加賀片山津温泉 総湯 - ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)- 建築紹介・建築探訪録        

加賀片山津温泉 総湯

           
0264:加賀片山津温泉総湯 メイン

0264 - 加賀片山津温泉 総湯
竣工:2012年
設計:谷口吉生
住所:石川県加賀市片山津温泉乙65-2

皆様どうも. 石川県南部特集2件目となる今回からは、加賀温泉へと舞台を移します. 金沢駅から特急電車で30分(普通電車で45分)程と比較的近い場所にあるJR加賀温泉駅. その付近一帯は、金沢を代表する温泉集積地『加賀温泉郷(加賀四湯)』のうち山代、山中、片山津の3温泉が展開する一大温泉地として知られます. その温泉地のひとつ、片山津温泉の共同浴場として近年オープンした加賀片山津温泉 総湯は、建築家・谷口吉生氏設計の美しい現代建築です.
0264:加賀片山津温泉総湯 加賀温泉駅

0264:加賀片山津温泉総湯 駅の奥の大観音

0264:加賀片山津温泉総湯 片山津行きバス

0264:加賀片山津温泉総湯 総湯前バス停

0264:加賀片山津温泉総湯 道路から建物をみる

まずはJR加賀温泉駅から. 現在は北陸新幹線延伸に向けて仮説駅舎で営業中. 駅の裏には高さ73mの巨大観音像(写真2枚目)が見えています. 現在はJRの各特急が停車する加賀市の拠点駅ですが、当初は『作見駅』という普通電車しか止まらない駅でした. 1960年代、この両隣にある大聖寺・動橋の両駅が加賀温泉郷の玄関として特急停車駅をめぐり激しい争奪戦に. 腹に据えかねたJRは、その間にある作見駅を加賀温泉駅として特急駅に格上げして決着させるという、極めて異例の経緯で誕生した駅です. 普通駅から将来新幹線駅へ、いや〜大出世ですね.

駅から各温泉地への移動はバスか車(レンタカー)になります. 片山津行きの路線バス(写真3枚目)は日中2時間に1本と少ないので、バス利用の際は時間に注意しましょう. ただ、乗ってしまえば総湯の手前にバス停(写真4枚目)があるので移動は楽です. 加賀三湖のひとつ『柴山潟(しばやまがた)』の南西岸に展開する片山津温泉は明治期から開発された、加賀温泉郷の中では最も新しい湖畔温泉地. 総湯は柴山潟の湖岸に近い場所に建つ、ガラス張りが特徴的な建物です.
0264:加賀片山津温泉総湯 看板

0264:加賀片山津温泉総湯 正面外観

0264:加賀片山津温泉総湯 スロープを横から

0264:加賀片山津温泉総湯 正面に広がる森

0264:加賀片山津温泉総湯 ガラス壁を全体的に見る

0264:加賀片山津温泉総湯 横手に柴山潟

まずは建物正面となる南西側の外観の様子を. 施設名が取り付けられた奥に長いコンクリ壁(写真1・3枚目)、スロープの先に見えるガラスカーテンウォールの向こうには、建物内を歩く人の様子がハッキリと確認できます(写真2枚目). 手前は芝と緑の公園空間(写真4・5枚目)として整備され、奥には雄大な柴山潟の眺望(写真6枚目)が望める見事な自然のロケーション. 美術館と見間違えそうなアート要素満載の建築、これを知識なしで共同浴場だと見抜ける方は滅多にいないでしょう.

こちらは片山津温泉街の中心にあった旧総湯から場所を湖畔寄りに移し、2012年4月に新築オープンした片山津温泉の6代目総湯. 『総湯(そうゆ)』とは共同浴場のことで、近隣住民の集いの場としての役割を持っていたとされています. 設計は「丸亀市猪熊弦一郎現代美術館」「豊田市美術館」等の設計者でもある、繊細かつ美しい現代建築を作風とする建築家・谷口吉生氏. 当初は『街湯(まちゆ)』という名称でしたが、2014年10月に現在の名前に変わりました.
0264:加賀片山津温泉総湯 湖畔道への道

