アップリカ本社ビル - ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)- 建築紹介・建築探訪録        

アップリカ本社ビル

           
0179:アップリカ本社 メイン

0179 - アップリカ本社ビル
竣工:1989年
設計:丹下憲孝+中川巌
住所:大阪府大阪市中央区島之内1-13-13

皆様どうも. 生きた建築特集の番外シリーズ、心斎橋付近の現在建築も最終回となる3件目. ご紹介するのはアップリカ本社ビルです. ベビーカーの販売で馴染み深い『アップリカ』の本社屋であり、改組前の正式社名からアップリカ葛西ビルとしても親しまれるビル建築を、今回ご紹介していきます.
0179:アップリカ本社 本社までの道のり

0179:アップリカ本社 ファサード正面

0179:アップリカ本社 ファサード全景

0179:アップリカ本社 ファサードを下から見上げる

0179:アップリカ本社 社名看板

本社屋があるのは、心斎橋エリアから少し東へと離れた中央区島之内. 心斎橋エリアの中央部を東西に走るヨーロッパ通り(周防町通)を、堺筋も超えて東に向かって歩いていくと見えてきます(写真1枚目 やや左上). 写真2枚目以降の正面写真を見ても分かる通り、変形ロボットのようにカクカクしたメタリックな外観がこの建物最大の特徴. 各フロアのミラーガラスは道路側に傾くように配されており、2階部分は丁度道の部分が投影されるように傾いています(写真4枚目).

設計は丹下健三氏の息子であり、現在の『丹下都市建築設計』の社長を務める丹下憲孝(たんげ のりたか)氏と、丹下氏の事務所に約10年ほど勤めた中川巌(なかがわ いわお)氏の共同で完成しました. 建物のモチーフとなっているのは、同社の主力製品であるベビーカーとのこと. でもやっぱりこの今にも動きそうな躍動感は、変形ロボという表現が似合っている感じがします.
0179:アップリカ本社 東側からの眺め

0179:アップリカ本社 東側外観①

0179:アップリカ本社 東側外観②

0179:アップリカ本社 入口の様子①

0179:アップリカ本社 入口の様子②

写真の前半部分は、建物東側のガレージから横のファサードを撮影したもの. ご覧の通り建物は三角形のパーツを組み合わせたようなパネルの並びになっており、外側には北条家の家紋(三つ鱗紋)のようなデザイン(写真3枚目)も確認できます. よく見るとその部分はバルコニーとして活用させているようです. ただここまでくると、どうやってこの建物の構造が成り立っているのかが非常に気になるところ. 「国立京都国際会館」の斜め柱を想起させそうなデザインでもありますが、ご存知の方がいれば教えてください.

今回の紹介はここまでです. リブガラス越しに1階「マザーシップギャラリー」の様子(写真5枚目)を見てみると、グネグネした照明などが確認できたりと何やら面白そうな空間が広がっている感じがします. 公開されるのであれば是非館内が見てみたいですね. 見るだけでもインパクト大なロボット建築へ、興味が湧いた方はぜひ. ではでは今回はここまで〜


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

プロフィール

MATŌ

Author:MATŌ
『ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)』は関西の建築好きが日本全国にある建築スポットを実際に探訪し、感想を交えながら紹介するブログです. 西日本多めです. 今までにご紹介した建築記事の一覧を見たい方はこちらへ→「全国建築マップ

記事掲載や掲載写真等のご希望に関しては、こちらの「メールフォーム」からご連絡お願いします.
記事内の誤字・脱字等がありました場合は、コメント欄でご意見いただけると助かります.


◆ 関連サイト ◆

インフォメーション

パソコン不良により、2017年11月の更新が遅れております. 大変申し訳ございません.

「Archi'records@walking」を閉鎖しました、今後当機能は「Archi'records@instagram」に引き継がれます. よろしくお願い申し上げます.

● 写真健全化に伴い、以下の記事の公開を停止します. 健全化が完了次第、公開を再開します.
・「金沢海みらい図書館」
・「福井県立図書館・文書館」

メディア協力

・『近代建築2017年5月号』にて写真提供をさせていただきました.

FC2アクセスカウンター

スポンサーリンク

twitter

facebook

スポンサーリンク