林原美術館 - ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)- 建築紹介・建築探訪録        

林原美術館

           
0142:林原美術館 メイン

0142 - 林原美術館
竣工:1963年
設計:前川國男
住所:岡山県岡山市北区丸の内2-7-15

皆様どうも. 先日から8月に突入し、本格的な夏のシーズンとなってきました. しかしながら最近の関西の空模様は雷雨が目立つ地域もあったりと、まだまだ安定した天気ではありません. 今後は台風もやってくる時期なので、旅行の際には天候に十分注意したいところです.

さて月も変わったので建築紹介も次の特集へといきたいところですが、こちらの体調的な問題で先月分の岡山特集が大幅に消化しきれていなかったので、少し日を延ばして続行していきます. 今回ご紹介するのは、岡山城天守閣からすぐ南西にある私立美術館 林原美術館です. 設計を手掛けたのは前川國男氏. 「岡山県庁舎」「岡山県天神山文化プラザ」に続く岡山県中心部の前川建築です.
0142:林原美術館 入口門

0142:林原美術館 本館全景

0142:林原美術館 石垣付近のコンクリートデザイン

0142:林原美術館 入口横の銅像

0142:林原美術館 玄関から烏城をみる

それでは外観からです. 美術館の入口門となる建物(写真1枚目)は、本瓦になまこ壁という格式の高そうな和の佇まいを感じさせる素晴らしいもの. かつてここは旧二の丸屋敷の対面所だった場所で、岡山藩の支藩であった武家屋敷から移築された長屋門を、美術館の入口門として活用しているということです.

門をくぐると美術館の本館がみえてきます. 松をベースとした日本庭園のような植え込み・野面積みされた石垣という和のアプローチの先の小高い敷地に建つ本館は、その風景と馴染むように平たく水平力の効いた外観になっています. コンクリートは全体的に黒ずみ、古レンガの壁面も深みのある色合いになっているため、石垣の上にあっても違和感がない. 古き日本の佇まいに、モダニズムの美術館が共存するように建っているのが印象的です.

こちらの美術館は、岡山市に本社を置くバイオメーカー『林原』の3代目社長であった林原一郎氏が蒐集した古美術コレクションを展示するメセナ事業の一環として、1964年に開館しました. これらの他に、岡山城主であった池田家の伝来品も収蔵・展示しています. 入口手前から長屋門をみると、わずかに岡山城もみえる(写真5枚目)のがいいですね.
0142:林原美術館 中庭①

0142:林原美術館 中庭②

0142:林原美術館 中庭のレンガファサード

0142:林原美術館 カフェスペース

それでは館内へ. 内部は竹林が植えられた光庭(写真1・2枚目)をロビー・カフェ・展示室などの各スペースがロの字に囲い込む空間構成になっています. 中庭の壁にも古レンガが敷かれているため、竹林と古レンガという組み合わせ(写真3枚目)はとても珍しいです. 展示室は数室しかないコンパクトな構成で、さらっと見流す程度であれば10分程度で鑑賞ができます.

写真4枚目はカフェスペースの写真です. 実際に椅子に座ってみると、横手には中庭の竹林、もう一方には芝が植えられた緑の空間が連続しているのが大変心地いいです. 備え付けの椅子も豪華そうなもので、どこかの豪邸のサロンにでも座っているかのような高級感がありました. 烏城公園以外にも、岡山の中心部にこんな気持ちのいい緑のスペースがあったことに驚きです. 後から調べてみると、外庭は解放されているようで、今度は庭からの風景も撮りたいですね.

日本の和の空間とモダニズム建築が共存して建つ美術館建築にあなたも是非. ではでは今回はここまで〜


◆ この記事に関連する建築マップ
瀬戸内建築マップ - 岡山・香川の瀬戸内海を中心とした建築マップ


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

プロフィール

MATŌ

Author:MATŌ
『ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)』は関西の建築好きが日本全国にある建築スポットを実際に探訪し、感想を交えながら紹介するブログです. 西日本多めです. 今までにご紹介した建築記事の一覧を見たい方はこちらへ→「全国建築マップ

記事掲載や掲載写真等のご希望に関しては、こちらの「メールフォーム」からご連絡お願いします.
記事内の誤字・脱字等がありました場合は、コメント欄でご意見いただけると助かります.


◆ 兄弟サイト ◆

ARCHI'RECORDS@Walkingへのリンク

インフォメーション

2017年4月より更新頻度が激減します.
大変申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます.

● 写真健全化に伴い、以下の記事の公開を停止します. 健全化が完了次第、公開を再開します.
・「金沢海みらい図書館」
・「福井県立図書館・文書館」

メディア協力

・『近代建築2017年5月号』にて写真提供をさせていただきました.

FC2アクセスカウンター

スポンサーリンク

twitter

facebook

スポンサーリンク