俳聖殿 - ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)- 建築紹介・建築探訪録        

俳聖殿

           
0253:俳聖殿 メイン

0253 - 俳聖殿
竣工:1942年
設計:伊東忠太
住所:三重県伊賀市上野丸之内117-4

皆様どうも. 春の近畿探訪記の2件目の舞台は三重県伊賀市です. 合併消滅した旧上野市の名称も合わせて伊賀上野とも称される当市は、伊賀忍者でも知られる『伊賀流忍術』の本拠地としても有名で、三重県内陸部を代表する観光都市でもあります. その街の中心部に展開する上野公園の敷地の敷地北側にポツンと、森の中に鎮座するユニークな木造建築 俳聖殿があります. 今回はこちらの探訪レポートをお送りします.
0253:俳聖殿 伊賀上野駅①

0253:俳聖殿 伊賀上野駅②

0253:俳聖殿 国道から上野城をみる

0253:俳聖殿 上野城址入口

0253:俳聖殿 上野城

今回はJR関西本線の伊賀上野駅から. パープルカラーの1両気動車(写真1枚目)にトコトコと揺られながら駅に到着. 伊賀市におけるJRの中心的な駅でありながら、周辺に店は少なく閑散としています. それもそのはずで、当市の中心部はここから伊賀鉄道に乗り換える必要があります. が、鉄道の乗り換え待ちが長かったこともあり国道を南下しながら歩くことに. 柘植川をまたぐ橋上(写真3枚目)からは、中央にしっかりと上野城が見えています.

城址公園の入口付近(写真4枚目)を掲載しながらご説明しますと. 上野城は慶長期に立藩した伊賀上野藩の居城として筒井定次の手により築城され、後に伊勢津藩の藤堂高虎によって大改修が行われました. それ以降は江戸後期まで藤堂氏を城代とした城下町が形成. 上野城址は国の史跡に指定されています. 先ほど見えた層塔型3層3階の天守(写真5枚目)は昭和初期建造の模造天守で、「伊賀文化産業城」という名称がついています. 実際に登りましたが、眺めはなかなかいいです.
0253:俳聖殿 遠目から

0253:俳聖殿 茶室入口のような門

0253:俳聖殿 外観全体①

0253:俳聖殿 外観全体②

0253:俳聖殿 2階部分

俳聖殿は天守を通り過ぎた公園内の北側にあります. 茶室の入口のような門(写真2枚目)をくぐり抜けると、緑の開けた場所の奥にひっそりと建っています. 寺院の多宝塔のような木造建築ですが相輪はなく、美しい反りと湾曲が連続した桧皮葺の屋根が、建物の印象をとても気さくでユニークなものにしています. 周辺からは凛とした佇まいを見せながらも、建物としてはとても可愛らしい、そんな面白い二面性をもった建物です.

この俳聖殿は『おくのほそ道』でも有名な俳聖・松尾芭蕉の生誕300年を記念して1942年に建てられた近代木造建築. 私は現地で知ったのですが、芭蕉の出身地はここ伊賀市(当時の伊賀国)です. 建物は「築地本願寺」を代表作にもつ建築史家・伊東忠太氏が設計に関わった後期作で、芭蕉の旅姿を建築に表現するという珍しいアイデアから建てられたものです. 伝統建築をベースとした自由かつ独創的な造形は価値として高く、2010年に国の重要文化財に指定されました.
0253:俳聖殿 建物の入口部分①

0253:俳聖殿 建物の入口部分②

0253:俳聖殿 建物の側部

0253:俳聖殿 廻廊の柱土台

0253:俳聖殿 丸材の垂木

もう少し近い位置から撮影したものを. 堂内には伊賀焼で仕上げられた等身大芭蕉座像が安置されています. 形が形なだけに寺院の多宝塔と比較してしまいがちですが、黄土色の壁という茶室らしい色合いや斗栱などの装飾を排したモダニズムな意匠が実にいい. 柱や梁、垂木に丸材が使われるのもポイントで、素材にも軟かい感じがでているのが面白いです. 多宝塔という伝統的で神聖なイメージと、茶室のような穏やかな意匠がミックスした意欲的な木造建築といえます.

建物を総括して茶室のようといいましたが、俳人である芭蕉自身も『笈の小文』にて千利休に言及しており、俳句と茶の湯(茶室)はとても相性の良いものだなと、そんな発見がありました. 双方侘び寂びを示す日本文化ですし. 伊藤氏が伊賀で手がけた近代建築は想像以上にユニークでした. じつは当日上野公園には観光客も多くいたのですが、みんな近くの「忍者博物館」にゾロゾロと並んでいました. この探訪記を機に、俳聖殿にも足を運ぶ人が増えることを願います.


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

プロフィール

MATŌ

Author:MATŌ
『ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)』は関西の建築好きが日本全国にある建築スポットを実際に探訪し、感想を交えながら紹介するブログです. 西日本多めです. 今までにご紹介した建築記事の一覧を見たい方はこちらへ→「全国建築マップ

記事掲載や掲載写真等のご希望に関しては、こちらの「メールフォーム」からご連絡お願いします.
記事内の誤字・脱字等がありました場合は、コメント欄でご意見いただけると助かります.


◆ 兄弟サイト ◆

ARCHI'RECORDS@Walkingへのリンク

インフォメーション

2017年4月より更新頻度が激減します.
大変申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます.

● 写真健全化に伴い、以下の記事の公開を停止します. 健全化が完了次第、公開を再開します.
・「金沢海みらい図書館」
・「福井県立図書館・文書館」

メディア協力

・『近代建築2017年5月号』にて写真提供をさせていただきました.

FC2アクセスカウンター

スポンサーリンク

twitter

facebook

スポンサーリンク