ロームシアター京都(旧京都会館) - ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)- 建築紹介・建築探訪録        

ロームシアター京都(旧京都会館)

           
0116:ロームシアター京都 メイン

0116 - ロームシアター京都(旧京都会館)
竣工:1960年
設計:前川國男(京都会館)/ 香山壽夫(改修)
住所:京都府京都市左京区岡崎最勝寺町13
選定:DOCOMOMOセレクション(100選:No.62)
賞歴:1960年日本建築学会賞
   1961年BCS賞

皆様どうも. 数日前に京都を訪問する機会があり、そのついてに京都をぶらりと建築探訪してきました. というわけで今回からは京都で撮影してきた建築スポットを順次紹介しようと思います. まず一発目に紹介する舞台は東山エリアの代表的な観光エリアである岡崎公園から、今年(2016年)1月にリニューアルオープンしたコンサートホール ロームシアター京都をご紹介します.

京都会館として知られるこちらは「東京文化会館」などの名建築を手掛けた前川國男氏の設計で、竣工年には建築学会賞を、2003年にはDOCOMOMO100選に選定されるなど、日本が誇るモダニズム建築のひとつとして高い評価を受けています. 私も学生時代に一度は見ておきたい建築と思い訪問したのですが、タイミング悪く着工直後だったということでオリジナルを見ることはできませんでした. 今回はリニューアルのみを知る者の観点から色々とご紹介していきます.
0116:ロームシアター京都 西側外観①

0116:ロームシアター京都 西側外観②

0116:ロームシアター京都 めくり上がった屋根

0116:ロームシアター京都 南側外観を西側から

実際に歩いたルート順で、まずは琵琶湖疏水の通る西側から撮影した写真を掲載しています. 建物上部には、ほぼ同年に前川氏が手掛けた「東京文化会館」でもみられる大きくめくり上がった庇(写真3枚目など)が、会館全体をぐるっと廻(めぐ)るように張り出しています. 焦げ茶調の煉瓦タイルは竣工当時から残るオリジナルのもの. 「U」の字に象られた手すりのあるテラスや小梁(写真3枚目)は、東京の会館以上に日本的な雰囲気を取り入れた繊細さのある外観です.

外壁の色が他と異なって明るい部分(写真1枚目 奥)は今回の改修で増備されたフライタワーで、10階建てマンションの高さに相当するなどの理由からメディアに取り上げられました. 恐らくは景観的な問題で物議が生じたものだと思いますが、建物自体がヨコに大きく広いのであまり圧迫感はなく、オリジナルの外装に近い色合いが使われているため、際立って変という感じはしませんでした.
0116:ロームシアター京都 平安神宮側から①

0116:ロームシアター京都 平安神宮側から②

0116:ロームシアター京都 南側外観①

0116:ロームシアター京都 南側外観②

0116:ロームシアター京都 ピロティの天井

こちらは「京都市美術館」などがある東側からの外観写真です. 会館は二条通りの並木に隠れるほどの低いボリュームで建てられ、その道沿いは『スターバックスコーヒー』のオープンカフェとして家具類が配備され、非常に多くの訪問客で賑わっていました. 建物南側の中央付近は非常に開放的なピロティ空間(写真4枚目)となっており、このロームシアターの玄関にもなっている象徴的な空間です.

京都会館は戦後復興の真っ只中で、京都の新しい文化拠点を作る目的で結成された『市民会館建設促進懇話会』の結成を皮切りに、厳しい財政状況の中で4万人もの著名と多額の寄付を獲得して建設が決定しました. 1957年の使命コンペでは前川國男氏・村野藤吾氏、そして日建設計工務の尾崎久助氏の3名による指名コンペで前川氏に決定. 1960年3月末に竣工します. 坂倉氏の「神奈川県立近代美術館」もそうですが、戦後復興による文化施設には名作が多い印象です.
0116:ロームシアター京都 中庭①

0116:ロームシアター京都 中庭の床仕様

0116:ロームシアター京都 内部化した2階テラス

0116:ロームシアター京都 中庭②

0116:ロームシアター京都 中庭③

0116:ロームシアター京都 中庭④

ピロティを抜けた先は中庭です. 東側はガラス張りのファサードがL字に囲む空間(写真1枚目)に刷新されながらも、西側は既存の外観を残しています. 黒・茶・白の3によるユニークな中庭舗装(写真2枚目)は、竣工当初の御影石舗装へ復元されたものです. 写真3枚目は2階の入口へ至る階段なのですが、よく見ると手すりがガラスの内部まで連続しています. 実はこれも今回の改修の一要素なのですが、ここでもう少し改修に関してご紹介しようと思います.

