近鉄宇治山田駅舎 - ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)- 建築紹介・建築探訪録        

近鉄宇治山田駅舎

           
0209:近鉄宇治山田駅舎 メイン

0209 - 近鉄宇治山田駅舎
竣工:1931年
設計:久野節
住所:三重県伊勢市岩渕2-1-43

皆様どうも. ついに2016年もあと2日、三重県の建築紹介もラストスパートをかけていきます. 今回の紹介の舞台は、志摩半島の北東部を占める伊勢市です. 伊勢市といえば天照大御神を祀る皇大神宮(内宮)と豊受大御神を祀る豊受大新宮(外宮)で構成された『伊勢神宮』が有名であり、町全体もその門前町として栄えてきました. 2013年の式年遷宮は多くの人の記憶に新しいでしょう.

神宮関連にも「せんぐう館(設計:栗生明)」や「神宮徴古館(設計:片山東熊)」といった建築スポットは存在しますが、残念ながら紹介できるほどの写真がたまっていません. ですので、これらの紹介は後々とさせていただくとして、今回はその神宮への最寄駅の一つである近鉄宇治山田駅舎をご紹介していきます. こちらは伊勢市駅と並ぶ近鉄の主要最寄駅の一つですが、近鉄の歴史的経緯から誕生した立派な近代駅舎が今も残されています.
0209:近鉄宇治山田駅舎 遠方から①

0209:近鉄宇治山田駅舎 遠方から②

0209:近鉄宇治山田駅舎 外観①

0209:近鉄宇治山田駅舎 外観②

0209:近鉄宇治山田駅舎 外観③

0209:近鉄宇治山田駅舎 外観④

宇治山田駅があるのは伊勢神宮外宮から少し北東に離れた場所. 外宮参拝の際は当駅よりも近い伊勢市駅で多くの方が降りるイメージがありますが、実際はこちらの方が乗降客数が多いです. 駅舎はクリーム色タイルで彩られた立派な近代建築. 中央に並んだ6本の列柱(写真3〜5枚目)や頂上部に並ぶスペイン瓦や幾何学装飾(写真6枚目)など、近鉄の途中駅としては豪華な造りになっています.

なぜ近鉄の途中駅がこのような豪華な駅舎になっているかといえば、過去にこの駅が近鉄の終着駅だったためです. 近鉄の前身会社の一つである『参宮急行電鉄』は、文字どおり伊勢神宮への参宮を目的として大阪〜伊勢間をつないだ路線(現在の近鉄大阪線と山田線)です. 1931年に全通開業した大阪上本町駅からの所要時間は2時間半で、これにより関西からの日帰り参宮を可能にしました. その時の伊勢側のターミナル駅がこの駅で、伊勢参拝の玄関口として栄えました.
0209:近鉄宇治山田駅舎 地上外観①

0209:近鉄宇治山田駅舎 地上外観②

0209:近鉄宇治山田駅舎 地上外観③

0209:近鉄宇治山田駅舎 地上外観④

0209:近鉄宇治山田駅舎 地上外観⑤

こちらは駅舎外観の様子を入り口近くで撮影したものです. 駅舎手前はブロンズ装飾のある大きな庇によって、先程の列柱の柱頭などは見ることができませんが、入口や外壁には当時からのと思われるテラコッタ装飾が今なおも残っています. 基壇となる石張り部分にも所々に細かい装飾(写真1枚目)が施されています. 個人的には壁面に施された花柄モチーフのテラコッタ装飾(写真4・5枚目)が、非常にユニークで茶目っ気のあるデザインに感じました.

