芝川ビル - ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)- 建築紹介・建築探訪録        

芝川ビル

           
0189:芝川ビル メイン

0189 - 芝川ビル
竣工:1927年
設計:渋谷五郎+本間乙彦
住所:大阪府大阪市中央区伏見町3-3-3

皆様どうも. 本日11月23日は勤労感謝の日です. 言葉だけならば『労をねぎらう特別な祝日』というニュアンスに感じますが、この祝日は農業国家である日本の五穀豊穣を祝う風習を元に、天皇の宮中祭祀(宮中のご公務)である『新嘗祭』の行事日を祝日として定めたものです. なので世界でいうメーデー(労働祭)とは若干意味合いが異なっている模様. それならば農業由来の祝日名にすればよかったのでは?とも思ってしまいます. 余談終わり.

それでは船場中心部の生きた建築シリーズ4件目です. 今回は「伏見ビル」「青山ビル」が建っている伏見町通を、御堂筋方面の進んだ角地に建つ芝川ビルをご紹介していきます.
0189:芝川ビル 御堂筋より

0189:芝川ビル 交差点より全景

0189:芝川ビル 入口の復元レリーフ

0189:芝川ビル 入口の扉

芝川ビルにはイケフェス当日に訪問できなかったため、近い日に行われたイベントで撮影したものを掲載. 御堂筋側(写真1枚目)では、UFJ銀行ビルの建て替えが進行中です. ニッカウイスキーの大株主でもあった、芝川家当主である芝川又四郎氏が自家用のビルとして1927年に完成させたのがこちらのビル. 自家用だけではなく、余ったスペースを利用して『芝蘭社(しらんしゃ)家政学園』という花嫁学校としても使用されていました.

建物を手掛けたのは本間乙彦氏と渋谷五郎氏という2人の建築家. 東京高等工業学校卒業という繋がりがあり、渋谷氏が基本設計・構造を、本間氏が意匠を担当しています. マヤ・インカ帝国といった南米の古代文明のような装飾が特徴で、同年完成した「高麗橋野村ビルディング」の自由様式と似た独特感際立つデザインです. 本間氏はこの他にも船場に「小川香料大阪支店ビル」を手掛けています.
0189:芝川ビル ファサードデザイン①

0189:芝川ビル ファサードデザイン②

0189:芝川ビル ファサードデザイン③

0189:芝川ビル 手前に設けられた半地下空間

0189:芝川ビル 防火用の鉄扉

こちらでは道路部分のファサードを撮影したものをいくつか掲載. ファサードは下から石、煉瓦、そして屋上部にスペイン瓦という組み合わせ(写真1枚目). スペイン瓦というのが、いかにもラテン系という感じです. 石材に使用されているのは兵庫県高砂市で採掘された『龍(竜)山石(たつやまいし)』で、軟らかく複雑な彫刻に適した面としては、F.L.ライトの「旧帝国ホテル」や「ヨドコウ迎賓館」に用いられる『大谷石』に似ているといわれてます.

大谷石に似た石材と幾何学を組み合わせた装飾から、一部ではライトに影響された意匠であるという話もあります. ただ3階窓に掘られた、南米の古代遺跡にありそうな怪しげなデザイン(写真3枚目)を見るに、個人的にはモダニズムよりも古代の装飾に傾いた原始的なものに感じます. 道路脇に設けられた一段と高い部分を覗き込むと、地階の窓が設けられたドライエリア(写真4枚目)が見えるのも面白い.

入口の玄関や各窓には、現代の防火シャッター的な役割となる鉄扉(写真5枚目)が設けられています. 当初建て替えを計画していた芝川氏は、一時期は辰野金吾氏と共同で設計していた片岡安氏の鉄筋コンクリートの耐震・耐火性のスピーチを聞いて建物を設計したということで、かなり耐震・耐火性を重要視していたようです. この18年後に大阪大空襲が勃発すると当時は夢にも思わなかったでしょうが、結果的に戦災を免れる一因になったのだろうなと想像してます.



今回はここまでの紹介となります. 個人的にはエントランスにも刻まれた古代文明的な彫刻や、渦巻きのようなグルグルのデザインが特徴的な階段手摺、復元された屋上のポルティコなど見所いっぱいなのですが、残念ながらこの部分の撮影は後年のイケフェスまで持ち越し. 撮影できたら追記公開します. ではでは今回はここまで〜


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

プロフィール

MATŌ

Author:MATŌ
『ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)』は関西の建築好きが日本全国にある建築スポットを実際に探訪し、感想を交えながら紹介するブログです. 西日本多めです. 今までにご紹介した建築記事の一覧を見たい方はこちらへ→「全国建築マップ

記事掲載や掲載写真等のご希望に関しては、こちらの「メールフォーム」からご連絡お願いします.
記事内の誤字・脱字等がありました場合は、コメント欄でご意見いただけると助かります.


◆ 関連サイト ◆

インフォメーション

パソコン不良により、2017年11月の更新が遅れております. 大変申し訳ございません.

「Archi'records@walking」を閉鎖しました、今後当機能は「Archi'records@instagram」に引き継がれます. よろしくお願い申し上げます.

● 写真健全化に伴い、以下の記事の公開を停止します. 健全化が完了次第、公開を再開します.
・「金沢海みらい図書館」
・「福井県立図書館・文書館」

メディア協力

・『近代建築2017年5月号』にて写真提供をさせていただきました.

FC2アクセスカウンター

スポンサーリンク

twitter

facebook

スポンサーリンク