そもそも改修の背景には老朽化に加え、使用頻度の激減という問題がありました. 特にホール部分は関係者などから強い要望が出されるほど酷い状況で、建物2階の野外テラスも水勾配が確保されてず腐食と汚染が激しかったようです. そこで改修を担当した香山壽夫(こうやま ひさお)氏はホール部分を抜本的に変更し、テラス部分に屋根とガラス壁をつけて内部化する(これが写真3枚目)ことで、仏堂建築の『裳階(もこし)』を現代的に捉えた共通のロビー空間を新しくつくるなど、オリジナルの雰囲気を壊さない新しい会館『ロームシアター京都』を実現させました.
0116:ロームシアター京都 1階連絡ロビー①

0116:ロームシアター京都 1階連絡ロビー②

0116:ロームシアター京都 1階プロムナード①

0116:ロームシアター京都 1階プロムナード②

0116:ロームシアター京都 1階プロムナード③

それでは内部へ入っていきます. 会館はピロティを境目に主に2つに分けられ、ガラス張りとなっている部分はホール機能を備えた「ホールエリア」、オリジナルの外観が残る部分は「パークプラザ」となり、後者には『スターバックス』や『蔦屋書店』が入店していますが撮影は禁止のようでした. 従って内部の紹介は「ホールエリア」が中心となります.

写真の前半(写真1・2枚目)は、先ほど述べたテラス部分を内部化させたことでできた南側プロムナードです. 南北それぞれにあるホールを建物内でつなぐ役割も担っており、壁面には改修前は外壁だった煉瓦タイルが仕様され、実際に触ったりもできます. 後半(写真3〜5枚目)は先ほどのエリアから続く北側のプロムナードですが、ここではピロティ・中庭とこの廊下を介することで会館南側をはしる二条通と北側をはしる冷泉通を一直線に結ぶ自由通路へと改良されました.
0116:ロームシアター京都 共通ロビー①

0116:ロームシアター京都 共通ロビー②

0116:ロームシアター京都 館内の床タイル

0116:ロームシアター京都 2・3階吹き抜け

0116:ロームシアター京都 3階のある模型

そしてこちらは2階から上のフロアの内観写真. 2階テラス部分(写真1・2枚目)は「U」の字断面が特徴的な手摺もそのままに内部化され、木質天井の新しい色合いも加わったロビー空間に生まれ変わっていました. 2階の一部は吹き抜けとなって3階フロアと繋がり、階段を昇ったすぐ横にはこの会館も模型も展示されていました(写真5枚目).

今回はここまでの紹介です. 刷新されたホール空間なども見たかったですが、当日は大規模なイベントで全ホール貸切ということで見学は叶いませんでした. 近代建築の保存や改修となると色々と難しい問題が出てくると思いますが、個人的には真新しさは影を潜め、元々の雰囲気やキャラクターが強く残る素晴らしいものだったと思います. ではでは今回はここまで〜


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

プロフィール

MATŌ

Author:MATŌ
『ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)』は関西の建築好きが日本全国にある建築スポットを実際に探訪し、感想を交えながら紹介するブログです. 西日本多めです. 今までにご紹介した建築記事の一覧を見たい方はこちらへ→「全国建築マップ

記事掲載や掲載写真等のご希望に関しては、こちらの「メールフォーム」からご連絡お願いします.
記事内の誤字・脱字等がありました場合は、コメント欄でご意見いただけると助かります.


◆ 兄弟サイト ◆

ARCHI'RECORDS@Walkingへのリンク

インフォメーション

2017年4月より更新頻度が激減します.
大変申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます.

● 写真健全化に伴い、以下の記事の公開を停止します. 健全化が完了次第、公開を再開します.
・「金沢海みらい図書館」
・「福井県立図書館・文書館」

メディア協力

・『近代建築2017年5月号』にて写真提供をさせていただきました.

FC2アクセスカウンター

スポンサーリンク

twitter

facebook

スポンサーリンク