TIME'S - ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)- 建築紹介・建築探訪録        

TIME'S

           
0222:TIME'S メイン

0222 - TIME'S
竣工:1984年(TIME'S I)/ 1991年(TIME'S II)
設計:安藤忠雄
住所:京都府京都市中京区中島町92

皆様どうも. ついに1月も最終日ということで、京都駅・四条・三条と続いた1月京都特集も今回で最終回となります. 三条通における最後のご紹介は、鴨川にかかる三条大橋のすぐ西にある『三条小橋』より、安藤忠雄建築の中でも代表的な商業ビルの一つであるTIME'S(タイムズ)の建築探訪をお送りします. レトロ建築ばかりだった三条通の最後は、現代建築スポットで締めくくりです.
0222:TIME'S 三条通から①

0222:TIME'S 三条通から②

0222:TIME'S 看板

0222:TIME'S 高瀬川より①

0222:TIME'S 高瀬川より②

0222:TIME'S デッキの様子

では最初は三条通からの建物の様子を見ていきます. 建物は京阪・地下鉄三条駅より三条大橋を渡り、少し歩いた先にかかる三条小橋西詰に建っています. 中規模の商業建築の集中的に手掛けた80年代(1984年)の作品ですが、7年後に増築されており、作品集では「TIME'S I・II」と表記するものが多いです. フロア床を打ち放しの横帯で、それ以外を馬目地のコンクリートブロックで仕上げるやり方は「B-LOCK北山」でも見られましたが、時期としてはこちらが先です.

こちらには数回足を運んでいますが、何度見ても驚いてしまうのが、三条小橋の真下を通る『高瀬川』の脇に設けられたテラス(写真4・5枚目)です. 川の水位とテラスレベルが非常に近く、建築のけの字も知らなかった若い頃の私でも『川のテラス』として覚えてしまうほどに、見た目のインパクトは絶大です. 高瀬川は開削による水深数十cmの浅い人口運河ですが、大雨の際の増水や浸水のリスクを考えるとなかなか実現に踏み切れそうにないアグレッシヴな空間です.
0222:TIME'S 入口

0222:TIME'S テナント表

0222:TIME'S 3階フロア①

0222:TIME'S 3階フロア②

0222:TIME'S 3階フロア③

0222:TIME'S 吹き抜けの様子

それでは建物に入っていきます. 何度も来てますが、ちゃんと中に入るのはこれが初. 三条通すぐの壁には案内図とテナント表(写真2枚目)が設置されていますが、テナント10箇所に対して5箇所しか入居していないのは商業として相当厳しそう. さすがに三条通側には店舗は入っていますがね. 三条通からだと低く感じる3階フロア(写真3〜5枚目)は、高瀬川による高低差や植栽・対岸のビルの距離の開きもあって、結構ゆとりのある眺めが形成されているのがナイスです.
0222:TIME'S 2階フロア①

0222:TIME'S 2階フロア④

0222:TIME'S 2階フロア②

0222:TIME'S 2階フロア③

0222:TIME'S 2階フロア⑤

さてこちらは三条通と同じレベルとなる2階フロア. 最初は開けた通路ですが途中から路地並みにグッと狭くなり(写真2枚目)、建物中央部には2階をガラス壁で囲まれた中庭(写真3・4枚目)が出現します. 京町屋の『オク』を連想させますが商業的にはマッチせず、周囲のテナントは全て空という寂しいものに. 設計当初は川を自邸の庭まで引いて再度流すという古い京都の邸宅から発想を得て、建物中央に高瀬川の水を引き込もうとしていたようですが、行政に猛反対されたそうな.
0222:TIME'S 高瀬川そばのデッキ

0222:TIME'S 龍馬通への出入口①

0222:TIME'S 龍馬通への出入口②

0222:TIME'S 龍馬通への出入口③

0222:TIME'S 龍馬通への出入口④

0222:TIME'S 龍馬通から建物をみる

写真1枚目は高瀬川のそばを通る通路から撮影したものですが、やはり自然の川との距離が非常に近いのが個人的に好きです. 琵琶湖疏水や水力発電による近代化など、水との関連が深い京都のまちに水を感じれる場というコンセプトから実現したこの親水建築ですが、東大講義本では高瀬川が一級河川である淀川水系に属することで河川法がかかり、行政側と幾度もの衝突を経て完成に至ったと述べられていました. 建築の実現は苦難の連続です.

そして更に奥へと進むと、細い通路の向こうに出口(写真2枚目)を発見. こちらは坂本龍馬の隠れ家が通り沿いにあることから名付けられた『龍馬通』への出入口(写真3〜5枚目)で、写真からもわかる通り入口が非常に細い. 三条通側は写真でもよく見ますが、反対側はあまり見ないので驚きです. 細いし奥が暗いので、ビルの看板があってもかなり不気味. じつはSD編集部の書籍(1993年 第2刷)に掲載された図面にはこの路地は存在しません. なのでこの入口路地だけは第2期後に増結されたものという予測もしていますが、現状では真相は謎のままです.


というわけで、京都の建築特集ラストとなる安藤建築の紹介はここまでとなります. 路地空間の面白さは非常に良かったものの、商業としての厳しい現実を見てしまった感じはあります. 正直このスペースとある程度のプライベート性もあるのであれば小規模オフィスが適しているような感じもしますが、採算合わないんですかね. 三条に来たら毎回見るので、なくなってほしくはないですね. 京都三条の安藤建築にぜひ、では今回はここまで〜


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

プロフィール

MATŌ

Author:MATŌ
『ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)』は関西の建築好きが日本全国にある建築スポットを実際に探訪し、感想を交えながら紹介するブログです. 西日本多めです. 今までにご紹介した建築記事の一覧を見たい方はこちらへ→「全国建築マップ

記事掲載や掲載写真等のご希望に関しては、こちらの「メールフォーム」からご連絡お願いします.
記事内の誤字・脱字等がありました場合は、コメント欄でご意見いただけると助かります.


◆ 兄弟サイト ◆

ARCHI'RECORDS@Walkingへのリンク

インフォメーション

2017年4月より更新頻度が激減します.
大変申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます.

● 写真健全化に伴い、以下の記事の公開を停止します. 健全化が完了次第、公開を再開します.
・「金沢海みらい図書館」
・「福井県立図書館・文書館」

メディア協力

・『近代建築2017年5月号』にて写真提供をさせていただきました.

FC2アクセスカウンター

スポンサーリンク

twitter

facebook

スポンサーリンク