京都府立図書館 - ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)- 建築紹介・建築探訪録        

京都府立図書館

           
0118:京都府立図書館 メイン

0118 - 京都府立図書館
竣工:1909年
設計:武田五一
住所:京都府京都市左京区岡崎成勝寺町9

皆様どうも. 京都探訪3件目となる今回は岡崎公園内にある 京都府立図書館をご紹介します. 平安神宮へと至る神宮道の西側沿道に立地し、「京都国立近代美術館」の北隣に建つこちらの図書館は、日本初の公立図書館『京都集書院(しゅうしょいん)』を前進とした、日本有数の歴史を誇る都道府県図書館です.
0118:京都府立図書館 神宮道の向かい側から撮影

0118:京都府立図書館 案内看板

0118:京都府立図書館 保存された外観部分

0118:京都府立図書館 当時のままの字標

0118:京都府立図書館 半円形に掘削されたサンクン

「京都市美術館」のある神宮通の反対側からの撮影写真(写真1枚目)をみると、レトロな近代建築の奥手にガラス張りの大きな建物が確認できます. 図書館は2000年まで手前にある旧館のみで運営されていましたが、阪神淡路大震災発生時に天井が脱落する等のトラブルが発生し、木造の耐震性も加味されたことで旧館手前部分の外観保存という格好で2000年に新図書館が完成. 旧館の雰囲気は損なわないように、奥手に増築棟をセットバックするなどの配慮がなされました.

旧館部分は『関西建築界の父』とも謳われる大正期を中心に活躍した建築家 武田五一(たけだ ごいち)氏の作品です. 京都を中心に数々の建築作品を残す一方で、京都帝国大学(現 京都大学)の建築学科などの創設にも携わり、後世の育成にも尽力しました. また政府による幾度もの欧米視察を通じて、当時流行だったアール・ヌーヴォーや分離派など前衛的なデザインを日本に紹介したといわれています. 府立図書館は大蔵省による欧米視察から帰国してすぐに手掛けた作品です.
0118:京都府立図書館 保存部を正面から

0118:京都府立図書館 外観ディティール

0118:京都府立図書館 側端部の階段

0118:京都府立図書館 扉のデザイン

0118:京都府立図書館 図書館入口

旧館の外観は銅色の装飾が目立ちながらも、全体的にはスッキリとした印象. 勾配が大きく取られた黒色の屋根と、テラコッタによる白色の外壁のコントラストがいい感じです. 端部の円形装飾(写真2枚目)や扉に描かれた円のデザイン(写真4枚目)など、幾何模様が目立つのは視察で触れた欧米様式の影響でしょうか. 装飾が豪華な古典様式もいいですが、こういうスタンスの近代様式も素敵だなと思います.

図書館へは旧館の北側にある小さい入口(写真5枚目)から入ります. 館内撮影は許可申請制らしいのですが、当日は知りませんでした. 旧館のメインとなるスペースは壁面・天井面共に真っ白な空間になっており、ペンダントライトで柔らかく照らされていました. オリジナルの部分はほとんど残りませんが、窓の開口を旧館外観と同じ形で切り取っているのが良かったように思います. 入場はカード類必要なく誰でも入れます. 近代レトロな図書館建築にぜひ. ではでは今回はここまで〜


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

プロフィール

MATŌ

Author:MATŌ
『ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)』は関西の建築好きが日本全国にある建築スポットを実際に探訪し、感想を交えながら紹介するブログです. 西日本多めです. 今までにご紹介した建築記事の一覧を見たい方はこちらへ→「全国建築マップ

記事掲載や掲載写真等のご希望に関しては、こちらの「メールフォーム」からご連絡お願いします.
記事内の誤字・脱字等がありました場合は、コメント欄でご意見いただけると助かります.


◆ 関連サイト ◆

インフォメーション

パソコン不良により、2017年11月の更新が遅れております. 大変申し訳ございません.

「Archi'records@walking」を閉鎖しました、今後当機能は「Archi'records@instagram」に引き継がれます. よろしくお願い申し上げます.

● 写真健全化に伴い、以下の記事の公開を停止します. 健全化が完了次第、公開を再開します.
・「金沢海みらい図書館」
・「福井県立図書館・文書館」

メディア協力

・『近代建築2017年5月号』にて写真提供をさせていただきました.

FC2アクセスカウンター

スポンサーリンク

twitter

facebook

スポンサーリンク