道後温泉本館 - ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)- 建築紹介・建築探訪録        

道後温泉本館

           
0095:道後温泉本館 メイン

0095 - 道後温泉本館
竣工:1894年
設計:坂本又八郎
住所:愛媛県松山市道後湯之町5-6

皆様どうも. 月の暦も5月となり、GWの3連休も間近となりました. 既に一部の方は長期旅行に出かけて、海外エンジョイしています. そもそも『ゴールデンウィーク』という習わしを世に広めたのは映画業界でした. 1951年のこの時期に放映された『自由学校』が正月や盆よりもヒットしたため、より多くの人に見てもらおうということでつくられたもの. なので本来は映画を見るのが習わし的に正解ですが、いつの間にか旅行シーズンとして定着してしまったわけですね.

今回はそんな旅行シーズンにうってつけな松山の代表的観光スポットである道後温泉を、建築や歴史のポイントも織り交ぜながらご紹介していこうと思います. では早速いきましょう〜
0095:道後温泉本館 道後温泉駅

0095:道後温泉本館 坊ちゃん列車

0095:道後温泉本館 坊ちゃんからくり時計

0095:道後温泉本館 温泉までの商店街

松山市の中心部から道後温泉へと向かうならダントツで路面電車です. 道後温泉行きの列車も多く設定されていますので待ち時間も少なく済むのが便利です. 路面電車の終点駅にもなっている『道後温泉駅』は明治時代の町並みを思い起こさせるレトロな外観. この駅舎は先代の駅舎を忠実に再現させた3代目の駅舎として1986年に建てられたもので、道後観光のメインターミナルにもなっています.

更に駅舎から右へ視線を向けると、松山の代表的観光列車『坊っちゃん列車』が停まっていました. 小型の汽車のような見た目をしているこの列車は、1900年始めまで実際に伊予鉄道で走っていた蒸気機関車を復元させたものです. かの夏目漱石の小説『坊っちゃん』では「マッチ箱のような汽車」として紹介され、2001年に運行を始めました. 道後温泉へは駅を出てすぐ見えるアーケード街を進んでいきます. 大半は土産物屋ですが、中には小洒落たカフェもありました.
0095:道後温泉本館 外観

0095:道後温泉本館 正面玄関

0095:道後温泉本館 北側外観①

0095:道後温泉本館 北側外観②

0095:道後温泉本館 以前の玄関跡

唐破風の大屋根が特徴的な玄関を正面に、2・3階建ての木造建物が集まってできたような本館は、老舗旅館に匹敵する風格・威厳を感じさせます. 北側に移動すれば温泉の渦を表現した意匠が並ぶ、木造3階建ての素晴らしい和風建築を望めます. 当初はこれが公衆浴場だというのが、にわかには信じられませんでした.

日本三古湯のひとつとしても数えられる道後温泉の誕生は3000年前に遡るといわれており、白鷺伝説など日本古来の神話上にも出てくるほどの歴史ある温泉です. 道後(どうご)という名の由来は、大化の改新後の今治に伊予国の国府が置かれたことで当時の都である京から見て国府(今治)より近い地域は『道前』、遠い地域を『道後』と呼び、時代とともにこの温泉名として定着しました.

現在の道後温泉は1890年に道後湯之町の町長に任命された伊佐庭如矢(いさにわ ゆきや)氏の働きかけのもとで改築されたもの. 建物の設計を手掛けたのは松山藩の城大工だった坂本又八郎氏で、坂本氏は1894年に3階建ての「神の湯本館棟」、1899年には「又新殿・霊の湯棟」を手がけました. 現在の玄関は30年ほど後に増築されたもので、それ以前は神の湯本館から直接出入りしていたそうです (写真5枚目).
0095:道後温泉本館 東側外観(霊の湯棟)

0095:道後温泉本館 東側外観②

0095:道後温泉本館 南側外観

0095:道後温泉本館 『冠山』からの全景

0095:道後温泉本館 振鷺閣

もう少し外観をぐるっと見ていきましょう. 正門玄関の裏側となる西側にまわると、建物の屋根は瓦から銅板葺きになっており、銅板屋根の部分が「又新殿・霊の湯棟」です. 東側の瓦と比較すると非常にすっきりとした印象のある屋根に見えます. 又新殿(ゆうしんでん)は日本唯一の皇室専用の浴室です. 今は使用されていませんが、大人210円払えば誰でも見学ができます.

写真4枚目は本館南東側にそびえる『冠山(かんむりやま)』からの眺めで、観光雑誌ではよくここからの眺めが掲載されるほど有名な撮影スポットです. しかし商店街からの照明が明るすぎるためにこのような逆光が…機器整えて再チャレンジしたいです. 写真5枚目は「神の湯本館棟」の真上にある振鷺閣(しんろかく)で、道後温泉では午前・午後6時と正午12時にその時刻数だけ太鼓を叩くのが習わしです. 是非この時間を狙って太鼓の音を聞いてみてください.
0095:道後温泉本館 坊ちゃん菓子

では内部へ突入しますが、残念ながら全館内撮影禁止でした. なので以降は文章のみの解説です. 今回選んだのはグレードとしては下の「神の湯」なのですが、浴場は思った以上に狭かった印象です. しかし男性側には更衣室両脇に2つあるので、少ない方を選ぶのがいいと思います. 観光志向なのか貸しタオルや石鹸は60円という破格の値段なので、手ぶらでも安心. とりわけ温泉オリジナルの『みかん石鹸』は愛媛らしい石鹸なので、試しに買ってみるのもアリかも.

入浴後は3階個室フロアの一番奥にある『坊っちゃんの間』に行ってみるといいでしょう. この部屋だけは階下の人でも自由に見学できますが、必ずスタッフに一声かけましょう. 小説『坊っちゃん』では道後温泉を「住田の湯」と書いており、主人公は列車に乗ってここに通い詰めたことでも有名ですね.

ここらで道後温泉に関する紹介は終わりですが、最後に『坊っちゃん団子』について. 松山銘菓であるこの団子は抹茶・卵・小豆の団子を串刺しにしたものですが、卵はアレルギーの問題のため現在では黄色に着色した白餡を使っています. 加えてこれは商店街の人からの知恵で、商店街内で作っている団子とお土産屋で売っている団子とでは保存などの関係から材料の質が全く違うそうな. なのでその二つを食べ比べするのも面白そうだと思います. 松山観光の鉄板ですが、建物・鉄道・食などの歴史も色濃く残る道後をより深く探るのもいいかもしれませんね. ではでは今回はここまで〜


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

プロフィール

MATŌ

Author:MATŌ
『ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)』は関西の建築好きが日本全国にある建築スポットを実際に探訪し、感想を交えながら紹介するブログです. 西日本多めです. 今までにご紹介した建築記事の一覧を見たい方はこちらへ→「全国建築マップ

記事掲載や掲載写真等のご希望に関しては、こちらの「メールフォーム」からご連絡お願いします.
記事内の誤字・脱字等がありました場合は、コメント欄でご意見いただけると助かります.


◆ 兄弟サイト ◆

ARCHI'RECORDS@Walkingへのリンク

インフォメーション

パソコン不良により、2017年11月の更新が遅れております. 大変申し訳ございません.

● 写真健全化に伴い、以下の記事の公開を停止します. 健全化が完了次第、公開を再開します.
・「金沢海みらい図書館」
・「福井県立図書館・文書館」

メディア協力

・『近代建築2017年5月号』にて写真提供をさせていただきました.

FC2アクセスカウンター

スポンサーリンク

twitter

facebook

スポンサーリンク