豊岡市民会館 - ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)- 建築紹介・建築探訪録        

豊岡市民会館

           
0246:豊岡市民会館 メイン

0246 - 豊岡市民会館
竣工:1971年
設計:増田友也(京都大学増田研究室)
住所:兵庫県豊岡市立野町20-34

皆様どうも. 4月最終日の投稿となる今回で、兵庫県豊岡の建築スポット紹介は一旦のゴールとなります. 結局予定をしていた和歌山の特集にまで漕ぎ付けることができませんでしたが、こちらは来月の特集に持ち込ませていただきたく存じます. 豊岡ラストの建築は、豊岡市中心部から少し東を流れる戸牧川沿いに建つ豊岡市民会館の探訪レポートをお送りします.
0246:豊岡市民会館 北側より①

0246:豊岡市民会館 北側より②

0246:豊岡市民会館 北側より③

0246:豊岡市民会館 全体を眺める

0246:豊岡市民会館 西側より

市民会館は「旧豊岡町役場」「豊岡1925」のある市の中心部から少し西に離れており、駅からは徒歩20分程度の時間を要します. 途中には『カバンストリート』として有名な宵田商店街があるので、巡りながら進むといいでしょう. 道路の奥に見えてくる真っ白な建物(写真1枚目)が見えてくれば、それが市民会館. 所々が打ち放しコンクリで豪快に仕上げられた力強いデザインにグッときます.
0246:豊岡市民会館 ブリッジから①

0246:豊岡市民会館 ブリッジから②

0246:豊岡市民会館 ブリッジから③

0246:豊岡市民会館 ブリッジから④

0246:豊岡市民会館 ピロティより①

0246:豊岡市民会館 ピロティより②

1972年に竣工した建物は「鳴門市庁舎・市民会館」や「京都大学総合体育館」を手掛けたことでも知られる増田友也氏率いた京都大学増田研究室の設計です. 京都や瀬戸内に作品を数多く残す増田研ですが、山陰での作品はこの市民会館ぐらいのものだと思います. 2014年に耐震化を兼ねた大規模リニューアル工事を行っており、外壁はピカピカの状態になっていました. ホール外壁には豊岡のシンボル・コウノトリのレリーフ(トップ写真)が掲げられています.
0246:豊岡市民会館 東側より①

0246:豊岡市民会館 東側より②

0246:豊岡市民会館 東側より③

0246:豊岡市民会館 エントランス部の開口①

0246:豊岡市民会館 エントランス部の開口②

建物として際立つのはホワイトの外壁ですが、この建築のミソは造形力豊かな打ち放しでしょう. 増田氏はコルビュジエを神様のように慕っていたようで、わずかに見えるカラフルな窓(前セクションの写真4枚目)や、奥行きの深い庇にリズミカルな窓割が並ぶ様子(写真2枚目)は、コルビュジエの影響を受けたものと思われます. 打ち放しとホワイトの組み合わせはロンシャン教会に近い雰囲気ですが、形態的にはハコの組み合わせによる現代モダニズムなのがある種独特です.

内部は撮影ご遠慮ということでしたが、コルビュジエ譲りの窓割によって大きく開口が開けられた玄関ホール(写真4・5枚目はその開口を外側から撮影)はなかなかにカッコよかったです. 『西の増田研』が手掛けた豊岡のモダニズム建築へ、豊岡の復興レトロ建築巡りとセットで見学することをお薦めします.


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

プロフィール

MATŌ

Author:MATŌ
『ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)』は関西の建築好きが日本全国にある建築スポットを実際に探訪し、感想を交えながら紹介するブログです. 西日本多めです. 今までにご紹介した建築記事の一覧を見たい方はこちらへ→「全国建築マップ

記事掲載や掲載写真等のご希望に関しては、こちらの「メールフォーム」からご連絡お願いします.
記事内の誤字・脱字等がありました場合は、コメント欄でご意見いただけると助かります.


◆ 関連サイト ◆

インフォメーション

パソコン不良により、2017年11月の更新が遅れております. 大変申し訳ございません.

「Archi'records@walking」を閉鎖しました、今後当機能は「Archi'records@instagram」に引き継がれます. よろしくお願い申し上げます.

● 写真健全化に伴い、以下の記事の公開を停止します. 健全化が完了次第、公開を再開します.
・「金沢海みらい図書館」
・「福井県立図書館・文書館」

メディア協力

・『近代建築2017年5月号』にて写真提供をさせていただきました.

FC2アクセスカウンター

スポンサーリンク

twitter

facebook

スポンサーリンク