宮浦ギャラリー六区 - ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)- 建築紹介・建築探訪録        

宮浦ギャラリー六区

           
0070:宮浦ギャラリー六区 新メイン

0070 - 宮浦ギャラリー六区
竣工:2013年
設計:西沢大良
住所:香川県香川郡直島町2310-77

皆様どうも. 瀬戸内芸術祭特集6件目というこで、このシリーズの紹介可能な建築も半分は超えたような気がします. 今回はフェリーターミナルのある直島宮浦港から徒歩数分、島民の生活エリアの中にひっそりと隠れるように建つ展示施設宮浦ギャラリー六区のご紹介です.
0070:宮浦ギャラリー六区 宮浦集落にある店舗

0070:宮浦ギャラリー六区 ギャラリー手前の角

0070:宮浦ギャラリー六区 路地からギャラリーをみる

まずはフェリーターミナルである「海の駅なおしま」から宮浦港付近の町並みを歩いていきます. 町の奥にある風戸山(せとやま)からは直島全体を見渡せる展望スポットとなっています. 精錬所によって栄えた東の本村地区よりも、漁業集落としての性質を色濃く残す宮浦地区には、アートの島という雰囲気の少ない喉かな離島集落の風景を今なおも残し続けています.
0070:宮浦ギャラリー六区 正面外観

0070:宮浦ギャラリー六区 店名サイン(新)

0070:宮浦ギャラリー六区 「999」のサイン

宮浦地区を少し北に歩いて狭い路地を抜けた先に、今回の主役であるギャラリーが見えてきます. シンプルな箱型のボリュームの正面は、十字格子状に組まれた鉄骨のファサード、そしてガラスには『999』のマーク. この建物は宮浦地区初の展示施設として、前回の瀬戸内芸術祭の開催にあわせて改修されました. 改修前は『PARLOR Three Nine』というパチンコ店だったらしく、ガラスにプリントされたマークは当時の遺構として残されているものです.

設計を手掛けたのは西沢大良(にしざわ たいら)氏. 1993年の独立から2000年初頭までは住宅を主に手掛けていましたが、近年ではこのギャラリーや静岡にある「駿府教会」などの公共施設も手がけています. 実は同氏の弟はプリツカー賞を受賞したSANAAのメンバーであり「豊島美術館」も手掛けた西沢立衛氏. 兄弟揃って有名建築家とは凄いものです.

瀬戸内芸術祭期間中は芸術祭パスポートで入場可能. 館内は広々としたワンルームの展示空間で、特徴的なのはこの展示室の壁がすべて黒色で仕上がっていることです. 壁面全面が黒色のため作品が際立ち、天井からのトップライトで一部の壁面は柔らかい陽の光で白く映るのも印象的. 天井のアルミルーバーの隙間からは木造トラスで組まれた構造体をみることができ、暖かい木の色合いを感じる事もできます.
0070:宮浦ギャラリー六区 新北側外観①

0070:宮浦ギャラリー六区 新北側外観②

0070:宮浦ギャラリー六区 新北側外観③

0070:宮浦ギャラリー六区 北側ファサードの木材拡大

鑑賞後に外に出て北側にまわると、木のルーバーが印象的な外観を見ることができます. 建物の北は児童公園である宮浦公園に隣接しており、ベンチに座りながら木々で設えられたギャラリーを眺められます. 扉が開いていますが、この先は間室となっていて、手前には人が座れる高さに造成されたコンクリートのベンチが整備されています. 本来はビデオ展覧会用の客捌きとしてある客室ですが、個人的には間室をステージに、コンクリートベンチを客席にすれば地域の人も楽しめる野外ホールに早変わり…なんて使い方すると楽しそうだな〜と思ったりもしました.

普段はターミナルでしか利用しない人が多いであろう宮浦地区ですが、こういう路地奥にあるひっそりとした場所にあるギャラリーというのも直島建築の一つの魅力だと思います. 実は直島を歩くと個人でやっているギャラリーとかをたま〜に見かけたりするので、興味がある人は探してみるのもいいのではないでしょうか. ではでは今回はここまで〜

2016.7.16. 掲載写真を2016年春訪問分に更新


◆ この記事に関連する建築マップ
瀬戸内建築マップ - 岡山・香川の瀬戸内海を中心とした建築マップ


※ Map上に位置しているギャラリー六区の場所は、実際の場所から少し東にズレています. ご注意ください.
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

プロフィール

MATŌ

Author:MATŌ
『ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)』は関西の建築好きが日本全国にある建築スポットを実際に探訪し、感想を交えながら紹介するブログです. 西日本多めです. 今までにご紹介した建築記事の一覧を見たい方はこちらへ→「全国建築マップ

記事掲載や掲載写真等のご希望に関しては、こちらの「メールフォーム」からご連絡お願いします.
記事内の誤字・脱字等がありました場合は、コメント欄でご意見いただけると助かります.


◆ 関連サイト ◆

インフォメーション

パソコン不良により、2017年11月の更新が遅れております. 大変申し訳ございません.

「Archi'records@walking」を閉鎖しました、今後当機能は「Archi'records@instagram」に引き継がれます. よろしくお願い申し上げます.

● 写真健全化に伴い、以下の記事の公開を停止します. 健全化が完了次第、公開を再開します.
・「金沢海みらい図書館」
・「福井県立図書館・文書館」

メディア協力

・『近代建築2017年5月号』にて写真提供をさせていただきました.

FC2アクセスカウンター

スポンサーリンク

twitter

facebook

スポンサーリンク