2016年06月 - ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)- 建築紹介・建築探訪録        

ロームシアター京都(旧京都会館)

           
0116:ロームシアター京都 メイン

0116 - ロームシアター京都(旧京都会館)
竣工:1960年
設計:前川國男(京都会館)/ 香山壽夫(改修)
住所:京都府京都市左京区岡崎最勝寺町13
選定:DOCOMOMOセレクション(100選:No.62)
賞歴:1960年日本建築学会賞
   1961年BCS賞

皆様どうも. 数日前に京都を訪問する機会があり、そのついてに京都をぶらりと建築探訪してきました. というわけで今回からは京都で撮影してきた建築スポットを順次紹介しようと思います. まず一発目に紹介する舞台は東山エリアの代表的な観光エリアである岡崎公園から、今年(2016年)1月にリニューアルオープンしたコンサートホール ロームシアター京都をご紹介します.

京都会館として知られるこちらは「東京文化会館」などの名建築を手掛けた前川國男氏の設計で、竣工年には建築学会賞を、2003年にはDOCOMOMO100選に選定されるなど、日本が誇るモダニズム建築のひとつとして高い評価を受けています. 私も学生時代に一度は見ておきたい建築と思い訪問したのですが、タイミング悪く着工直後だったということでオリジナルを見ることはできませんでした. 今回はリニューアルのみを知る者の観点から色々とご紹介していきます.

この記事の続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良近鉄ビル

           
0115:奈良近鉄ビル メイン

0115 - 奈良近鉄ビル
竣工:1970年
設計:坂倉準三
住所:奈良県奈良市東向中町28

皆様どうも. 今回で2016年6月上半期の奈良市内建築訪問シリーズは最終回となります. 紹介するのは「JR奈良駅」と並ぶ奈良県を代表する鉄道ターミナル『近鉄奈良駅』の駅前ビル建築 奈良近鉄ビルです. 設計を手掛けたのはモダニズム名建築である「神奈川県立近代美術館 鎌倉館」を手掛けたことでも有名な坂倉準三氏. 竣工は1970年ですが、坂倉氏はその一年前に逝去しているため、このビルは同氏の没後作品になります.

この記事の続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

東大寺総合文化センター

           
0114:東大寺総合文化センター メイン

0114 - 東大寺総合文化センター(東大寺ミュージアム)
竣工:2010年
設計:戸尾任宏 / 建築研究所アーキヴィジョン
住所:奈良県奈良市水門町100

皆様どうも. 気がつけば6月も中旬、どんより雲が一面を覆う梅雨の空模様が続きます. さて今月上半期の奈良特集も6件目の紹介となり、6月中間(15日)までに目標としていた一通りの建築紹介は終える予定です. 今回はこの特集では初の現代建築となる東大寺総合文化センターをご紹介していきます.

この記事の続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良国立博物館

           
0113:奈良国立博物館 メイン

0113 - 奈良国立博物館
竣工:1894年(本館)/ 1972年(新館)
設計:片山東熊(本館)/ 吉村順三(新館)
   栗生明(なら仏像館改修)
住所:奈良県奈良市登大路町50
賞歴:1975年日本芸術院賞(新館)
   1974年BCS賞(新館)

皆様どうも. 2016年6月上半期の奈良建築シリーズ5件目となる今回は、ここ奈良を語る上では外せないミュージアムスポット 奈良国立博物館をご紹介しましょう. こちらは東京・京都と並ぶ『三大国立博物館』のひとつで、毎年秋に開催される奈良の一大イベント『正倉院展』の会場として全国的に知られており、毎年20万人以上の人々がこの展覧会を求めて博物館を訪れます.

こちらの博物館で名建築と謳われる施設は2つ. 博物館開館当初から現存する近代建築「旧本館」(メイン写真 右奥)と、後年に増築されたモダニズム建築「新館」(メイン写真 左)です. とりわけ旧本館は『なら仏像館』という仏像展示館として最近リニューアルしたばかりということで、奈良市内の新しい古美術ミュージアムとして注目されています.

この記事の続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良県立美術館

           
0112:奈良県立美術館 メイン

0112 - 奈良県立美術館
竣工:1973年
設計:片山光生
住所:奈良県奈良市登大路町10-6

皆様どうも. 2016年6月上半期の奈良建築シリーズも4件目のご紹介となります. 今回ご紹介する奈良県立美術館は、「奈良県庁舎」「奈良県文化会館」の設計に携わった片山光生氏が、県庁舎周辺の公共施設の中で最も後年に手掛けられた建築です. 加えて片山氏は竣工と同年に建設省を引退するため、この美術館は営繕技師としても最後の作品となります. 今回はそんな美術館建築の魅力に迫ります.

この記事の続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

MATŌ

Author:MATŌ
『ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)』は関西の建築好きが日本全国にある建築スポットを実際に探訪し、感想を交えながら紹介するブログです. 西日本多めです. 今までにご紹介した建築記事の一覧を見たい方はこちらへ→「全国建築マップ

記事掲載や掲載写真等のご希望に関しては、こちらの「メールフォーム」からご連絡お願いします.
記事内の誤字・脱字等がありました場合は、コメント欄でご意見いただけると助かります.


◆ 関連サイト ◆

インフォメーション

活動休止中ですが、写真使用依頼等はメールフォームにて受け付けております.

Tumblrにて運営しておりました「Archi'records@walking」を閉鎖しました、今後当機能は「Archi'records@instagram」に引き継がれます. よろしくお願い申し上げます.

● 写真健全化に伴い、以下の記事の公開を停止します. 健全化が完了次第、公開を再開します.
・「金沢海みらい図書館」
・「福井県立図書館・文書館」

メディア協力

・『近代建築2017年5月号』にて写真提供をさせていただきました.

FC2アクセスカウンター

スポンサーリンク

twitter

facebook

スポンサーリンク