中京郵便局 - ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)- 建築紹介・建築探訪録        

中京郵便局

           
0121:中京郵便局 メイン

0121 - 中京郵便局
竣工:1902年
設計:吉井茂則+三橋四郎
住所:京都府京都市中京区三条通東洞院東入菱屋町30

皆様どうも. 京都探訪シリーズ6件目となる今回も三条通沿いに建つ近代建築をお送りします. 辰野金吾氏の「京都文化博物館別館(旧日本銀行京都支店)」や武田五一氏の「1928ビル(旧毎日新聞京都支局)」など、近代建築が数多く残ることで有名な三条通ですが、なぜ京都市街地の幅の狭い東西道路にこれらの建物が集まることになったのかご存知でしょうか.

そもそも明治以前の三条通は東へ進めば東海道の起点である三条大橋、南下すれば大阪への海運拠点である伏見に通づる竹田街道に繋がることから、東京〜京都間を連絡する上で重要な交通の要所でした. 明治に入ると伝達手段は飛脚から郵便に変化し、通沿いに建設された郵便・電信施設の近隣に新聞社が数多く建ち、三条通は情報発信の拠点として発展します. 更にはその後に銀行や貿易商も軒を連ね、近代建築が多く建つ歴史的な町並みを形成していきました.

そんな欧風の様相を示した三条通ですが、あるものは時代とともに姿を消し、あるものは京町屋と共存するように残り続けています. 今回はその沿道に建つ、赤レンガが特徴の郵便局建築 中京(なかぎょう)郵便局をご紹介します.
0121:中京郵便局 烏丸通からの眺め

0121:中京郵便局 三条東洞院交差点から

0121:中京郵便局 正面玄関跡

0121:中京郵便局 2階窓デザイン

0121:中京郵便局 屋根の青銅装飾

郵便局は三条通と東洞院通の交差点の角地に建ち、一本隣の烏丸通りからも特徴的な赤レンガの外観を確認できます(写真1枚目). 私はこれを初めて見たとき、数件隣に建つ辰野金吾氏の「京都文化博物館別館」と勘違いをしてしまうというミスを犯してしまったのですが、辰野氏の赤レンガ建築に劣ることのない見事な煉瓦造りのファサードだなと、当初のミスも含めて感心していました.

外観は19世紀初頭に流行ったネオルネサンス様式. 建物のメインの入口である正面玄関(写真3枚目)は三条通側の中央にありますが、現在は締め切られています. 外壁は三条通側の両端2カ所と、東洞院通の中央1カ所がボコッと前面にせり出し、コーナー部分を『隅石』で設え、屋根部には細やかな彫刻が施された青銅装飾(写真5枚目)が置かれます. これが今でも郵便局として現役なことに驚かされます.

こちらの設計を手掛けたのは逓信省営繕課の吉井茂則氏と三橋四郎氏. 逓信省といえば吉田鉄郎氏を筆頭とした戦後モダニズム建築を想像する人も多いですが、その一世代前となるこちらの時代でも逓信省は建築界の一線をリードするエリート集団だったようです. 一般的にはこちらの2名の共作とされる場合が多いですが、吉井氏は途中で欧米視察へ飛ぶため、実質的には三橋氏が主導して完成させたと考えられています. 竣工当時は『京都郵便電信局』という名前でした.
0121:中京郵便局 東洞院通から①

0121:中京郵便局 東洞院通から②

0121:中京郵便局 東洞院通から③

0121:中京郵便局 東洞院通から④

こちらは主に西側の東洞院通から撮影した外観です. 三条通ということで自然と辰野氏の別館と比較してしまうのですが、ふと辰野氏と比較すると繊細な装飾が少ないな〜と考えました. しかし考え直せば、装飾を構成するものは単純なのが多いながらも、全体としては辰野氏に引けを取らせない程の豪華さを実現させているということ. 簡素化するだけならチープなものですが、要所要所を丁寧に扱うことで全体に豪華さを与える部分に、この建築の凄みを感じさせます.

1998年には公共建築百選に選定されるほど評価の高い建物ですが、実は1973年の改築計画では取り壊される予定でした. 後にこれは建築学会や郵政省を含めた反対運動へと発展し、最終的にはレンガの外観を残したまま、内部を丸々建て替える『ファサード保存』を日本で初めて導入して保存されました. この『ファサード保存』は現在も歴史建造物の保存方法として多用されており、その意味では日本の建築保存技術の大きな一歩を象徴する事例としても知られています.
0121:中京郵便局 壁面博物館①

0121:中京郵便局 壁面博物館②

0121:中京郵便局 展示模型

0121:中京郵便局 館内の展示物

0121:中京郵便局 中央玄関

それでは内部へ入っていきます. 先述の通り、内部は1978年の改築時のものなので竣工当時のオリジナル要素は少ないですが、壁面には当時の外観保存の写真を「壁面博物館」(写真1・2枚目)として展示しています. 当時としては壁だけを保存するというのは未踏の挑戦だったことでしょう. 余談ですが壁に鉄骨をつけた写真を見ると、今も文字通り『壁と骨組だけ』で神戸に残る「旧第一銀行神戸支店(設計:辰野金吾)」を思い起こしてしまいます. あれどうなるのでしょう…

博物館の他には改築部分も含めた全体模型(写真3枚目)、そして改築時に見つかった平安期の出土品(写真4枚目)が展示されていました. 説明に記された『明治の下から平安が』というのはなかなか秀悦なタイトルでした. 内部から見た中央玄関(写真5枚目)は三角形のペディメントが上に乗ったデザイン. ここは改築部のはずなので竣工時の元デザインを反映させたのかはハッキリしないところですが、これも数少ない内観装飾です.

京都三条通に残り続ける近代レトロな郵便局建築は、当時の保存を願った人たちの熱い意思と当時の保存技術を成し遂げた技師たちによって保存され、三条通を代表する建物のひとつとして多くの人々に親しまれています. 興味が湧いた方はぜひ一度訪れてみてください. ではでは今回はここまで〜


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

プロフィール

MATŌ

Author:MATŌ
『ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)』は関西の建築好きが日本全国にある建築スポットを実際に探訪し、感想を交えながら紹介するブログです. 西日本多めです. 今までにご紹介した建築記事の一覧を見たい方はこちらへ→「全国建築マップ

記事掲載や掲載写真等のご希望に関しては、こちらの「メールフォーム」からご連絡お願いします.
記事内の誤字・脱字等がありました場合は、コメント欄でご意見いただけると助かります.


◆ 兄弟サイト ◆

ARCHI'RECORDS@Walkingへのリンク

インフォメーション

パソコン不良により、2017年11月の更新が遅れております. 大変申し訳ございません.

● 写真健全化に伴い、以下の記事の公開を停止します. 健全化が完了次第、公開を再開します.
・「金沢海みらい図書館」
・「福井県立図書館・文書館」

メディア協力

・『近代建築2017年5月号』にて写真提供をさせていただきました.

FC2アクセスカウンター

スポンサーリンク

twitter

facebook

スポンサーリンク