芝川ビル - ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)- 建築紹介・建築探訪録        

芝川ビル

           
0189:芝川ビル メイン

0189 - 芝川ビル
竣工:1927年
設計:渋谷五郎+本間乙彦
住所:大阪府大阪市中央区伏見町3-3-3

皆様どうも. 今回は「青山ビル」に引き続くイケフェス大阪2017で再訪した建築スポットリニューアルの第2弾として、伏見町通と心斎橋筋との交差点角地に建つ近代建築・芝川ビルの探訪記を再レポートしていきます.

※ こちらは2016年11月投稿の記事をリニューアルしたものです
0189:芝川ビル 御堂筋より

0189:芝川ビル 交差点より全景

0189:芝川ビル 入口の復元レリーフ

0189:芝川ビル 入口の扉

それでは最初は外観から(写真は2016年秋のもの). 御堂筋側から見る(写真1枚目)と手前の高層ビルに隠れて建ち、北隣では某メガバンクビルの建て替えが進行中です. 芝川ビルはニッカウイスキーの大株主でもあった、芝川家当主である芝川又四郎氏が自家用のビルとして1927年に完成. 自家用だけではなく、余ったスペースを利用して『芝蘭社(しらんしゃ)家政学園』という花嫁学校としても活用. 現在は千島土地株式会社の運営により、積極的な活用・発信が行われています.

建物は本間乙彦氏と渋谷五郎氏という2人の建築家. 東京高等工業学校卒業という繋がりがあり、渋谷氏が基本設計・構造を、本間氏が意匠を担当しています. 基壇部には兵庫県高砂市で採掘された『竜山石(たつやまいし)』を贅沢に使い、上階の一部には茶褐色タイルとスペイン瓦を. 随所に見られる南米マヤ・インカ帝国のデザインを纏ったテラコッタ装飾は、芝川ビルを象徴するデザインです.
0189:芝川ビル ファサードデザイン①

0189:芝川ビル ファサードデザイン②

0189:芝川ビル ファサードデザイン③

0189:芝川ビル 手前に設けられた半地下空間

0189:芝川ビル 防火用の鉄扉

こちらでは道路部分のファサードを撮影したものをいくつか. 3階窓上に掘られた、南米の古代遺跡にありそうな原始的なデザイン(写真3枚目)も面白い. 道路脇に設けられた一段と高い部分を覗き込むと、地階の窓が設けられたドライエリア(写真4枚目)が見えます. 石材と幾何学を組み合わせた装飾から、一部ではF.L.ライトに影響された意匠であるという指摘もあるようです.

入口の玄関や各窓には、現代の防火シャッターの役割となる鉄扉(写真5枚目)を設置. 当初建て替えを計画していた芝川氏は、一時期は辰野金吾氏と共同で設計していた片岡安氏の鉄筋コンクリートの耐震・耐火性のスピーチを聞いて建物を設計したということで、かなり耐震・耐火性を重要視していたようです. 結果的に、竣工から18年後に勃発した大阪大空襲の戦災を免れることに繋がったと思われます.
0189:芝川ビル 2017玄関

0189:芝川ビル 2017エントランス①

0189:芝川ビル 2017エントランス②

0189:芝川ビル 2017エントランス③

0189:芝川ビル 2017エレベーター扉

0189:芝川ビル 2017廊下

こちらは2017年のイケフェス大阪にて訪問した内観写真を. 芝川ビルはイベントや見学ツアーを除き、内部見学はお断りということですので注意しましょう. ちなみに本写真は、管理事務員の方から大丈夫との掲載OKをもらっています. 入口を入ってすぐのエントランスも、南米文明デザインの濃密なテラコッタ装飾(写真2枚目 一部)がビッシリと. 壁面に掲げられたレリーフ(写真3枚目)は、現在でいう定礎板(箱). 請負を合名会社時代の竹中工務店がやっていたんですね.

写真4枚目以降は1階フロアの様子. 内壁は白とベージュの色合いで、そこに建具の緑が目立つ独特のカラーチョイス. 近代建築特有の高い天井高が、フロア内に開放感を与えています. テナントスペースとなっている1階各部屋は、竣工当時は事務室、客溜り、自家用室、貸室などに使用されていたようです(ビル公開の平面図より). 戦時の金属供出前まではエレベーターも設置され、ホール付近にある狭い扉と配管スペース(写真5枚目)はその名残として残ります.
0189:芝川ビル 2017メイン階段①

0189:芝川ビル 2017メイン階段②

0189:芝川ビル 2017メイン階段③

0189:芝川ビル 2017メイン階段④

0189:芝川ビル 2017廊下奥階段①

0189:芝川ビル 2017廊下奥階段②

こちらでは近代建築なら必須の階段デザインを. エントランスに近いメイン階段(写真4枚目まで)は、木手摺から側面レリーフに至るまで渦模様が連続する造形力豊かなデザイン. 屋上の親柱(写真4枚目)は、上に星型模様が彫られたドッシリとしたものでした. 廊下奥の階段(写真5枚目以降)も、木手摺が継ぎ目なく美しい流線型を作り出しているのも見事です. 階段には芝川ビルに関する写真や資料、今は現存しない付近の近代建築の写真が展示されています.
0189:芝川ビル 2017モダンテラス①

0189:芝川ビル 2017モダンテラス②

0189:芝川ビル 2017モダンテラス③

0189:芝川ビル 2017モダンテラス④

最後はイベント時にしか立ち入れない、最上階の「芝川モダンテラス」です. 装飾入りの美しいアーチとポルティコ(写真2枚目)、幾何学模様タイル(写真4枚目)が敷かれたテラスのある最上階は、2007年の再生工事により往年の姿を取り戻しました. 当日は雨となってしまい、テラスにテーブルや椅子が並ぶことはありませんでした. 今後は賑やかなテラスの光景が見れるといいですね.

高層ビルが建つ御堂筋の裏通りにて、竣工当時の姿を残したままテナントビルとして活用される芝川ビルは、大阪の生きた建築の代表格の一つとして注目されています. 内部も見なければ個人的にもったいないと思うので、気になった方はぜひ関連するイベント・建築ツアーを狙ってご来訪ください. それでは.


【追記 2017.12.13】
イケフェス2017での撮影写真に対する掲載OKを確認しましたため、内観写真掲載と文章改善を加えて記事リニューアルしました. ご許可賜りました管理事務員様に、この場を借りて御礼申し上げます.


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

プロフィール

MATŌ

Author:MATŌ
『ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)』は関西の建築好きが日本全国にある建築スポットを実際に探訪し、感想を交えながら紹介するブログです. 西日本多めです. 今までにご紹介した建築記事の一覧を見たい方はこちらへ→「全国建築マップ

記事掲載や掲載写真等のご希望に関しては、こちらの「メールフォーム」からご連絡お願いします.
記事内の誤字・脱字等がありました場合は、コメント欄でご意見いただけると助かります.


◆ 関連サイト ◆

インフォメーション

11月上旬から続いておりましたパソコン不良が解消しましたため、12月より更新を再開していきます.

「Archi'records@walking」を閉鎖しました、今後当機能は「Archi'records@instagram」に引き継がれます. よろしくお願い申し上げます.

● 写真健全化に伴い、以下の記事の公開を停止します. 健全化が完了次第、公開を再開します.
・「金沢海みらい図書館」
・「福井県立図書館・文書館」

メディア協力

・『近代建築2017年5月号』にて写真提供をさせていただきました.

FC2アクセスカウンター

スポンサーリンク

twitter

facebook

スポンサーリンク