建築紹介 - 石川県 - ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)- 建築紹介・建築探訪録        

九谷焼窯跡展示館

           
0268:九谷焼窯跡展示館 メイン

0268 - 九谷焼窯跡展示館
竣工:2002年
設計:内藤廣(窯跡覆屋)
住所:石川県加賀市山代温泉19-101-9

皆様どうも. 台風が過ぎてすっきりと晴れた関西地方です. 今回は、前回の内藤廣建築「山代温泉 新総湯」に連続して加賀・山代温泉エリアから、九谷焼の窯跡を展示する九谷焼窯跡展示館をお送りしていきます. それでは早速まいりましょう.

この記事の続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

山代温泉 新総湯

           
0267:山代温泉新総湯 メイン

0267 - 山代温泉 新総湯
竣工:2009年
設計:内藤廣
住所:石川県加賀市山代温泉万松園通万松園通2-1

皆様どうも. いっそう涼しくなってきた矢先、台湾からUターンした台風が週末直撃しそうな9月の半ばでございます. 前回まで片山津温泉エリアを3件にわたって紹介しましたが、今回からは加賀温泉駅の南側に位置する『山代温泉』の建築スポットを紹介します. 高僧・行基の開湯伝説が残り、実に1300年もの歴史を有する古湯・山代温泉. 戦国時代には明智光秀が湯治し、その後は北大路魯山人・与謝野晶子など数多くの文人墨客に愛された加賀国最大規模の温泉地です.

その山代温泉街の中心にあるのが、共同浴場である2つの『総湯』. そのうち以前に存在した総湯から2009年に建て替えられた山代温泉新総湯は、「海の博物館」「牧野富太郎記念館」を手がけた建築家・内藤廣氏の設計により誕生しました. 今回は山代温泉総湯全般の話もしながら、この温泉建築をご紹介していきます.

この記事の続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

イヴェールボスケ

           
0266:イヴェールボスケ メイン

0266 - イヴェールボスケ
竣工:2012年
設計:堀部安嗣
住所:石川県加賀市宮地町60-1

皆様どうも. 唐突ですが、インスタグラムを始めました. 既にいくつか写真を掲載していますが、こちらでは建築以外の街並みや景色写真も載せています. 最近流行の『インスタ映え』や『フォトジェニック』という感性には非常に疎いので、とりあえず人目に出しても恥ずかしくない写真をゆる〜く公開していきます. マイページのリンクはこちらです(サイト横にもバナーを設置しました).

さて本題となる今回の建築紹介は「加賀片山津温泉 総湯」が建つ片山津温泉街エリアから西へ2〜3kmほどにある、イヴェールボスケというケーキショップ(パティスリー)です. 森林と田畑が広大に広がる緑の中に小屋のようにポツンと建つ、加賀市憩いの建築カフェスポットをお送りします.

この記事の続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

中谷宇吉郎 雪の科学館

           
0265:中谷宇吉郎雪の科学館 メイン

0265 - 中谷宇吉郎 雪の科学館
竣工:1994年
設計:磯崎新
住所:石川県加賀市潮津町イ106

皆様どうも、石川県南部特集3件目となります. 前回の「加賀片山津温泉 総湯」に引き続き、今回も加賀片山津温泉地区からのご紹介. 片山津温泉街の中心から柴山潟沿いに800mほど北西に向かった場所に、世界的な『雪博士』として知られる物理学者・中谷宇吉郎(なかや うきちろう)博士を顕彰する中谷宇吉郎 雪の科学館という博物館が建ちます. 今回はこの建築スポットをピックアップです.

今回ご紹介するこちらのスポットに関しましては、別名義で活動しております『Travel.jp<たびねす>』にて、科学館のガイド記事(記事リンク)を公開しています. こちらの記事ではたびねす記事よりも建築要素に焦点を当てながら、探訪記スタイルで色々感じたことを述べていくつもりです. なお、あまりにも記事の内容が重複する場合は割愛させていただく場合がございますが、ご了承ください.

この記事の続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

加賀片山津温泉 総湯

           
0264:加賀片山津温泉総湯 メイン

0264 - 加賀片山津温泉 総湯
竣工:2012年
設計:谷口吉生
住所:石川県加賀市片山津温泉乙65-2

皆様どうも. 石川県南部特集2件目となる今回からは、加賀温泉へと舞台を移します. 金沢駅から特急電車で30分(普通電車で45分)程と比較的近い場所にあるJR加賀温泉駅. その付近一帯は、金沢を代表する温泉集積地『加賀温泉郷(加賀四湯)』のうち山代、山中、片山津の3温泉が展開する一大温泉地として知られます. その温泉地のひとつ、片山津温泉の共同浴場として近年オープンした加賀片山津温泉 総湯は、建築家・谷口吉生氏設計の美しい現代建築です.

この記事の続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

石川県九谷焼美術館

           
0263:石川県九谷焼美術館 メイン

0263 - 石川県九谷焼美術館
竣工:2001年
設計:象設計集団
住所:石川県加賀市大聖寺地方町1-10-13

皆様どうも. 2017年も9月に入り、次第に肌寒い季節になってきました. 気温の変化にめっぽう弱い私には厳しい季節ですが、皆様は体調管理を心がけながらお過ごしいただければと思います. さて今月は北陸の中心・石川県の南部(加賀・小松)の建築スポットを特集していきます. 2015年に北陸新幹線金沢延伸により観光ブームが巻き起こった石川県ですが、今後は2023年に敦賀まで延伸され、今後の観光需要が高まると予想される地区の一つです.

最初のエリアは、石川県の最も南西に位置する加賀市からです. 石川県の旧国名のひとつ『加賀国』の名を引き継ぐ石川南部の主要都市ですが、市としては町村合併により1958年に市制施行された比較的新しい自治体. 片山津温泉・山代温泉・山中温泉といった石川の代表的温泉地『加賀温泉郷』が密集する行楽地としても知られています. 今回はその加賀市の中心都市である大聖寺に建つ磁器の美術館、石川県九谷焼美術館をお送りしていきます.

この記事の続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

MATŌ

Author:MATŌ
『ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)』は関西の建築好きが日本全国にある建築スポットを実際に探訪し、感想を交えながら紹介するブログです. 西日本多めです. 今までにご紹介した建築記事の一覧を見たい方はこちらへ→「全国建築マップ

記事掲載や掲載写真等のご希望に関しては、こちらの「メールフォーム」からご連絡お願いします.
記事内の誤字・脱字等がありました場合は、コメント欄でご意見いただけると助かります.


◆ 兄弟サイト ◆

ARCHI'RECORDS@Walkingへのリンク

インフォメーション

2017年4月より更新頻度が激減します.
大変申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます.

● 写真健全化に伴い、以下の記事の公開を停止します. 健全化が完了次第、公開を再開します.
・「金沢海みらい図書館」
・「福井県立図書館・文書館」

メディア協力

・『近代建築2017年5月号』にて写真提供をさせていただきました.

FC2アクセスカウンター

スポンサーリンク

twitter

facebook

スポンサーリンク