コムラード ドウトン - ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)- 建築紹介・建築探訪録        

コムラード ドウトン

           
0176:ドウトン メイン

0176 - コムラード ドウトン(旧ドウトン)
竣工:1955年
設計:村野藤吾
住所:大阪府大阪市中央区道頓堀1-6-15

皆様どうも. 今回も「浪花組本社ビル」「大成閣」に引き続き、心斎橋エリアに現存する村野建築を紹介していきます. 今回の舞台は心斎橋から少し南にそれた道頓堀から. グリコの看板やひっかけ橋(戎橋)でおなじみの道頓堀川沿いに建つ店舗ビル コムラード ドウトンを紹介します. 竣工は先程の2棟よりも9年早い1955年で、ドウトンという愛称で親しまれていました. それではまいりましょう.
0176:ドウトン 道頓堀商店街

0176:ドウトン 商店街側ファサード①

0176:ドウトン 商店街側ファサード②

0176:ドウトン 商店街側ファサード③

0176:ドウトン 商店街側ファサード④

写真1枚目は道頓堀川のすぐ南側を通る商店街の様子. 道頓堀は大阪でも高い知名度を誇る繁華街でもあり『かに道楽』や『つぼらや』があるこの光景を見慣れている方も多いでしょう. かつての道頓堀は繁華街の一方で『道頓堀五座』に代表される劇場街でもありました. 現在は「道頓堀角座(設計:馬場正尊+平岩祐季)」をお笑い劇場として復活させるなど、商店街の様相も変わりつつあります.

ドウトンは『かに道楽』のすぐ西隣にあります. カー○おじさんの看板が目立ちますが、注目して欲しいのはその看板から上のファサード(写真3枚目)です. 開口がほとんどない代わりに、グリーンの小口タイルを用いて巨大壁画のような装飾をつくりだしています. このタイル装飾を見て連想するのが、村野氏の代表作である「丸栄百貨店」のタイルファサード. しかし多様な色合いのタイルを用いていた丸栄と比較するとグリーン色が強く表れ、ポツポツと壁についた茶色のタイル(写真4枚目)が何を示しているのかがよく判らないなど、色々と謎の深いデザインです.
0176:ドウトン 道頓堀川

0176:ドウトン 道頓堀側ファサード①

0176:ドウトン 道頓堀側ファサード②

0176:ドウトン 道頓堀側ファサード③

こちらは道頓堀川(写真1枚目)が流れる北側外観の様子です. タイル壁によって遮断されていた南側とは対照的に、道頓堀川に向いて開かれたガラスファサードになっています. 看板に隠れて見えにくいですが、白い格子のデザインがシンプルながらもかっこいい. ファサードの両側は野外空間のように見え、「フジカワ画廊(1953年)」や「大信紡績ビル(1958年)」でもみられたベランダに似た印象を受けます. これらのビルも、ドウトンとほぼ同時期の作品です.

今回はここまでです. 内部はご覧の通り飲食チェーンがフロアごとに入居しているため、村野デザインのような要素は確認できませんでした. ただ1階のホノルルコーヒーのテラスからの眺めは気になってるので、今度探訪した際にはこのテラス狙って行ってみようと思います. 道頓堀沿いの村野建築にぜひ、ではでは今回はここまで〜


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

プロフィール

MATŌ

Author:MATŌ
『ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)』は関西の建築好きが日本全国にある建築スポットを実際に探訪し、感想を交えながら紹介するブログです. 西日本多めです. 今までにご紹介した建築記事の一覧を見たい方はこちらへ→「全国建築マップ

記事掲載や掲載写真等のご希望に関しては、こちらの「メールフォーム」からご連絡お願いします.
記事内の誤字・脱字等がありました場合は、コメント欄でご意見いただけると助かります.


◆ 兄弟サイト ◆

ARCHI'RECORDS@Walkingへのリンク

インフォメーション

2017年4月より更新頻度が激減します.
大変申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます.

● 写真健全化に伴い、以下の記事の公開を停止します. 健全化が完了次第、公開を再開します.
・「金沢海みらい図書館」
・「福井県立図書館・文書館」

メディア協力

・『近代建築2017年5月号』にて写真提供をさせていただきました.

FC2アクセスカウンター

スポンサーリンク

twitter

facebook

スポンサーリンク