市営基町高層アパート - ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)- 建築紹介・建築探訪録        

市営基町高層アパート

           
0148:市営基町高層アパート メイン

0148 - 市営基町高層アパート
竣工:1972年
設計:大高正人
住所:広島県広島市中区基町
選定:DOCOMOMOセレクション(2013追加:No.174)

皆様どうも. 8月上半期の広島県中心部特集は、今回で最終回となります. 中の人の体調の都合もあって、5件程度の特集となりましたが、体調を戻して更新を伸ばしていきたいところです. 最終回でご紹介するのは、広島城の西隣に広がる大規模集合住宅 市営基町高層アパートです.

建築以外の方からすれば普通の高層住宅かもしれませんが、こちらは戦後の集合住宅史を学ぶと必ず出てくるほどの超有名な住宅建築で、2013年にはDOCOMOMOの建築セレクションに選定されるなどの高い評価を受けるモダニズム建築です. 近年では県主催の『ひろしまたてものがたり』の建築100選URLにも選定されるなど、広島市内の観光スポットとしても定着しつつあるご様子. 今回はそんな集合住宅建築を取り上げていきます.
0148:市営基町高層アパート 全体俯瞰図

0148:市営基町高層アパート コア拡大図

0148:市営基町高層アパート 防災通路配置図

0148:市営基町高層アパート 地上の商店街 

写真ではアストラムラインの城北駅から、アパートへと近づいていく際に撮影した写真を載せています. 1枚目は近隣のバスセンターから遠めに撮影したものですが、これでもアパート全体の半分程しか写っていないため、その規模のデカさがわかります. 初めて訪問した際は、あまりの広大さとアパートの多さ故に、どこまでが高層アパートなのかを必死で探っていました.

この集合住宅は、戦後この地区一帯で発生した『原爆スラム』(詳しい内容は「ひろしま美術館」にて)を解消する目的で計画されたスラム・クリアランス事業として建設された大規模再開発アパートです. 設計を手掛けたのは「千葉県立中央図書館」や「坂出人工土地」を手掛けた大高正人氏で、着工から最終的な竣工まで9年の歳月をかけた一大プロジェクトでした.

このアパートの特徴の一つとして挙げられるのは『くの字』の平面が連続する、屏風状に展開された住棟配置です. これは写真3枚目に写された、防災配置図の黒色部分をみるとよくわかります. これはどの住居棟も、南側から照らされる太陽が均等に差し込むように工夫されたもので、ある一定の間隔をあけて直線状の住棟がザッと並ぶ、当時の団地計画からすれば非常に革新的なものでした.
0148:市営基町高層アパート アパートの地上フロアから

0148:市営基町高層アパート ピロティ部分

0148:市営基町高層アパート ピロティの配管

0148:市営基町高層アパート 階段のデザイン

こちらではアパートの住棟を地上フロアから撮影したものを掲載しています. 高い部分の住棟ならば20階以上もある巨大なアパートですが、1階フロアはピロティ空間となっており、奥の風景や公園の緑(写真2枚目)が通ることで圧迫感が低減されています. 何気にむき出しの配管(写真3枚目)がカッコよかったです. 写真4枚目はエレベーターと周辺に配置された階段で構成されたコア部分で、外からの見た目がなんとなくカッコいい造形と感じさせるものでした.
0148:市営基町高層アパート 階段

0148:市営基町高層アパート 廊下スペース①

0148:市営基町高層アパート 廊下スペース②

0148:市営基町高層アパート 居住階案内図

0148:市営基町高層アパート 吹き抜けを見上げる

0148:市営基町高層アパート 住戸の入口

それではエレベーターを囲むようにグルッと配置された狭い階段(写真1枚目)をのぼって上の居住フロアへ. アパートは外からのセキュリティがないので誰でも入れますが、当然ながら現役のアパートですのでモラルを守った上で見学しましょう.

アパートは偶数階に共用廊下を配置し、その上の奇数階を住戸だけのフロアとした2層一体型の住戸ユニットで構成されており、上の奇数階へは壁に隠れた専用の階段(写真6枚目 下部分の壁の奥)を利用します. 奇数階には廊下が存在しないため住戸を広く設定でき、2層吹抜けとなったエレベーターホールは天井高の高い開放的な空間(写真2枚目)になっています. ちなみに屋上には庭園もあるのですが、こちらはイベントでない限りは基本施錠されているようでした.
0148:市営基町高層アパート ショッピングセンター入口

0148:市営基町高層アパート 人工地盤の上から①

0148:市営基町高層アパート 人工地盤の上から②

0148:市営基町高層アパート ショッピングセンターの内部

アパートからでて、敷地中央にある『基町ショッピングセンター』(写真1枚目)と称された商店街へやってきました. ここはアーケードの屋根が整備された一般的な商店街ではなく、屋上部に緑が植えられた人工地盤(写真2枚目)の真下にあるのがポイント. 地盤の真下に商店街を整備するというのは、大高氏がこのアパートの数年前に手掛けた「坂出人工土地」でもみられた手法です. しかしながら現在はシャッター街化しておりかなり寂しい感じになっていました(写真4枚目) .

戦後の高度成長後期に建てられたため、多少時代感を感じさせる高層住宅ですが、その仕掛けや空間は今でも十分斬新と思えてしまうほど魅力あるものでした. 大高氏はこの設計以降、本格的に都市計画にシフトしたということで、大高氏が自ら目指した住まいの都市像の完成形がこれだったのではないかと個人的には考えたりもしています. ただし居住者の高齢化も進行し、とりわけ奇数階への階段アクセスが問題化しているということで、今後の対策が課題となりそうです. 興味のある方はぜひ、ではでは今回はここまで〜

※ こちらは現役の住宅です. 見学の際は住民のプライバシーを考え、十分な配慮を心がけてください.


※Googlemapでは敷地中心にある「基町ショッピングセンター」を表示しています
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

プロフィール

MATŌ

Author:MATŌ
『ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)』は関西の建築好きが日本全国にある建築スポットを実際に探訪し、感想を交えながら紹介するブログです. 西日本多めです. 今までにご紹介した建築記事の一覧を見たい方はこちらへ→「全国建築マップ

記事掲載や掲載写真等のご希望に関しては、こちらの「メールフォーム」からご連絡お願いします.
記事内の誤字・脱字等がありました場合は、コメント欄でご意見いただけると助かります.


◆ 関連サイト ◆

インフォメーション

パソコン不良により、2017年11月の更新が遅れております. 大変申し訳ございません.

「Archi'records@walking」を閉鎖しました、今後当機能は「Archi'records@instagram」に引き継がれます. よろしくお願い申し上げます.

● 写真健全化に伴い、以下の記事の公開を停止します. 健全化が完了次第、公開を再開します.
・「金沢海みらい図書館」
・「福井県立図書館・文書館」

メディア協力

・『近代建築2017年5月号』にて写真提供をさせていただきました.

FC2アクセスカウンター

スポンサーリンク

twitter

facebook

スポンサーリンク