ANDO MUSEUM - ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)- 建築紹介・建築探訪録        

ANDO MUSEUM

           
0072:ANDO MUSEUM メイン

0072 - ANDO MUSEUM
竣工:2013年
設計:安藤忠雄
住所:香川県香川郡直島町736-2

皆様どうも. 本日は瀬戸内芸術祭ガイドブックの発売日で、書店に到着するや否やすぐに探し出し速攻で購入をしてしまった今日このごろ、作品情報だけでなく時刻表やグルメ情報も満載でお値段1400円前後です. 新刊なのでお高く感じてしまいますが春夏秋の3シーズンに対応し、芸術祭後も一部の常設作品マップとしても転用可能なので、気になる方は本屋でザラッと見てみることをお奨めします.

ではでは瀬戸内芸術祭特集8件目、舞台は前回の「家プロジェクト」に引き続いて直島本村地区から. 今回紹介するのはなんと、直島のアート建築の数々を手掛けてきた建築家 安藤忠雄氏をテーマとした美術館 ANDO MUSEUMです.
0072:ANDO MUSEUM 手前道からの眺め

0072:ANDO MUSEUM 外観全景

0072:ANDO MUSEUM 入口門

この場所までは町営バスで農協前バス停で降り、南への小道を通って約2分ほど. 島内で配布されている地図を照らしながら歩くと確実です. この美術館は「ベネッセハウス」をはじめとする、安藤氏が直島で携わってきた活動の集約・展示を目的として2013年に開館しました. 直島のアート事業が瀬戸内芸術祭によって勢いを増していることは知っていましたが、まさか安藤氏の美術館が直島にできるとは当初思ってもいませんでした.

安藤建築というと、どうもゴテゴテの打放しRC建築を想像しますが、実際は塀・門そして立派な前庭空間のある民家の外観で、コンクリ要素はどこにも見当たりません. これはどういうことかというと、この美術館はこの土地に元々ある築100年ほどの民家をリノベーションしたものです. 安藤氏のリノベーション作品というと上野の「国際子ども図書館」、海外では「プンタ・デッラ・ドガーナ」の再生計画等の作品がありますが、民家でのリノベ作品はこれが唯一でしょう.
0072:ANDO MUSEUM エントランス2016

0072:ANDO MUSEUM 地下照明用三角コーン

隅に透明な三角錐(写真5枚目)のある玉砂利の敷かれた前庭を渡って館内へと入ると、コンクリートに支配された安藤ワールドが展示室一面にひろがっています. とりわけ印象的なのは斜めに傾斜したRCの壁面、この壁はトップライトからの光を奥の展示空間へと反射させる役割を担っています.

個人的に強く思ったのは木とRCの対立でした. 屋根を支える梁、展示室中央に一本だけ落ちる柱など、この民家を支える構造的な主役は木材です. 一方で空間を支配するのは、その屋根とは全く連続しないRCの壁面なんですね. 一見相入れそうにない二つの材料を用いながら「光の教会」や「地中美術館」のような、陰翳礼讃に劣らない光の演出を仕掛ける. RCだけに頼らない光の空間への挑戦、この空間はそういうメッセージを含むのではないかと、勝手ながら私は思っています.

短いながらも今回はここまでです. 余談なのですが、この美術館や大三島にある「今治市伊東豊雄建築ミュージアム」をみると、建築家の個人ミュージアムはなぜ瀬戸内海の離島を選ぶのか、個人的には非常に気になっています. ではでは今回はここまで〜

2016.7.10. 掲載写真を2016年春訪問時のものにフルリニューアル


◆ この記事に関連する建築マップ
瀬戸内建築マップ - 岡山・香川の瀬戸内海を中心とした建築マップ


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

プロフィール

MATŌ

Author:MATŌ
『ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)』は関西の建築好きが日本全国にある建築スポットを実際に探訪し、感想を交えながら紹介するブログです. 西日本多めです. 今までにご紹介した建築記事の一覧を見たい方はこちらへ→「全国建築マップ

記事掲載や掲載写真等のご希望に関しては、こちらの「メールフォーム」からご連絡お願いします.
記事内の誤字・脱字等がありました場合は、コメント欄でご意見いただけると助かります.


◆ 関連サイト ◆

インフォメーション

パソコン不良により、2017年11月の更新が遅れております. 大変申し訳ございません.

「Archi'records@walking」を閉鎖しました、今後当機能は「Archi'records@instagram」に引き継がれます. よろしくお願い申し上げます.

● 写真健全化に伴い、以下の記事の公開を停止します. 健全化が完了次第、公開を再開します.
・「金沢海みらい図書館」
・「福井県立図書館・文書館」

メディア協力

・『近代建築2017年5月号』にて写真提供をさせていただきました.

FC2アクセスカウンター

スポンサーリンク

twitter

facebook

スポンサーリンク