LOUIS VUITTON NAGOYA - ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)- 建築紹介・建築探訪録        

LOUIS VUITTON NAGOYA

           
0165:ルイ・ヴィトン名古屋 メイン

0165 - LOUIS VUITTON NAGOYA
竣工:1999年
設計:青木淳
住所:愛知県名古屋市中区錦3-16-17

皆様どうも. 今回は愛知県屈指の繁華街である名古屋市栄エリアから、ファサードの美しい商業建築をご紹介します. 「名古屋テレビ塔」の近くにあるその建築は、世界有数のファッションブランド『LOUIS VUITTON』の名古屋栄店であるLOUIS VUITTON NAGOYA. 淡いグリーンの宝石箱のような美しいファサードデザインを求めて探訪してきました.
0165:ルイ・ヴィトン名古屋 テレビ塔と一緒に

0165:ルイ・ヴィトン名古屋 正面(南側)ファサード

0165:ルイ・ヴィトン名古屋 東側ファサード

0165:ルイ・ヴィトン名古屋 看板

店舗は「名古屋テレビ塔」が道路中央に建つ名古屋市のシンボルロード『久屋大通』と、名古屋市内を東西に横断する『錦通』の交差点付近にあります. 周囲の街路樹よりも低いキュービックな店舗. 中高層ビルの多い中では大きさだけで見ると、非常にこじんまりとした印象を受けます. しかしながら、道路側全面をガラス張りとして淡いグリーン色に輝くその外観は、まさに輝く宝石箱のような眩い存在感があります. 周囲の景色が投影されているのもいいですね.

設計を担当したのは建築家の青木淳(あおき じゅん)氏. 1983年より磯崎新氏の建築事務所に入所後、1991年に建築事務所を設立. 代表作に「潟博物館(現: ビュー福島潟)」や「青森県立美術館」がある上で、数々の『LOUIS VUITTON』の店舗建築をデザインしています. この名古屋店はシリーズ第1号作品で、これを機に「松屋銀座店」や「表参道ビル」などの他店舗も手掛けていきます.
0165:ルイ・ヴィトン名古屋 ファサードデザイン①

0165:ルイ・ヴィトン名古屋 ダブルスキンの内部

0165:ルイ・ヴィトン名古屋 ファサードデザイン②

0165:ルイ・ヴィトン名古屋 ファサードデザイン③

0165:ルイ・ヴィトン名古屋 ファサードデザイン④

今度はファサードをもう少し近い距離から. このファサードは外壁となっているガラスと、さらに1mほど奥に引っ込んだ店舗の壁によって挟み込まれたダブルスキン(二重壁)の構成となっており、そのどちらにもヴィトンの伝統デザインである『ダミエ・パターン(市松模様)』が施されています(写真2枚目). これにより見方によっては手前と奥の模様の重なりがズレることで、モアレの幻想的な模様が浮き上がる仕組みになっています.

1mの間隙を利用して、ファサードに取り付けられたショーウインドウ(写真3枚目)やロゴマーク(写真4枚目)も立体的に飛び出す演出も見事. ここまで外観を立体的かつ美しく感じさせるデザインに感服です. 世界的な高級ブティックということで、さすがに中に入ることはできず. 夜間のファサードも素晴らしいということで、ぜひ一度拝見したいと思います. 栄に建つ緑の宝石箱のような商業建築へ、是非一度いかがでしょうか. ではでは今回はここまで〜


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

プロフィール

MATŌ

Author:MATŌ
『ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)』は関西の建築好きが日本全国にある建築スポットを実際に探訪し、感想を交えながら紹介するブログです. 西日本多めです. 今までにご紹介した建築記事の一覧を見たい方はこちらへ→「全国建築マップ

記事掲載や掲載写真等のご希望に関しては、こちらの「メールフォーム」からご連絡お願いします.
記事内の誤字・脱字等がありました場合は、コメント欄でご意見いただけると助かります.


◆ 兄弟サイト ◆

ARCHI'RECORDS@Walkingへのリンク

インフォメーション

2017年4月より更新頻度が激減します.
大変申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます.

● 写真健全化に伴い、以下の記事の公開を停止します. 健全化が完了次第、公開を再開します.
・「金沢海みらい図書館」
・「福井県立図書館・文書館」

メディア協力

・『近代建築2017年5月号』にて写真提供をさせていただきました.

FC2アクセスカウンター

スポンサーリンク

twitter

facebook

スポンサーリンク