0264:加賀片山津温泉総湯 柴山潟側外観①

0264:加賀片山津温泉総湯 柴山潟側外観②

0264:加賀片山津温泉総湯 柴山潟側外観③

0264:加賀片山津温泉総湯 柴山潟側外観④

0264:加賀片山津温泉総湯 柴山潟側外観⑤

0264:加賀片山津温泉総湯 デッキからの柴山潟

別のスロープの先に柴山潟側へ通じる通路(写真1枚目)があるので、建物の真下をくぐって反対側へきました. 緑に覆われていた正面とは打って変わり、こちらは少し手を伸ばせば水面に届きそうな程に近づける階段広場(写真3枚目)が整備された湖岸空間です. ガラスファサードもこちら側からの方が見学しやすく、雄大な柴山潟の景色や空の風景がガラスに映り込んでいて、とても気持ちがいいです. この柔順に美しいガラス建築は、同じく谷口氏設計の「葛西臨海公園展望広場レストハウス」と非常に似た雰囲気を感じさせます. ここから北西に遊歩道が伸び、湖岸の情景を歩きながら楽しめるのもいい感じです.
0264:加賀片山津温泉総湯 スロープを上る

0264:加賀片山津温泉総湯 ガラス奥の階段①

0264:加賀片山津温泉総湯 ガラス奥の階段②

0264:加賀片山津温泉総湯 2階デッキ①

0264:加賀片山津温泉総湯 2階デッキ②

0264:加賀片山津温泉総湯 2階デッキ③

0264:加賀片山津温泉総湯 2階デッキ④

外観も一通り見たので、建物へと進んでいきます. スロープからのアプローチ(写真1枚目)が美しすぎて、到底公共浴場に見えないな〜というのが率直な感想. 玄関のすぐ横に2階へ上がれそうな階段(写真2・3枚目)を見つけたので少し寄り道. スケスケなのが若干怖い階段を昇ると、そこは柴山潟を一望できる野外テラス(写真4枚目以降)です. 潟の向こうには白山連峰もうっすらと見えており、曇り天気だったのが悔やまれます. これでも前日は晴れ予報だったんですけどね.

テラスからだと葛西のレストハウスと同様のキュービックなガラスを感じられる部分もありますが、大きく違うのは一部のガラスファサードが独立してテラスにまで張り出している(写真7枚目)ところ. あえてガラスを突き出すことでハコ型としての閉鎖感を和らげ、時にガラスは内外の境に、ある時は空を透過させ、またある時は潟の情景を映し込むスクリーンのような印象を受けました.
0264:加賀片山津温泉総湯 玄関

0264:加賀片山津温泉総湯 階段

0264:加賀片山津温泉総湯 潟側

0264:加賀片山津温泉総湯 森側

0264:加賀片山津温泉総湯 1階その他①

0264:加賀片山津温泉総湯 1階その他②

それでは館内へ. 受付の方に趣旨を説明して、内観掲載のOKをいただいております. 1階は中央に受付と階段、両脇に男湯・女湯への入口があるだけで、外から見たよりも非常にコンパクトな内部です. ガラスの一方は柴山潟(写真3枚目)を、 もう一方は森や芝(写真4枚目)という対照的な自然の風景を見られるのがいいですね. 2階は『まちカフェ』というカフェなのですが、来たのが朝7時ごろ早かったため開店前(朝10時から)につき上がれず. 粘ってもよかったものの、昼には金沢入りしたく断念しました. 次はカフェ開店中に来たいです.

総湯には柴山潟を眺められる『潟の湯』と森を眺められる『森の湯』という2つの湯があり、日ごとに男湯・女湯の位置が変わるのが特徴. 入浴料440円(タオル等は別途)を支払って今回入ったのは『潟の湯』. 潟の眺望が見たかったので、個人的に当たりです. 温泉は塩化物泉、つまり塩辛い泉質. グリーンスレートの床や、潟を一望できる浴槽に入りながら、谷口デザインの温泉空間を満喫. 石川来訪の際には毎度来たいと思わせてくれる、素晴らしい温泉建築でございました.


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

プロフィール

MATŌ

Author:MATŌ
『ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)』は関西の建築好きが日本全国にある建築スポットを実際に探訪し、感想を交えながら紹介するブログです. 西日本多めです. 今までにご紹介した建築記事の一覧を見たい方はこちらへ→「全国建築マップ

記事掲載や掲載写真等のご希望に関しては、こちらの「メールフォーム」からご連絡お願いします.
記事内の誤字・脱字等がありました場合は、コメント欄でご意見いただけると助かります.


◆ 関連サイト ◆

インフォメーション

パソコン不良により、2017年11月の更新が遅れております. 大変申し訳ございません.

「Archi'records@walking」を閉鎖しました、今後当機能は「Archi'records@instagram」に引き継がれます. よろしくお願い申し上げます.

● 写真健全化に伴い、以下の記事の公開を停止します. 健全化が完了次第、公開を再開します.
・「金沢海みらい図書館」
・「福井県立図書館・文書館」

メディア協力

・『近代建築2017年5月号』にて写真提供をさせていただきました.

FC2アクセスカウンター

スポンサーリンク

twitter

facebook

スポンサーリンク