坂の上の雲ミュージアム - ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)- 建築紹介・建築探訪録        

坂の上の雲ミュージアム

           
0092:坂の上の雲ミュージアム メイン

0092 - 坂の上の雲ミュージアム
竣工:2006年
設計:安藤忠雄
住所:愛媛県松山市一番町3-20

皆様どうも. 高知県を連続してお送りしてきた都道府県新開拓シリーズ. 今回からは高知を離れて愛媛県の建築スポットを取り上げていこうと思います. 県の海岸線の半分以上を瀬戸内海が占める愛媛県は、温暖な気候を生かし、みかんを筆頭とした柑橘系の栽培が非常に盛ん. 加えて正岡子規や高浜虚子など歌人・俳人を多く輩出した文学県でもあり、今でも『俳句甲子園』という全国大会が開かれるほどの盛況ぶりを誇る県としても有名です.

舞台は愛媛県の中心である松山市. 現存12天守のひとつ「松山城」を囲むように敷かれた路面電車の軌道線をグルリと周遊する『坊っちゃん列車』、そして軌道線の終点にある日本最古の温泉「道後温泉」は愛媛観光の定番スポットです. 今回は松山城の座する城山公園の南東に建つ文学博物館 坂の上の雲ミュージアムをご紹介しましょう.
0092:坂の上の雲ミュージアム 大街道

0092:坂の上の雲ミュージアム 外観全景

0092:坂の上の雲ミュージアム 水盤

0092:坂の上の雲ミュージアム ガラスファサード

最寄りは伊予鉄道軌道線(路面電車)の大街道(おおかいどう)駅です. 松山城へのロープウェイ乗り場への最寄駅にもなっているため、駅付近は観光客でドッと溢れかえっていました. ミュージアムへは大通り北側の歩道を少し西へ進むと、行き先を指した青い看板が見えるので、それに沿って進むと見えてくるガラスとコンクリートが特徴的な建物が目印となります.

ミュージアムの名前になっている『坂の上の雲』は小説家 司馬遼太郎(しばりょうたろう)氏によって書かれ、1968年から4年半にわたって産経新聞の夕刊で連載された長編小説です. 愛媛出身の軍人 秋山好古(あきやま よしふる)と秋山真之(あきやま さねゆき)の秋山兄弟と俳人 正岡子規(まさおか しき)の3人にスポットを当て、明治初頭から日露戦争までの生きざまを綴っています. 近年ではNHKドラマにもなったそうですが、私自身は全く知りませんでした.
0092:坂の上の雲ミュージアム 正門

0092:坂の上の雲ミュージアム 鋭角になったガラス

0092:坂の上の雲ミュージアム 玄関アプローチ①

0092:坂の上の雲ミュージアム 玄関アプローチ②

写真では正門から玄関部に至る長いスロープまでの様子を載せています. 松山城が座する城山公園の森林がすぐ北に迫る窮屈な場所にあるミュージアムですが、そのガラスは一段上がるごとに僅かに外にせり出すギザギザのファサードになっています. ピロティには水盤が設けられていますが、よく見ると正三角形に細かく区切られた面白い仕様です. 長いスロープを明日程度登った場所から後ろを振り返ると、北の山林がガラスに映る味わい深い表情をつくりだしていました.

設計を手掛けたのはコンクリートの建築家でおなじみ安藤忠雄氏. 直島にバンバン存在する四国の安藤建築ですが、愛媛でもミュージアムの設計を手掛けています. 2001年に「司馬遼太郎記念館」の設計に携わった経緯から、司馬氏の関連施設であるこちらの設計を指名されたそうな. コンクリートよりもガラスの存在感が冴える外観から「尾道市立美術館」と似たタイプの作品に感じます.
0092:坂の上の雲ミュージアム エントランス

0092:坂の上の雲ミュージアム 平面図

0092:坂の上の雲ミュージアム ライブラリー

0092:坂の上の雲ミュージアム 外に見える「萬翠荘」

0092:坂の上の雲ミュージアム 建築模型

観覧料400円を払って館内へと入ります. 館内は打ち放しコンクリート感満載の安藤建築ワールド. エントランスは最上階のトップライトから途中階の合間を縫って落ちる自然光が僅かに照らす今までに見たことのないロビー空間です. ガラスファサードに面したライブラリースペースからは、大正時代の洋館「萬翠荘(ばんすいそう)」と森林を広々と見渡せる気持ちのいい光景が広がっていました.

写真5枚目はライブラリーに展示されていた周辺模型です. この模型や案内平面図(写真2枚目)をみると、このミュージアムは正三角柱のボリュームで建っていることがわかります. 館内の展示室へは、中心に設けられた正三角形のホールの外縁を回るように設けられたスロープを進むという、他に類を見ない展示動線です. ライブラリーには模型の他に安藤氏のスケッチ等が展示されているのですが、著作権云々がありますのでここでの掲載は差し控えます.
0092:坂の上の雲ミュージアム 廊下

0092:坂の上の雲ミュージアム 空中階段

0092:坂の上の雲ミュージアム 展示室への開口

0092:坂の上の雲ミュージアム トップライト

0092:坂の上の雲ミュージアム 床仕上げ

0092:坂の上の雲ミュージアム ホール空間

展示品以外は撮影OKということで写真をババっと載せています. 写真を見ると館内の壁は垂直ではなく、外側に倒れるようにわずかに傾いています. 外側に倒れこむことで外周にいる人はガラスの展望に、一方で内部の人の展示空間に意識が向くようにこうしたそうです.

他にも3階と4階を支柱無しで上り下りできる『空中階段』があり、これは全国でも珍しい構造だそうです. 確かに踊り場付きでこれほどのスパンを支柱無しで飛ばすのって至難の業な気がしますが、構造的にはどうなっているのか私にはわかりませんでした. トップライトから落ちた自然光を、傾いたコンクリート壁で広がるように反射させる仕掛けは「ANDO MUSEUM」でも見受けられた仕掛けで、光の扱い方はさすが安藤氏だな〜と思いました.

全体の形が形だけに正三角形のデザインが様々なところで見られるのも面白いところで、ホールの吹き抜けも正三角形(写真6枚目)ならば床のタイル(写真5枚目)にワーク机、外の水盤など様々な部分で正三角形を見ることができます. 個人的にはこの正三角形が『坂の上の雲』とどう絡むのか気になっているのですが、トイレ最中にある親子連れが放った「3人の主人公の三角関係を表現しているんだと思うよ〜」という恋愛小説のような意味合いではないことを祈りたいです. ではでは今回はここまで〜


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

プロフィール

MATŌ

Author:MATŌ
『ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)』は関西の建築好きが日本全国にある建築スポットを実際に探訪し、感想を交えながら紹介するブログです. 西日本多めです. 今までにご紹介した建築記事の一覧を見たい方はこちらへ→「全国建築マップ

記事掲載や掲載写真等のご希望に関しては、こちらの「メールフォーム」からご連絡お願いします.
記事内の誤字・脱字等がありました場合は、コメント欄でご意見いただけると助かります.


◆ 兄弟サイト ◆

ARCHI'RECORDS@Walkingへのリンク

インフォメーション

2017年4月より更新頻度が激減します.
大変申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます.

● 写真健全化に伴い、以下の記事の公開を停止します. 健全化が完了次第、公開を再開します.
・「金沢海みらい図書館」
・「福井県立図書館・文書館」

メディア協力

・『近代建築2017年5月号』にて写真提供をさせていただきました.

FC2アクセスカウンター

スポンサーリンク

twitter

facebook

スポンサーリンク