神戸郵船ビル - ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)- 建築紹介・建築探訪録        

神戸郵船ビル

           
0236:神戸郵船ビル メイン

0236 - 神戸郵船ビル(旧日本郵船神戸支店)
竣工:1918年
設計:曾禰中條建築事務所
住所:神戸市中央区海岸通1-1-1

皆様どうも. 前回の「海岸ビル」で海岸通沿いに建つ旧居留地エリアの近代建築は終了したわけですが、旧居留地地区よりさらに西側にも、海岸通り沿いに歴史ある近代建築がいくつか現存します. その一つが居留地地区のすぐ西に建つ神戸郵船ビルです. 当ビルは「慶応義塾大学図書館」や「旧三井銀行小樽支店」を代表作とする曾禰中條建築事務所の設計. 阪神・淡路大震災を耐え抜いて現存する、来年には築100年を迎える近代建築です.
0236:神戸郵船ビル 波止場前交差点より

0236:神戸郵船ビル 正面外観①

0236:神戸郵船ビル 正面外観②

0236:神戸郵船ビル 正面入口①

0236:神戸郵船ビル 正面入口②

0236:神戸郵船ビル 領事館プレート

郵船ビルは『メリケンパーク』の東玄関となるメリケン波止場前交差点の角地に建つ石張り3階建ての建物. 東西に長い建物ですが、メインのファサードは居留地に向いた東側(写真2枚目)です. 建物中央部と全体的に前に押し出し、入口両脇にドリス柱を2本ずつ. その真上に設けられた奥行きの深い半円アーチ(写真3枚目)はネオバロックを意識しているように感じます. 入口のペディメント(写真4・5枚目)は、渦巻きの流線的なデザインがとてもオシャレです.

川崎汽船・商船三井と並ぶ3大海運会社『日本郵船』の神戸支店として計画された郵船ビルは、当時はまだ珍しかった鉄骨やRCによる複合構造を取り入れて完成した、神戸港における現代素材建築のパイオニア的存在. 竣工当時は屋上にドーム屋根が存在しましたが、1945年の神戸大空襲により焼失. 郵船ビルが建てられる前は『メリケン』の由来となった神戸初の米国領事館が建っていたようで、交差点側にそれを記念したプレート(写真6枚目)が設置されています.
0236:神戸郵船ビル 海岸通側外観①

0236:神戸郵船ビル 海岸通側外観②

0236:神戸郵船ビル 海岸通側外観③

0236:神戸郵船ビル 海岸通側外観④

0236:神戸郵船ビル 海岸通側入口①

0236:神戸郵船ビル 海岸通側入口②

こちらは海岸通に面する南側のファサードです. ビルは全体的に曾禰中條事務所が得意とした古典様式で、2階上部の軒蛇腹(コーニス)を境に下層はドリス式、上層はコリント式を基調とした2層構成になっています. 窓の装飾(写真3枚目)や南側入口の扉(写真6枚目)にみられる植物のような曲線デザインは、当時まだ流行にあったアール・ヌーヴォーに影響されたものでしょうか. 入口の三角ペディメント(写真5枚目)も立派なもので、両脇に飾られた真珠の装飾が素敵です. これは当時盛況だった真珠貿易を反映させたものですね.

この建物も1995年の阪神・淡路大震災の被害を受けました. しかし偶然にもその前年に耐震補強工事を実施しており、結果的に軽微な被害で収まったそうで、なんとも運の良い建築だな〜と思います. 日本郵船支店の役目を終えた現在はテナントビルとして活用されており、1階は紳士服店として営業されていました.
0236:神戸郵船ビル 北側外観①

0236:神戸郵船ビル 北側外観②

0236:神戸郵船ビル 北側外観③

0236:神戸郵船ビル 西側外観

最後は北側(写真3枚目まで)と西側(写真4枚目)の外観を見ていきます. こちら側にまではコーニスはまわっておらず、扱いとしては完全に裏手です. 北側では先程と別の窓格子(写真3枚目まで)を発見. こちらもデザインがオシャレです. 西側も白一色のザ・ビル裏という感じですが、北側の一部開口がアーチ状になっている(写真4枚目 左)のが気になりました. あそこは元々重役室だったのでしょうかね.

今回で海岸通に連続して並ぶ近代建築は一通り紹介し終えることになります. 見返してみると日本郵船(このビル)・商船三井(「商船三井ビルディング」)・川崎汽船(「神港ビル」)と、現在も日本をリードする海運企業がこぞって海岸通に自社ビルを構えた激戦時代の名残が、今の海岸通の街並みの多くを形成しているんだと気付かされます. 今後も大きな危機に見舞われることなく街並み資源として残ってほしいものです. 海岸通の建物は次回で最終回です.


◆ このスポットに関連する建築マップ
神戸建築マップ(神戸港編) - 神戸港周辺をメインとした建築マップ


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

プロフィール

MATŌ

Author:MATŌ
『ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)』は関西の建築好きが日本全国にある建築スポットを実際に探訪し、感想を交えながら紹介するブログです. 西日本多めです. 今までにご紹介した建築記事の一覧を見たい方はこちらへ→「全国建築マップ

記事掲載や掲載写真等のご希望に関しては、こちらの「メールフォーム」からご連絡お願いします.
記事内の誤字・脱字等がありました場合は、コメント欄でご意見いただけると助かります.


◆ 兄弟サイト ◆

ARCHI'RECORDS@Walkingへのリンク

インフォメーション

2017年4月より更新頻度が激減します.
大変申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます.

● 写真健全化に伴い、以下の記事の公開を停止します. 健全化が完了次第、公開を再開します.
・「金沢海みらい図書館」
・「福井県立図書館・文書館」

メディア協力

・『近代建築2017年5月号』にて写真提供をさせていただきました.

FC2アクセスカウンター

スポンサーリンク

twitter

facebook

スポンサーリンク