この駅舎の手掛けたのは、鉄道省初代建築課長を務めた久野節氏. 当サイトでは「南海ビルディング(南海難波駅)」で初紹介しています. 三重県下の駅舎建築は他にも村野藤吾氏の「近鉄賢島駅舎」 が現存しますが、昭和初期から現存する近代西洋風駅舎は恐らくこれが県下唯一のもの. 昭和初期の名建築としてピックアップされることも多く、2001年には国指定登録有形文化財に指定されています.
0209:近鉄宇治山田駅舎 構内①

0209:近鉄宇治山田駅舎 構内②

0209:近鉄宇治山田駅舎 構内③

0209:近鉄宇治山田駅舎 構内④

0209:近鉄宇治山田駅舎 構内⑤

こちらは入口を入ってすぐの構内広場です. かつてのターミナル駅なだけあって、構内はとても広々としています. 花形の照明や八角形の窓、和風障子のような2階開口(写真4枚目)のデザインが特徴的です. 改札に至る階段は構内の両端にあるのですが、片方はチェーンがかけられて未使用(写真2枚目 奥)になっています. 恐らく繁盛期は臨時改札口になるのでしょう.

駅には他にも天皇陛下や総理大臣が駅を訪問される場合に使用される『貴賓室』が設けられているのが特徴. 加えて2014年のお召し列車(名古屋〜宇治山田間)でも見られるように、当駅は現在でも伊勢参拝において皇族・政府要人向けの重要な駅としての役割も担っています. 天皇陛下が乗車される駅というと、何となくプレミアム感がありますね.
0209:近鉄宇治山田駅舎 駅構内のバス乗り場①

0209:近鉄宇治山田駅舎 駅構内のバス乗り場②

0209:近鉄宇治山田駅舎 駅構内のバス乗り場③

0209:近鉄宇治山田駅舎 塔屋①

0209:近鉄宇治山田駅舎 塔屋②

通常であれば駅舎の紹介で終了してしまうのですが、この駅の魅力スポットは駅のホームに2つほどあります. まず1つ目は1番線の隣に併設されている広いスペース. ここはかつて鳥羽線が開業する前の時代、鉄道では行けなかった賢島方面への特急バスへの利便性を高めるため、ホームと同一平面に設置されたバスターミナル跡です. しかしこの道路幅ではバスが方向転換できなかったため、奥に転車台(写真3枚目)を設置して方向転換させていました. 1994年までは定期観光バス向けに使用されていましたが、現在は使用されていません.

もうひとつは4番線の一部に建つ塔屋(写真4枚目)です. 実は宇治山田駅構内には1968年まで伊勢市消防本部が設置されており、通信手段が確立されていなかった当時は、この塔屋を火の見櫓として使用していたようです. 現在も階段(写真5枚目)はありますが、手前には柵が設置され未公開となっています. 櫓からはどんな光景が見られるのか正直興味津々なのですが、公開される日はくるのでしょうか.

というわけで今回はここまでです. 近鉄(当時は参宮急行)の社運をかけて建造された豪華絢爛な宇治山田駅舎は、今後は近代レトロな文化財建築となって、今後も伊勢参拝客を出迎えていくことと思われます. 伊勢参拝の際にはこのレトロ駅舎にもぜひ足を運んでみてください. ではでは今回はここまで〜


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

プロフィール

MATŌ

Author:MATŌ
『ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)』は関西の建築好きが日本全国にある建築スポットを実際に探訪し、感想を交えながら紹介するブログです. 西日本多めです. 今までにご紹介した建築記事の一覧を見たい方はこちらへ→「全国建築マップ

記事掲載や掲載写真等のご希望に関しては、こちらの「メールフォーム」からご連絡お願いします.
記事内の誤字・脱字等がありました場合は、コメント欄でご意見いただけると助かります.


◆ 兄弟サイト ◆

ARCHI'RECORDS@Walkingへのリンク

インフォメーション

2017年4月より更新頻度が激減します.
大変申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます.

● 写真健全化に伴い、以下の記事の公開を停止します. 健全化が完了次第、公開を再開します.
・「金沢海みらい図書館」
・「福井県立図書館・文書館」

メディア協力

・『近代建築2017年5月号』にて写真提供をさせていただきました.

FC2アクセスカウンター

スポンサーリンク

twitter

facebook

スポンサーリンク