日本生命京都三条ビル - ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)- 建築紹介・建築探訪録        

日本生命京都三条ビル

           
0219:日本生命京都三条 メイン

0219 - 日本生命京都三条ビル(旧日本生命京都支店)
竣工:1914年
設計:辰野金吾+片岡安 / 辰野片岡建築事務所
住所:京都府京都市中京区三条通高倉東入桝屋町75

皆様どうも. さてさて1月も終盤です. 京都特集の締めくくりは、前回では紹介しきれなかった三条通の建築スポットをご紹介していきます. まず一発目は柳馬場通との交差点に建つ日本生命京都三条ビルです. 旧日本生命京都支店として1914年に建造された銀行建築で、辰野金吾氏と片岡安氏による辰野片岡事務所が設計を担当しました. 旧日本銀行や旧北國銀行、復元ですが旧第一銀行と、この一帯には辰野建築が本当に多く残っていますね. ではまいりましょう.
0219:日本生命京都三条 三条通から

0219:日本生命京都三条 建物全体

0219:日本生命京都三条 地上部分

0219:日本生命京都三条 塔屋①

0219:日本生命京都三条 塔屋②

0219:日本生命京都三条 西に連結した三条ビル

初めは三条通に面する敷地南側から撮影したものを. 辰野建築ながら馴染み深い赤煉瓦ではなく「日本銀行本店」等でみられる石張りの外観. しかしコーナー部に屋根の特徴的な塔屋を置くスタンスは変わりません. 双方の道路に向けられた玄関周り(写真3枚目)には立派な装飾が施されていますが、今まで見た辰野建築と比較すると小さめ. コーナーの塔は八角形状(写真4枚目)で、トンガリ帽子のような青銅装飾の屋根(写真5枚目)が実にチャーミングに感じますね.

株式会社時代の日本生命(現在は相互会社)の京都支店として建てられた辰野建築ですが、これ以前に辰野氏は日本生命の施設として「旧日本生命九州支店(現 福岡市文学館)」を1909年に手掛けています. こちらはガッツリ赤煉瓦です. 三条ビルは1983年に改築され、その際にコーナー部の塔屋を含む東側がファサード保存された状態で残ります. 西隣には三条ビルの新築部がガッチリと連結しています(写真6枚目). コーナー部分にある説明板の文字が経年によりかなり掠(かす)れて読みづらくなっているため、京都市は早めに更新したほうがいい気がします.
0219:日本生命京都三条 柳馬場通①

0219:日本生命京都三条 柳馬場通②

0219:日本生命京都三条 柳馬場通③

0219:日本生命京都三条 柳馬場通④

0219:日本生命京都三条 柳馬場通⑤

こちらは壁面ファサードが保存された柳馬場通に面する東側の様子です. 中央に装飾の立派なキーストーンを拵(こしら)えた三連アーチ(写真4枚目)が美しい. アーチ上部の石の割付は典型的な辰野式で、外壁はグレー(石)だけど装飾は立派な辰野式という表現が個人的にしっくりきています. 柱が連続していると思ったら、1階部分の途中でチェーンみたいなデザイン(写真5枚目)に変化しているのが不思議に感じました. これは何のモチーフでしょう?

今回は外観のみとなるためここまでです. 看板の説明には『辰野式の辰野氏と、石張りの片岡氏の特色をよく示している』という説明は、まぁ大きく外れてはいない説明だな〜と. 九州支店は赤煉瓦なのに、なぜ京都は石張りにしたのか不思議だな〜と考えていたのですが、通2つ西に建つ日銀はその逆パターン(本店は石、後年の京都は赤煉瓦)だったので、そこらへんは施主のチョイスだったのでしょうかね. 京都に残る希少な石張りの辰野建築にぜひ. ではでは今回はここまで〜


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

プロフィール

MATŌ

Author:MATŌ
『ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)』は関西の建築好きが日本全国にある建築スポットを実際に探訪し、感想を交えながら紹介するブログです. 西日本多めです. 今までにご紹介した建築記事の一覧を見たい方はこちらへ→「全国建築マップ

記事掲載や掲載写真等のご希望に関しては、こちらの「メールフォーム」からご連絡お願いします.
記事内の誤字・脱字等がありました場合は、コメント欄でご意見いただけると助かります.


◆ 関連サイト ◆

インフォメーション

パソコン不良により、2017年11月の更新が遅れております. 大変申し訳ございません.

「Archi'records@walking」を閉鎖しました、今後当機能は「Archi'records@instagram」に引き継がれます. よろしくお願い申し上げます.

● 写真健全化に伴い、以下の記事の公開を停止します. 健全化が完了次第、公開を再開します.
・「金沢海みらい図書館」
・「福井県立図書館・文書館」

メディア協力

・『近代建築2017年5月号』にて写真提供をさせていただきました.

FC2アクセスカウンター

スポンサーリンク

twitter

facebook

スポンサーリンク