2016年01月 - ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)- 建築紹介・建築探訪録        

JPタワー(旧東京中央郵便局)

           
0042:JPタワー メイン

0042 - JPタワー
竣工:2012年(再開発)/ 1933年(旧東京都中央郵便局)
設計:三菱地所設計+マーフィー・ヤーン(再開発)
   吉田鉄郎(旧東京都中央郵便局)
住所:東京都千代田区丸の内2-7-2
選定:DOCOMOMOセレクション(20選:No.5)
賞歴:2015年BCS賞

皆様どうも. 新年一発目ということで紹介した「JR東京駅舎」ですが、今回はその東京丸の内からもう一件、東京駅舎の南隣にあるJPタワーをご紹介します. 『JP』という名の通り、東京中央郵便局やゆうちょ銀行本社など、関東における郵政事業の基幹拠点であり、都内在住であればご存知の商業施設『KITTE(キッテ)』が入居するこのビルを訪問してきました.

東京駅の南側にあるこちらのタワーは新築ではなく、1933年に竣工された『旧東京中央郵便局』の建替え・再開発事業として生まれ変わったものです. 当時の旧郵便局を設計したのは、逓信省(ていしんしょう)出身の吉田鉄郎(よしだ てつろう)氏でした. 「佐賀県立博物館」でも少し説明した『逓信建築』ですが、吉田氏はその集団の中でも中心的な人物だったと称されています.

この記事の続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

JR東京駅舎

           
0041:JR東京駅舎 メイン

0041 - JR東京駅舎
竣工:1914年(オリジナル)/ 2012年(復元)
設計:辰野金吾(オリジナル)/ JR東日本建築設計事務所(復元)
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1
賞歴:2014年BCS特別賞
   2013年AACA特別賞

みなさまあけましておめでとうございます. 今年も日本全国の建築を命ある限り追っかけていきますので、今後ともお付き合いください. さて2016年最初の建築スポットは、知らない人はいないであろう日本の首都東京の代表駅 JR東京駅舎をご紹介していこうと思います.

1914年に竣工した東京駅は『3階建て鉄筋レンガ造』として開業しましたが、1925年の東京大空襲の焼夷弾で屋根と3階部分の内装の大半を焼失、安全性の面から2階建てに変更され、2000年代まで建替え計画は先延ばしされていました. その後復元工事が2007年から5年にわたって行われ、創建当時の姿に復元されました.

この記事の続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

的野 峻一(MATŌ)

Author:的野 峻一(MATŌ)
『ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)』は関西の建築好きが日本全国にある建築スポットを実際に探訪し、感想を交えながら紹介しています. 詳しい活動内容はエントランスページよりご確認ください.

風景写真・デザイン活動のページ

インフォメーション

【2022.7.18.】 「鉄道でまわる 都道府県別建築スポットマップ」の「12.青森県【東北】」を公開しました.

写真使用依頼等はページ上部のメールフォームにて受け付けております.(※返信は遅めです. 当日中の返信はあまりできません. 申し訳ありません.)

紹介する建築スポットの情報は、原則的に投稿日時点の情報になります. 現在と比較して古い情報や記事内の誤字・脱字等がありました場合は、該当記事内の各コメント欄またはメールフォームでご意見いただけますと幸いです.

活動実績(写真提供・寄稿等)

◆『近代建築2017年5月号』にて写真提供をさせていただきました. 『近代建築』バックナンバー

◆『トラベル.jp たびねす(現:トラベルjp 旅行ガイド)』のライターとして、以下の建築スポットガイド記事を寄稿しました.【2016〜2018年在籍】

・大阪狭山野池美術館リンク
・松柏美術館リンク
・みんなの森 ぎふメディアコスモスリンク
・秋野不矩美術館リンク
・植村直己冒険館リンク
・南方熊楠記念館リンク
・中谷宇吉郎雪の科学館リンク
・生きた建築ミュージアム【2017】リンク

* 建築スポットに関するライティングのお仕事も募集しています. ご相談は「メールフォーム」にてお問い合わせください.

最新記事

鉄道でまわる 都道府県別建築スポットマップ
日本全国 JR特急路線図
弘前建築マップ
芦屋市民センター
大阪中之島美術館
MS WORKS 総合ページ

スポンサーリンク

Twitter

Facebook

スポンサーリンク