東京文化会館 - ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)- 建築紹介・建築探訪録        

東京文化会館

           
0077:東京文化会館 新メイン

0077 - 東京文化会館
竣工:1961年
設計:前川國男
住所:東京都台東区上野公園5-45
選定:DOCOMOMOセレクション(100選:No.67)
賞歴:1961年日本建築学会賞
   1962年BCS賞

皆様どうも. 数日前のニュースなのですが、富士山の世界遺産を記念した「富士山世界遺産センター(仮)」が2017年7月の竣工を目指して本格着工したみたいです. 設計は坂茂氏で、イメージパースURLを見ると『逆さ富士』を木材で編みこんだようなファサードになっており、水盤に正富士が映るようになっています. 「Fujiyama Museum」に次ぐ新しい文化施設としての期待ができそうです.

さて今回は東京都有数の公園エリア 上野からお送りします. JR東京駅から山手線で5駅、上野東京ラインを使えば東京駅から1駅というアクセス抜群の観光地. 花見の名所としても知られる上野恩賜公園内には「東京国立博物館」「国立西洋美術館」「東京都美術館」などの公共・文化関連の名建築が密集しています. 今回はそのJR上野駅すぐにある名建築 東京文化会館をご紹介します.
0077:東京文化会館 上野駅公園口から

0077:東京文化会館 ルーバーとカラフルな扉

0077:東京文化会館 樋

0077:東京文化会館 めくれ庇の開口

0077:東京文化会館 入口

0077:東京文化会館 めくれ庇の角

文化会館はJR上野駅公園口を出て目の前に建つグレーの建物です. 東京都開都500年祭記念として1961年に竣工したこちらの都立ホールは、近代建築の巨匠ル・コルビュジエに師事した日本人建築家 前川國男(まえかわ くにお)氏の代表作. 前川氏は1928年から30年までコルビュジエの事務所に入所し、帰国後は「神奈川県立図書館・音楽堂」や「京都会館(現:ロームシアター京都)」を手がけ、戦後近代建築の牽引役として活躍. 文化会館は竣工同年に建築学会作品賞を受賞しています.

「EXPO'70パビリオン」に代表される鉄骨造や「東京都美術館」に代表される『打ち込みタイル』の美術館など、前川氏の作風は多岐にわたりますが、文化会館はコルビュジエのデザインを色濃く引き継いだ造形的なデザインが特徴. 中でも目がいくのは建物上部のめくれ上がった庇. 随所には窓をイメージしたかのような開口(写真4枚目)が施されていますが、外側に向かって降りていくのが当たり前な庇が、端部でクルッとめくれ上がる(写真6枚目)のが実にユニークです.
0077:東京文化会館 北側から①

0077:東京文化会館 北側から②

0077:東京文化会館 北側から③

0077:東京文化会館 北入口①

0077:東京文化会館 北入口②

こちらは西洋美術館もある北側から撮影した外観のものをいくつか. 横に長い庇が数本の細い柱によって持ち上がる様(写真1・2枚目)は実にダイナミック. コルビュジエ譲りのサッシ割り(写真3枚目)もいいですね. 各入口の風除スペースは両壁がカーブした造形的なものとなっており、扉の取っ手(写真5枚目)も壁のカーブに沿ったデザインになっているのが面白かったです.
0077:東京文化会館 南側から①

0077:東京文化会館 南側から②

0077:東京文化会館 南側から③

0077:東京文化会館 南側から④

0077:東京文化会館 南側から⑤

0077:東京文化会館 南側から⑥

写真に載せているのは南側の外観で、こちらのファサードを見るのは17年春の再訪が初めて. 砕石パネルによる巨大な石垣の部分(写真1・2枚目)は大ホールのフライタワー. 庇の真下に異なるマッシヴなボリュームが積み上がっており(写真4枚目)、庇と柱というシンプルな構成だった北側とは別の面白さがあります. 個人的におっとなったのは室外機隠しのパネル(写真5枚目). 緑の奥にゆったりと佇む文化会館(写真6枚目)が見れるのも南側ならではです.

館内は文章のみのご紹介. エントランスの天井・壁を彩る青・赤のカラフルな色合いは、子供の遊び空間にいるようなワクワク感があります. 天井照明の配置もランダムになっており、夜空に浮かぶ星のような遊びのデザインが施されているのがポイント. 三角形を組み合わせた床タイルのデザインにも注目してみてください.

『日本初の本格的コンサートホール』を銘打って設計され、音楽の殿堂として親しまれる大ホール空間も見所です. 個人的には彫刻家が内装を手掛けた、洞窟空間のような小ホールを見たいな〜と思っていたのですが、訪問当日は公演時期ではなくゲートも閉まりっぱなし. 前川氏が本格的に携わった初のホール空間ということですが、こちらは今度の訪問までお預けです. 上野に佇むモダニズム名建築を是非一度お越しください.


※ お詫び
2017年春の再訪で館内スタッフにお伺いしたところ、館内撮影はご遠慮いただいているとのことでした. 従いましては、以前まで掲載していた館内ロビー写真3枚の公開を停止します. 大変ご迷惑をお掛け致しました.



2017.4.3 全写真を2017年春の画像に変更 & 文章を大幅に変更


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

プロフィール

MATŌ

Author:MATŌ
『ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)』は関西の建築好きが日本全国にある建築スポットを実際に探訪し、感想を交えながら紹介するブログです. 西日本多めです. 今までにご紹介した建築記事の一覧を見たい方はこちらへ→「全国建築マップ

記事掲載や掲載写真等のご希望に関しては、こちらの「メールフォーム」からご連絡お願いします.
記事内の誤字・脱字等がありました場合は、コメント欄でご意見いただけると助かります.


◆ 兄弟サイト ◆

ARCHI'RECORDS@Walkingへのリンク

インフォメーション

パソコン不良により、2017年11月の更新が遅れております. 大変申し訳ございません.

● 写真健全化に伴い、以下の記事の公開を停止します. 健全化が完了次第、公開を再開します.
・「金沢海みらい図書館」
・「福井県立図書館・文書館」

メディア協力

・『近代建築2017年5月号』にて写真提供をさせていただきました.

FC2アクセスカウンター

スポンサーリンク

twitter

facebook

スポンサーリンク