倉敷国際ホテル - ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)- 建築紹介・建築探訪録        

倉敷国際ホテル

           
0064:倉敷国際ホテル メイン(外観全景)

0064 - 倉敷国際ホテル
竣工:1963年
設計:浦辺鎮太郎
住所:岡山県倉敷市中央1-1-4
選定:DOCOMOMOセレクション(2013追加:No.172)
賞歴:1964年日本建築学会賞

皆様どうも. 気がつけば2月も残すところあと数日、2016年の1/6があっという間に過ぎるということで時間の流れの速さをヒシヒシと感じる最近です. さてさて今回も引き続いて倉敷からのご紹介です. JR倉敷駅から美観地区へのメインストリートとなる『元町通(倉敷中央通)』の沿道に立地し、美観地区の西隣に隣接する観光ホテル 倉敷国際ホテルをご紹介していきます. 何気に当ブログ初のホテル建築ですね.

先に設計者を紹介しておきますと、手掛けたのは建築家 浦辺鎮太郎氏です. 「倉敷アイビースクエア」 「大原美術館分館」に引き続いて倉敷の浦辺建築3件目でございます. 時系列的には初期の作品(倉敷レイヨン時代最後の竣工作品)であり. 翌年には同氏初の建築学会賞を受賞し、浦辺氏の名が建築界に大きく広まる契機となった作品でもあります. では早速いっていましょ〜
0064:倉敷国際ホテル 外壁

0064:倉敷国際ホテル 正面玄関

0064:倉敷国際ホテル 多様な素材で設えられた玄関外壁

0064:倉敷国際ホテル 建物右側にある外壁デザイン

倉敷の美観地区は町並みもさることながら空を阻害するものがほとんどない、徹底された周辺の建物規制によって形成された広域の景観ランドスケープも魅力的です. そんな周辺環境や時代背景もあって、美観地区真西に建つ国際ホテルは地上5階建ての中層建築と、外観全景(メイン写真)を見てもわかるように、現代のホテルと比較すれば非常にコンパクトな印象を受けます. 高層建物も少ない時代なので、これが60年代のホテルのスタンダードと考えるべきかもしれません.

ホテル外壁は白のモルタル壁とRC打ち放しの庇が交互に重なった横ストライプ模様の外観となっています. この急勾配の庇ですが、浦辺建築の初期にある特徴的な外観意匠で「日本工芸館」や「大原美術館分館」の道路境界塀にも見受けられたもので、このホテルはその系譜の後の作品になります. 城郭の庇のような佇まいや、ホテル各室の小窓の印象も相まって、少々恐たい外観ながらも、どこか風土感のある外観に仕上がっています.

ホテルの玄関は、ホテルのボリュームの一部を削ぎ落とした『コの字型』の窪みとなる部分を平屋建てにしています. 玄関の外壁には玉石・木・御影石・RC打ち放しなど多種にわたる素材がバランスよく用いられており、印象深い外壁になっていました.
0064:倉敷国際ホテル エントランスロビー

0064:倉敷国際ホテル エントランスロビー②

0064:倉敷国際ホテル ロビー吹抜けにある『大世界の柵・坤(こん)』

0064:倉敷国際ホテル 木材によるロビー天井の仕上げ

それでは館内に入っていきましょう. 受付担当に相談して「ロビーだけならOK」ということだったので、撮影写真を掲載しています. ロビー空間のメインカラーは白で、随所にアンティーク家具や工芸品が散りばめられた、なんとも格式高そうなロビー空間です. あまりの高級さに「本当に居てもいいのだろうか…」とも思いながらカメラを握ってました.

このホテルを創設したのは「大原美術館」でも説明した倉敷の名家 大原家の大原総一郎(おおはら そういちろう)氏です. 浦辺氏が独立前に所属していた倉敷レイヨン(現クラレ)の社長でもあり、浦辺設計創設の立役者でもあります. 2013年に実施された増築工事も浦辺設計が担当しており、2人亡き今でもこれらの縁は後世にも引き続いています.

このロビーで注目してもらいたい点は、中央スペースの吹き抜けに展示された2枚の『版画』です. これは日本のみならず世界的巨匠とも称される版画家 棟方志功(むなかた しこう)氏が手がけた大壁画『大世界の柵・坤(こん)』です. 幅12.84m、高さ1.75mという大きさは木版画として世界最大で、ホテルのオープンに合わせて大原氏が依頼したものです. この吹き抜けは2・3階の休憩フロアとも繋がっていて、巨匠の大作をホテル内で鑑賞できてしまうという、美術マニアからすればたまらない空間に違いありません.
0064:倉敷国際ホテル 玄関の天井意匠・照明器具

0064:倉敷国際ホテル 玄関付近にある仕切りのデザイン

0064:倉敷国際ホテル 受付

0064:倉敷国際ホテル 大理石・木材でできた受付テーブル

さらに内観を数枚掲載してます. 玄関天井のギザギザ部分や仕切りの柄など、浦辺氏が設計したと思われるデザインが随所に見られますが、やはり全体的に木の意匠が散りばめられたシックな空間は非常に落ち着きがあっていいです. 個人的には受付カウンターのこのシックさがたまりません. 大理石の曲面とか当時ならどうやって加工したんでしょうね. 気になります.

今回はここまでです. ここまでくると客室も見たいな〜と思いましたが当日は断念. 非常に高級感のあるホテルの印象ですが、シングルならば相場は1万円前後と「アイビースクエア」同様にちょっと贅沢すれば宿泊可能な価格帯なので、今度行くときは泊まってみようかなと思ってます. 興味のある方は是非、倉敷観光ついでにご宿泊を. ではでは今回はここまで〜


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

プロフィール

MATŌ

Author:MATŌ
『ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)』は関西の建築好きが日本全国にある建築スポットを実際に探訪し、感想を交えながら紹介するブログです. 西日本多めです. 今までにご紹介した建築記事の一覧を見たい方はこちらへ→「全国建築マップ

記事掲載や掲載写真等のご希望に関しては、こちらの「メールフォーム」からご連絡お願いします.
記事内の誤字・脱字等がありました場合は、コメント欄でご意見いただけると助かります.


◆ 兄弟サイト ◆

ARCHI'RECORDS@Walkingへのリンク

インフォメーション

パソコン不良により、2017年11月の更新が遅れております. 大変申し訳ございません.

● 写真健全化に伴い、以下の記事の公開を停止します. 健全化が完了次第、公開を再開します.
・「金沢海みらい図書館」
・「福井県立図書館・文書館」

メディア協力

・『近代建築2017年5月号』にて写真提供をさせていただきました.

FC2アクセスカウンター

スポンサーリンク

twitter

facebook

スポンサーリンク