愛媛県庁舎 - ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)- 建築紹介・建築探訪録        

愛媛県庁舎

           
0094:愛媛県庁舎 メイン

0094 - 愛媛県庁舎
竣工:1929年
設計:木子七郎(本館)
住所:愛媛県松山市一番町4-4-2

皆様どうも. じつは昨日でサイト開設半年だったのですが、祝日のピクニックで飲み過ぎてしまい帰宅と同時に倒れこんでしまい投稿できませんでした. GWでうかれ調子の人も多いと思いますが、お酒はほどほどにしなければいけませんね. さてさて愛媛県特集の続きとなる今回は、愛媛県行政の中心としてあり続ける庁舎建築 愛媛県庁舎です. それでは早速いってみましょう.
0094:愛媛県庁舎 県庁前を走る国道11号

0094:愛媛県庁舎 西側から見る

0094:愛媛県庁舎 正面から

0094:愛媛県庁舎 伊予鉄と県庁

今回は時間の関係で夕方に撮影したものを掲載しています. 松山城の南を東西にはしる国道11号線は市役所や警察本部など愛媛県の中核機関が立ち並び、その中央を路面電車が行き通う松山のメインストリート. その沿道に建つ県庁舎は路面電車が大きくカーブする交差点の角地に立地しており、今回の主役はその中でも緑色のドームが目印となる「本館(本庁舎)」です. 遠くから見ても細かい装飾が随所に見受けられる威厳のある外観です.

銅版葺きのドーム塔屋が目印となる本庁舎は昭和4年(1929年)に完成したレトロ建築. 現役で機能する本庁舎としては「大阪府庁」「神奈川県庁」につづいて3番目の古さを誇ります. 設計を手掛けたのは「萬翠荘」でもご紹介した木子七郎氏. 欧州で学んだ西洋様式を用いた左右対称の美しい外観に仕上げた木子氏の代表作です. 他に木子氏は「新潟県庁舎」も手掛けていたのですが、こちらは現在の庁舎への移転に伴って取り壊されてしまいました.
0094:愛媛県庁舎 正面をアップで

0094:愛媛県庁舎 ファサード拡大①

0094:愛媛県庁舎 ファサード拡大②

0094:愛媛県庁舎 屋根拡大

0094:愛媛県庁舎 細かく刻まれた花のデザイン

正門付近から外観を細かくみています. 外壁は全て同じタイル張りではなく、一階窓付近だけは石張りを巡らせて前庭の植物でうまく隠していました. 正面に掲げられた右読みの『愛媛縣廳』は竣工当時をよく表すレトロ要素です. 3連続で並ぶアーチ窓の縁周りには、コリント式オーダーを簡略化したような柱を縦に並べた細かな装飾(写真4枚目の左部分)が見られます. 個人的には随所に装飾された花文様のモチーフが何かずっと考えていましたが、結局わからずじまいでした.

既に閉庁時間は過ぎてしまっていたため外観だけの紹介ですが、どうやら事前予約をすれば職員が案内してくれるらしいです. 県庁ってお堅い印象ですが、おおらかな県民性で知られる愛媛では誰でもウェルカムなようで、今度行ったときは内部も見せてもらおうと思っています. そんなレトロな風貌を今に残すレトロクラシックな庁舎建築、近くを歩いた方は装飾を探すだけでも楽しいかもしれません. ではでは今回はここまで〜


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

プロフィール

MATŌ

Author:MATŌ
『ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)』は関西の建築好きが日本全国にある建築スポットを実際に探訪し、感想を交えながら紹介するブログです. 西日本多めです. 今までにご紹介した建築記事の一覧を見たい方はこちらへ→「全国建築マップ

記事掲載や掲載写真等のご希望に関しては、こちらの「メールフォーム」からご連絡お願いします.
記事内の誤字・脱字等がありました場合は、コメント欄でご意見いただけると助かります.


◆ 兄弟サイト ◆

ARCHI'RECORDS@Walkingへのリンク

インフォメーション

2017年4月より更新頻度が激減します.
大変申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます.

● 写真健全化に伴い、以下の記事の公開を停止します. 健全化が完了次第、公開を再開します.
・「金沢海みらい図書館」
・「福井県立図書館・文書館」

メディア協力

・『近代建築2017年5月号』にて写真提供をさせていただきました.

FC2アクセスカウンター

スポンサーリンク

twitter

facebook

スポンサーリンク