国際東船場113ビル - ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)- 建築紹介・建築探訪録        

国際東船場113ビル

           
0259:旧高原ビル メイン

0259 - 国際東船場113ビル(旧高原ビル)
竣工:1932年
設計:鈴木禎次
住所:徳島県徳島市東船場町1-13

皆様どうも. 徳島建築2件目は、徳島市の中心市街地である新町地区からのご紹介です. 新町川から眉山北東部までの一帯を占める『新町地区』は、江戸期の蜂須賀氏藩政下から町人街として整備されました. 近年はJR徳島駅付近(内町地区)に賑わいがありますが、以前は徳島県最大の繁華街として盛況を博したそうです. その地区の一角に建つ 国際東船場113ビルの旧館部分(名称:高原ビル)は、徳島市中心部に残る数少ないレトロ建築の一つとして知られています.
0259:旧高原ビル 眉山を見る

0259:旧高原ビル 遠方から

0259:旧高原ビル 正面外観

0259:旧高原ビル 塔屋部の装飾

0259:旧高原ビル 上下窓

0259:旧高原ビル コーニスの装飾

JR徳島駅からまっすぐ南へ伸びる『新町橋通り』に沿って歩き、新町橋を渡りきると新町地区に到着. 新町橋通りの奥には徳島市街地を一望できる『眉山(びざん)』や「阿波おどり会館(設計:東畑建築事務所)」(写真1枚目)が見えますが、目的のビルは橋を渡ってすぐ南へ伸びる一方通行道路の先にあります. ビルのある東船場町は数社の銀行支店が並び、かつては日本銀行事務所が設置された(現在は西船場町)こともあるほどの金融街として栄えました.

雑居ビルが立ち並ぶ街並みの中に、茶褐色スクラッチタイルの鮮やかな外壁が目立つレトロな建物が見えてくると到着です. ビルは北側の一部を塔屋のように盛り上げたRC造3階建て. 上下に大きく開放的に設けられた上げ下げ窓(写真4枚目)がいい感じです. 塔屋部の2階から3階の窓にかかる付け柱の装飾(写真3枚目)や、コーニスの真下に飾られたいささかアラビア風な装飾(写真5枚目)など、外観主要部に飾られたテラコッタ装飾がとても魅力的です.
0259:旧高原ビル 裏手の新館

0259:旧高原ビル 玄関部分

0259:旧高原ビル 北側の扉

0259:旧高原ビル 水平庇

0259:旧高原ビル 丸窓

当ビルは石油等の卸売業を営む『高原商店』の社屋として1932年に竣工. 東船場町は金融街と先述しましたが、こちらも完成当初は『阿波農工銀行』の本店として使用されたことも. 設計は名古屋近代建築の祖・鈴木禎次氏で、本サイトでは「高島屋東別館」で初紹介しています. 1945年に壊滅的な被害を受けた徳島空襲を耐えた稀少な戦前建築であり、現在は裏手の「新館」(写真1枚目 奥)と一体化させて「国際東船場113ビル」の一部として活用されています.

写真2枚目以降は主に1階部分のデザインに注目して撮影したものを掲載. 水平性を強調させつつ、途中でカクンと曲がる庇(写真2〜4枚目)がユニーク. 北側にある扉周りの石装飾(写真3枚目)に、並々ならぬ重厚感があります. 南側にある丸窓の幾何学模様を組み合わせた飾り装飾(写真5枚目)も、なかなかオツなデザインでした.
0259:旧高原ビル ビル玄関奥をみる

0259:旧高原ビル 新館部分①

0259:旧高原ビル 新館部分②

0259:旧高原ビル 新館部分③

0259:旧高原ビル 新館部分④

内部は新館増結時に大きく改修されたと思われ、ビルの玄関(写真1枚目)を入ると新町川沿いの遊歩道(写真2枚目)に出られるようになっています. 新町川沿いに建つ新館は、一部のカーテンウォールが湾曲した現代チックな建物. ビル内にはカフェやゲストハウス、全国的な知名度のあるアニメ制作会社のスタジオやその直営カフェがあったりと、かなり今風なコンテンツが充実した面白いビルです. 新町川の奥(写真4枚目)には前回紹介した「徳島県郷土文化会館」が見えています.

高原ビルの2階部分は「新町川文化ギャラリー」として一般利用されており、徳島空襲の戦災を防いだドイツ製亀甲網入窓ガラスや当時からの躯体などを直に見ることができます. 当日は時間の都合で長居できなかったのですが、先述の窓ガラスは戦火で亀裂が入った状態で保存されているようです. 戦前の徳島の盛況ぶりを今に残すレトロビルが、市民交流という形でオープンに活用されていることは大変素晴らしく感じました. 徳島駅から近いので、ぜひ一度ご来訪ください.


※ Googlemapでは「国際東船場113ビル」として表示されています
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

プロフィール

MATŌ

Author:MATŌ
『ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)』は関西の建築好きが日本全国にある建築スポットを実際に探訪し、感想を交えながら紹介するブログです. 西日本多めです. 今までにご紹介した建築記事の一覧を見たい方はこちらへ→「全国建築マップ

記事掲載や掲載写真等のご希望に関しては、こちらの「メールフォーム」からご連絡お願いします.
記事内の誤字・脱字等がありました場合は、コメント欄でご意見いただけると助かります.


◆ 関連サイト ◆

インフォメーション

パソコン不良により、2017年11月の更新が遅れております. 大変申し訳ございません.

「Archi'records@walking」を閉鎖しました、今後当機能は「Archi'records@instagram」に引き継がれます. よろしくお願い申し上げます.

● 写真健全化に伴い、以下の記事の公開を停止します. 健全化が完了次第、公開を再開します.
・「金沢海みらい図書館」
・「福井県立図書館・文書館」

メディア協力

・『近代建築2017年5月号』にて写真提供をさせていただきました.

FC2アクセスカウンター

スポンサーリンク

twitter

facebook

スポンサーリンク