ミライザ大阪城 - ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)- 建築紹介・建築探訪録        

ミライザ大阪城

           
0283:ミライザ大阪城 メイン

0283:ミライザ大阪城(旧第四師団司令部庁舎)
竣工:1931年
設計:陸軍第四師団経理部
住所:大阪府大阪市中央区大阪城1-1

皆様どうも. 今回取り上げるのは大阪城本丸内に建つミライザ大阪城です. こちらは昭和初期に建造された陸軍司令部庁舎をリノベーションし、今年(2017年)の10月19日にオープンした商業施設です. 装い新たに生まれ変わった近代建築スポットを、オープンから間もない探訪写真とともにお送りしていきます.
0283:ミライザ大阪城 大阪城公園①

0283:ミライザ大阪城 大阪城公園②

0283:ミライザ大阪城 大阪城公園③

0283:ミライザ大阪城 大阪城天守

0283:ミライザ大阪城 大阪城の横にあるミライザ

0283:ミライザ大阪城 ミライザと奥の大阪城

では、地下鉄森ノ宮駅から大阪城公園内を歩いていきます. 公園は上町台地の北端部に位置していて、環状線側から歩くと途中から急な上り坂になり、軽い山登りをする感じに. 本丸を中心に広大な緑が広がる大阪の代表的公園ですが、戦前この一帯は陸軍施設が集積していました. 特に本丸から東側は東洋最大規模の軍需工場と称された『大阪砲兵工廠(ほうへいこうしょう)』があったことでも有名. 現在その跡地は「大阪城ホール」や大阪ビジネスパークのビル群が建ち並びます.

本丸への入口となる「桜門」(写真3枚目)をくぐると、「大阪城天守」(写真4枚目)と目的のミライザ(写真5枚目)が見えてきます. 写真6枚目をみると、ミライザが天守のすぐ南東に建っていることがよくわかります. 公園のシンボルとなっている天守は、昭和復興天守として1931年に竣工した3代目. 昭和初期の鉄筋コンクリート造天守です. 再建を提唱したのは『大阪の父』と評された7代目大阪市長・関一氏で、現在は展望台を兼ねた博物館施設になっています.
0283:ミライザ大阪城 正面外観①

0283:ミライザ大阪城 正面外観②

0283:ミライザ大阪城 正面入口

0283:ミライザ大阪城 入口

0283:ミライザ大阪城 外観ファサード

0283:ミライザ大阪城 両翼端部

こちらでは外観写真を載せながら軽く解説を. こちらの戦前建築は昭和天皇陛下の即位(御大典)を機に、大阪を編成地とする『陸軍第4師団』の司令部庁舎として復興天守と同時期に建てられました. 地上3階地下1階の4フロア構成で、同時期に竣工した都道府県庁舎に匹敵する大規模な司令部. 中央塔屋の両脇(写真2枚目)や建物四隅(写真6枚目)に設けられた塔のデザインが、西洋の古城を想起させます. 和風の大阪城の傍にこの洋のデザイン、なかなかにアグレッシブです.

外観は玄関に半円アーチ(写真3枚目)のロマネスクの意匠をもちながら、基壇の石、中層のスクラッチタイル、屋上部のモルタル(推測)による三層ファサード(写真5枚目)はルネッサンス様式に近い雰囲気もあります. 米軍の接収後は警察本部庁舎として、1960年からは大阪市立博物館として運用されてましたが2001年に移転. それから約16年にわたり未使用の状態が続き、解体の噂もされていましたが、今回ようやく商業施設として生まれ変わりました. よかった.
0283:ミライザ大阪城 階段①

0283:ミライザ大阪城 階段②

0283:ミライザ大阪城 当時のパネル

0283:ミライザ大阪城 階段③

0283:ミライザ大阪城 階段④

0283:ミライザ大阪城 階段⑤

それでは入館. 受付に確認したら撮影・掲載もご自由にとのことでした、ありがとうございます. ご覧の通り内部も綺麗に修繕されてピカピカですが、リニューアル前から存在した中央階段や廊下のアーチのデザインなども引き継がれている模様. 館内の随所には昔の様子を捉えた写真パネル(写真3枚目)が設置され、現在の風景と比較できるようになっています. 陸軍施設を商業施設に転用するという大胆な発想、いかにも商人のまち・大阪らしくて良いと思いました.
0283:ミライザ大阪城 1階廊下

0283:ミライザ大阪城 1階のシャンデリア

0283:ミライザ大阪城 各階廊下①

0283:ミライザ大阪城 各階廊下②

0283:ミライザ大阪城 各階廊下③

こちらは各階の廊下を中心に撮影したもの. 空調設備などでアーチが塞がっている部分がわずかにありますが、空調のない方向のアーチを残している(写真3枚目 右奥)ので大きな違和感はありません. 2階以上はレストランフロアですが、廊下部分は自由に通り抜けOKとのこと. ここ以外にも季節限定で営業される屋上テラスや、今後オープン予定の地階もあるので、こちらも行け次第更新したいです.

私がこの建物を知ったのが2010年頃だったのですが、その時期から既に施設の廃墟チックな雰囲気や解体の噂が立っていたので、この活用は正直意外でした. 内部意匠の残り具合も良かったので、近代建築のリノベーション活用としてはなかなか良い例になるかと思います. 大阪城に近いので観光目的の外国人も多く、今後はそんなグローバル向けの商業拠点になるんじゃないかと思っています. それでは.


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

プロフィール

MATŌ

Author:MATŌ
『ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)』は関西の建築好きが日本全国にある建築スポットを実際に探訪し、感想を交えながら紹介するブログです. 西日本多めです. 今までにご紹介した建築記事の一覧を見たい方はこちらへ→「全国建築マップ

記事掲載や掲載写真等のご希望に関しては、こちらの「メールフォーム」からご連絡お願いします.
記事内の誤字・脱字等がありました場合は、コメント欄でご意見いただけると助かります.


◆ 関連サイト ◆

インフォメーション

11月上旬から続いておりましたパソコン不良が解消しましたため、12月より更新を再開していきます.

「Archi'records@walking」を閉鎖しました、今後当機能は「Archi'records@instagram」に引き継がれます. よろしくお願い申し上げます.

● 写真健全化に伴い、以下の記事の公開を停止します. 健全化が完了次第、公開を再開します.
・「金沢海みらい図書館」
・「福井県立図書館・文書館」

メディア協力

・『近代建築2017年5月号』にて写真提供をさせていただきました.

FC2アクセスカウンター

スポンサーリンク

twitter

facebook

スポンサーリンク