都道府県を集中的にやるパターンが多かったので、数県にまたがる飛び飛びの紹介は久々な気がします. 初旬は色々ダウン気味で投稿できていませんでしたが、今月もよろしくお願いします.

一県目は紀伊半島の南西部を占める和歌山県. 紀伊徳川家の居城であった『和歌山城』の座する和歌山市中心部から、戦前から今なおも現役の県庁舎建築 和歌山県庁舎本館(本庁舎)をご紹介していきます. 日中戦争開戦から間もない昭和13年(1938年)に竣工し、現役の本庁舎としても数少ないものとなる本庁舎. 2013年には「愛知県庁舎」、「愛媛県庁舎」、「静岡県庁舎」に次いで、現役庁舎として国内4番目の国指定登録有権文化財に指定されています.

この記事の続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

MATŌ

Author:MATŌ
『ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)』は関西の建築好きが日本全国にある建築スポットを実際に探訪し、感想を交えながら紹介するブログです. 西日本多めです. 今までにご紹介した建築記事の一覧を見たい方はこちらへ→「全国建築マップ

記事掲載や掲載写真等のご希望に関しては、こちらの「メールフォーム」からご連絡お願いします.
記事内の誤字・脱字等がありました場合は、コメント欄でご意見いただけると助かります.


◆ 関連サイト ◆

インフォメーション

パソコン不良により、2017年11月の更新が遅れております. 大変申し訳ございません.

「Archi'records@walking」を閉鎖しました、今後当機能は「Archi'records@instagram」に引き継がれます. よろしくお願い申し上げます.

● 写真健全化に伴い、以下の記事の公開を停止します. 健全化が完了次第、公開を再開します.
・「金沢海みらい図書館」
・「福井県立図書館・文書館」

メディア協力

・『近代建築2017年5月号』にて写真提供をさせていただきました.

FC2アクセスカウンター

スポンサーリンク

twitter

facebook

スポンサーリンク