日本真珠会館 - ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)- 建築紹介・建築探訪録        

日本真珠会館

           
0227:日本真珠会館 メイン

0227 - 日本真珠会館
竣工:1952年
設計:光安義光
住所:兵庫県神戸市中央区東町122
選定:DOCOMOMOセレクション(100選:No.43)

皆様どうも. 今回から神戸特集は旧居留地地区に移ります. 『最もよく設計された東洋居留地』と称された神戸居留地は、1899年の返還後にビジネス街として多くの商社・銀行が立ち並びました. 空襲や震災により多くの建物が姿を消したものの、近代レトロな洋館や銀行建築を活用す動きが高まり、神戸居留地の一つの魅力を形成するまでに至っています. 旧居留地の東地区に建つ日本真珠会館は、当地区における戦後モダニズムのデザインを今に残す数少ない建物です.
0227:日本真珠会館 道路北側から

0227:日本真珠会館 東側外観①

0227:日本真珠会館 東側外観②

0227:日本真珠会館 東側外観③

0227:日本真珠会館 入口部分①

0227:日本真珠会館 入口部分②

まず初めは会館の正面となる東側の様子からみていきます. 高層ビルが乱立する中に、時代に取り残されたかのようにポツンと建っているのが印象的. 2階から上のフロアにはベランダが設け、そのラインまで外枠の壁を張り出させることで乳白色タイルのハコが浮く(写真2枚目)ような仕掛けはまさにモダニズム. 1階の壁を黒、それより上を明るいグリーン(写真4枚目)にすることで、上のフロアを軽い印象として演出. 玄関部分の曲線段差(写真6枚目)も何気に凝ってます.

神戸で真珠というとあまり馴染みがない方も多いと思いますが、元々神戸港は日本の真珠取引の8割(戦前期)を担うほどの真珠産業のまちとして栄えました. これは当時真珠が欧米向けの輸出品として売られ、養殖真珠の産地である三重・四国から最も近い国際港が神戸だったためです. 1950年代には世界の9割のシェアを誇る真珠大国になった勢いもあり、真珠取引の中心となる拠点として1952年に完成したのがこの会館です. 現在1階には『神戸パールミュージアム』という真珠博物館が設けられています.
0227:日本真珠会館 南東角から①

0227:日本真珠会館 南東角から②

0227:日本真珠会館 窓格子①

0227:日本真珠会館 窓格子②

0227:日本真珠会館 丸型の明かりとり

こちらでは主に南側の外観をみています. 交差点からの写真(写真1枚目)みると、2階より上部分のハコが外に張り出している様子がよくわかります. 建物の端から端まで続く水平連続窓(写真2枚目)は、かつて4階に存在した品質検査室に十分な自然光を取り入れるために設けられたもの. 砂時計を模したような独特の窓格子(写真3・4枚目)や、真珠の施設らしい丸型の明り取り(写真5枚目)など、汚れが目立つものの当時からの意匠がそのまま残っているのが実にイイです.

設計を手掛けたのは兵庫県営繕課ですが、その中心的人物として挙げられるのが光安義光(みつやす よしみつ)氏です. 東京工業大学で谷口吉郎氏に師事し、その後は兵庫県営繕課長として『県の建物は県で設計する』というポリシーを胸に戦後の兵庫県公共建築の中心人物として活躍します. 真珠会館は県庁に入って2年後という比較的初期の作品. 50年代の代表的モダニズム建築として評価され2003年にはDOCOMOMO100選、2005年には国指定の有形文化財に登録され、神戸を代表する近代化遺産として残り続けています.
0227:日本真珠会館 入口

0227:日本真珠会館 パールミュージアム

0227:日本真珠会館 ガラスブロック

0227:日本真珠会館 応接室らしき場所

0227:日本真珠会館 廊下

それでは館内へ入っていきます. 2008年に開館した1階のパールミュージアムでは、当館の歴史や真珠の種類・生産過程が無料で展示・公開されています. フロア中央にある『パールツリー』(写真2枚目 中央)と呼ばれる展示には、約1万粒の真珠が使われた大変豪華なものに. 曲げ加工された風除室(写真1枚目 奥)も造形的で素晴らしい. 当時は神戸で2番目となる全自動エレベーターを導入例となるなど先端技術の導入にも積極的で、館内にはそのデザインも数多く残っているようです.
0227:日本真珠会館 階段①

0227:日本真珠会館 階段②

0227:日本真珠会館 トイレ①

0227:日本真珠会館 トイレ②

0227:日本真珠会館 トイレへの注意書き

フロア奥には階段・トイレがあります. 木手摺のシンプルな階段(写真1・2枚目)の先も気になりますが、上の階へはビル関係者以外立ち入り禁止でした. 横手のトイレスペースの仕切りガラス(写真3・4枚目)は細かい粒にビッシリと覆われた、まさに真珠のような煌びやかなデザイン. 見るだけでも飽きないガラスですが、扉を一気に開け閉めすると割れてしまうくらいデリケート(写真5枚目)な代物なので、トイレを利用する際は注意してください.

阪神・淡路大震災では軽い損傷だけで済み、当時のモダニズムの雰囲気が綺麗に残る施設としても貴重なこの会館. 訪問時期は去年の夏だったのですが、去年12月に実査された建物公開の新聞記事記事URLでは建て替え予定とハッキリ書かれており、数年以内に消える可能性が濃厚となっています. うまい活用性が見つからなかったのでしょうか、個人的には非常に残念です. 興味のある方は、取り壊される前にぜひ真珠会館へお越しください. では今回はここまで〜


◆ このスポットに関連する建築マップ
神戸建築マップ(神戸港編) - 神戸港周辺をメインとした建築マップ


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

プロフィール

MATŌ

Author:MATŌ
『ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)』は関西の建築好きが日本全国にある建築スポットを実際に探訪し、感想を交えながら紹介するブログです. 西日本多めです. 今までにご紹介した建築記事の一覧を見たい方はこちらへ→「全国建築マップ

記事掲載や掲載写真等のご希望に関しては、こちらの「メールフォーム」からご連絡お願いします.
記事内の誤字・脱字等がありました場合は、コメント欄でご意見いただけると助かります.


◆ 関連サイト ◆

インフォメーション

パソコン不良により、2017年11月の更新が遅れております. 大変申し訳ございません.

「Archi'records@walking」を閉鎖しました、今後当機能は「Archi'records@instagram」に引き継がれます. よろしくお願い申し上げます.

● 写真健全化に伴い、以下の記事の公開を停止します. 健全化が完了次第、公開を再開します.
・「金沢海みらい図書館」
・「福井県立図書館・文書館」

メディア協力

・『近代建築2017年5月号』にて写真提供をさせていただきました.

FC2アクセスカウンター

スポンサーリンク

twitter

facebook

スポンサーリンク