大成閣 - ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)- 建築紹介・建築探訪録        

大成閣

           
0175:大成閣 メイン

0175 - 大成閣
竣工:1964年
設計:村野藤吾
住所:大阪府大阪市中央区東心斎橋1-18-12

皆様どうも. 今回は前回でご紹介した心斎橋の村野建築「浪花組本社ビル」に連続して、心斎橋エリアに建つその他の村野建築をご紹介していきます. その一つが、心斎橋エリアの北をはしる長堀通に近い場所に建つ中華料理店 大成閣(たいせいかく)です. こちらの竣工は1964年と、前回の浪花組と同年に建てられています. それでは早速まいりましょう.
0175:大成閣 心斎橋筋から

0175:大成閣 ファサード①

0175:大成閣 ファサード②

0175:大成閣 ファサード③

写真1枚目はインバウンド(訪日外国人)で賑わう『心斎橋筋商店街』からの眺め. 浪花組は看板などのサインがないので判りづらかったですが、こちらは建物両脇に大きな看板があるので、見間違いの心配はないでしょう. 一世代前の心斎橋には「そごう大阪店」や「心斎橋プランタン」、「村野建築研究所心斎橋店」などの村野建築が多く存在していましたが、それらが解体された今では大成閣と浪花組、そして道頓堀沿いの「ドウトン」が現存するのみです.

写真2枚目からは建物の顔となるファサードの様子です. 六角形のデザインが連続する特徴的なファサードは外観はアルミの成形材で構成されており、見た感じではバルコニーの落下防止としても機能しているようにみえます. 浪花組は建物の外壁をゴツくあしらった要塞のような感じでしたが、こちらはバルコニーの外部分をアルミで組み上げた吹き通しの良い装いになっており、ほぼ近い敷地同士ながらも外観の扱いは対照的な感じを受けます.
0175:大成閣 入口部分の様子①

0175:大成閣 入口部分の様子②

0175:大成閣 入口部分の様子③

こちらは通りから見た入り口の様子を掲載. 建物としては6階建てですが、ファサードのある4階から上のフロアはセットバックしているため見えません. 二対一となって地上に落ちるファサードの柱(写真1・2枚目)が、1階部分だけ銀色になって下りているのがかなり気になっています. 白・銀といった明るい系の色彩がベースとなっているので、これに中華料亭らしい赤色の提灯?がよく目立ちます. 何をヒントとしてこのデザインへと至ったのか、個人的には非常に気になります.

外観のみ紹介のため今回はここまでで. 本格中華料理店のため価格帯は少々お高い感じを受けますが、個人的にはランチタイムを狙って今度は探訪したいですね. 商業街という心斎橋の背景からも、ハレの商店ファサードのイメージを感じさせるもので、浪花組とぜひセットで訪れたい村野建築です. ではでは今回はここまで〜


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

プロフィール

MATŌ

Author:MATŌ
『ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)』は関西の建築好きが日本全国にある建築スポットを実際に探訪し、感想を交えながら紹介するブログです. 西日本多めです. 今までにご紹介した建築記事の一覧を見たい方はこちらへ→「全国建築マップ

記事掲載や掲載写真等のご希望に関しては、こちらの「メールフォーム」からご連絡お願いします.
記事内の誤字・脱字等がありました場合は、コメント欄でご意見いただけると助かります.


◆ 兄弟サイト ◆

ARCHI'RECORDS@Walkingへのリンク

インフォメーション

2017年4月より更新頻度が激減します.
大変申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます.

● 写真健全化に伴い、以下の記事の公開を停止します. 健全化が完了次第、公開を再開します.
・「金沢海みらい図書館」
・「福井県立図書館・文書館」

メディア協力

・『近代建築2017年5月号』にて写真提供をさせていただきました.

FC2アクセスカウンター

スポンサーリンク

twitter

facebook

スポンサーリンク