2015年10月 - ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)- 建築紹介・建築探訪録        

兵庫県立美術館

           
0003:兵庫県立美術館 北側

0003 - 兵庫県立美術館
竣工:2001年
設計:安藤忠雄
住所:兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1
賞歴:2005年度BCS特別賞(なぎさ公園と併せて)

みなさんは安藤建築といえばどの作品を連想するでしょうか. 数多くの建築作品を今もなお生み出し続ける建築家 安藤忠雄(あんどう ただお)氏. 代表作と言われるものは数多くありますが、神戸市の海岸沿いに建つこの兵庫県立美術館もその一つです. 大阪梅田から最短で約40分程度の立地にあるこの美術館を今一度見たいと思い、訪問してきました.

この記事の続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

JR旭川駅舎

           
0002:旭川駅 メイン

0002 - JR北海道 旭川駅舎
竣工:2011年(全面開業年)
設計:内藤廣
住所:北海道旭川市宮下通8-4153-1

お次は一気に飛んで北海道から、道北の中心旭川市を代表するJR旭川駅舎をご紹介します. 西に行けば札幌、北は稚内、東ば知床・網走と、北海道の主要都市を結ぶターミナルとなるこの駅舎(4代目)を設計したのは東京大学名誉教授の内藤廣(ないとう ひろし)氏です. 「海の博物館」や「牧野富太郎記念館」、「安曇野ちひろ美術館」など木材をメインとしたダイナミックな空間を産み出す、個人的に大好きな建築家です.

私がこの駅を訪れたのは旭川駅が全面開業する2ヶ月前、旭川にサークル旅行で訪れた時にこっそりホテルから抜け出して22時ぐらいに訪問しました. まだ北側の出入口が未完成で封鎖状態だった時期ですが、駅舎デザインや構造デザインの奥深さに感動した印象深い建築でもあります.
0002:旭川駅 構内

写真は駅の地上階の様子です. 北海道産のタモ材がふんだんに使われ、木の香りが充満していたのを覚えています. とにかく至る所に木材が使われていて、RCの高架駅舎しか見てこなかった自分としては、頭にガツンとくる程の衝撃的な体験でした. 写真からもわかるように改札エリアの外縁部は2層吹抜けの構造となっており、非常に広々とした空間が広がっていました.

また『旭川に名前を刻むプロジェクト』で集められた10,000人の名前が刻まれたタモ材が並ぶエリアは圧巻です. そういえば特急に乗って5駅目の「岩見沢駅複合駅舎(設計:西村浩)」も駅のレンガを使用して同じような試みを行っていました. そちらはまだ行けてないので是非見てみたいですね.
0002:旭川駅 ホーム屋根を支える四叉柱

そしてもう一つこの駅舎の特徴をあげるならば、やはりこの四叉柱(よんさちゅう)でしょう. 木の町旭川ということで『幹から枝の伸びる木』というイメージのあるこのユニット柱は、全長180m、幅60mの超巨大な大屋根を20基の四叉柱ユニットで支えています. 構造がよく解らなくても、単なる柱でない構造ユニットがホーム全体にずらっと並ぶ光景というのは非常にワクワクするものです.

ちなみに構造設計を担当したのは2015年の日本建築学会大賞を受賞された構造家 川口衞(かわぐち まもる)氏. 彼ら2人は当駅とは別に「JR日向市駅舎」と「JR高知駅舎」というこれまた面白い構造をもつ駅舎を設計しています. しかし宮崎と高知か…遠いな〜でも見たい!というわけで今回はここまで〜

2015.12.29 修正

このエントリーをはてなブックマークに追加

建築探訪録(記事)一覧【全国マップ付き】

           
全記事一覧リンク
こちらでは今までに紹介した建築スポット記事の一覧(都道府県別)です. 位置情報を記した全国マップ(iframe-Googleマイマップ)を付けて案内しています.

(最終更新 2022.2.23. - 掲載件数282件)

この記事の続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

的野 峻一(MATŌ)

Author:的野 峻一(MATŌ)
『ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)』は関西の建築好きが日本全国にある建築スポットを実際に探訪し、感想を交えながら紹介しています. 詳しい活動内容はエントランスページよりご確認ください.

風景写真・デザイン活動のページ

インフォメーション

【2022.9.23】 「鉄道でまわる 都道府県別建築スポットマップ」の「16.佐賀県【九州】」を公開しました.

写真使用依頼等はページ上部のメールフォームにて受け付けております.(※返信は遅めです. 当日中の返信はあまりできません. 申し訳ありません.)

紹介する建築スポットの情報は、原則的に投稿日時点の情報になります. 現在と比較して古い情報や記事内の誤字・脱字等がありました場合は、該当記事内の各コメント欄またはメールフォームでご意見いただけますと幸いです.

活動実績(写真提供・寄稿等)

◆『近代建築2017年5月号』にて写真提供をさせていただきました. 『近代建築』バックナンバー

◆『トラベル.jp たびねす(現:トラベルjp 旅行ガイド)』のライターとして、以下の建築スポットガイド記事を寄稿しました.【2016〜2018年在籍】

・大阪狭山野池美術館リンク
・松柏美術館リンク
・みんなの森 ぎふメディアコスモスリンク
・秋野不矩美術館リンク
・植村直己冒険館リンク
・南方熊楠記念館リンク
・中谷宇吉郎雪の科学館リンク
・生きた建築ミュージアム【2017】リンク

* 建築スポットに関するライティングのお仕事も募集しています. ご相談は「メールフォーム」にてお問い合わせください.

最新記事

鉄道でまわる 都道府県別建築スポットマップ
日本全国 JR特急路線図
弘前建築マップ
芦屋市民センター
大阪中之島美術館
MS WORKS 総合ページ

スポンサーリンク

Twitter

Facebook

スポンサーリンク