2016年03月 - ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)- 建築紹介・建築探訪録        

李禹煥美術館

           
0069:李禹煥美術館 メイン

0069 - 李禹煥美術館
竣工:2010年
設計:安藤忠雄
住所:香川県香川郡直島町字倉浦1390

皆様どうも. まだまだダウンジャケットが手放せない寒さの続くまま、3月の中頃に差し掛かろうとしています. それでは今回も瀬戸内芸術祭特集、その5件目の紹介にまいりましょう. 前回から紹介し続けている「ベネッセハウス」 「地中美術館」と続く、直島南部としては最も近作となる安藤建築 李禹煥美術館のご紹介です. それでは早速参りましょう.
0069:李禹煥美術館 「ベネッセハウス」からの道のり

0069:李禹煥美術館 正門広場から前庭をみる

0069:李禹煥美術館 美術館の看板

0069:李禹煥美術館 正門の階段から前庭をみる

美術館へは直島の南エリアを結ぶシャトルバスが便利ですが「ベネッセハウス ミュージアム」からなら徒歩10分程度で到着できます. 雄大な直島の森林と瀬戸内海の眺望を一度に楽しめるので、興味のある人は歩いてみてください. 道の左手にグーンと聳える塔のようなものが見えれば、それが美術館の目印で、施設名が掲げられたRC壁の裏手にある階段を降りて美術館の敷地内へと入ります. 初め私はこの階段を職員用の専用階段と勘違いして通り過ぎ、5分ほど歩いても入口が見えなかったため引き返したというエピソードがあります. 敷地内に誰もいないと、入っていいのか不安になります…

この美術館の名を冠する李禹煥(リー・ウファン)氏は『もの派』を主導したことで知られる韓国出身の現代美術家です. 『もの派』とは1970年代前半に広まり、ほぼ無加工の石・木・鉄板などの素材を使用する現代美術の流れを指すものです. 創作者の思想やアイデアによってうまれる彫刻・絵画美術とは対照的に、現実に存在する素材の組み合わせによってモノ単体の力を印象的に映す表現方法として、今なおも根強い人気があります. ここはその李氏の作品を展示する直島初の個人美術館として、2010年の瀬戸内芸術祭に先駆けて開館しました.
0069:李禹煥美術館 正面に見える前庭

0069:李禹煥美術館 前庭に展示された『関係頂-点線面』

0069:李禹煥美術館 前庭から瀬戸内海の見える南を望む

階段を降りて通路を進むと、玉石が敷き詰められた一辺30m四方の正方形となった前庭にたどり着きます. 前庭には李氏の作品である『関係頂ー点線面』と呼ばれる石と柱で構成された作品が展示されており、訪問者はこの前庭を通って奥にある本館へと向かうことになります. 前庭から南をみると、瀬戸内海へと緩やかに繋がる気持ちいい芝生空間が広がっていました.

しかしながらこの前庭を実際に撮って写真で見てみると、シュールレアリスムのような絵画芸術のような光景を想起させます. 山間の中に突如あわられる塔と石、正方形に切り取られた前庭と水平を強調するRCの壁、よくよく考えれば奇妙な組み合わせなのに、この光景は超巨大なスケールとなって実際に目の前に存在している. モノの力といいますか、こういう奇妙さを含んだ非現実感を感じられるのも、この美術館ならではでしょう.
0069:李禹煥美術館 RC壁で囲われたアプローチ

0069:李禹煥美術館 アプローチ奥に見える本館入口

それでは前庭を通って本館ですが、受付から奥は撮影禁止ということでアプローチの写真を掲載しています. 瀬戸芸ならば作品パスポートだけで入場可能. 三角形に囲われたのエントランスコートを通って展示室を観覧する構成です. 「地中美術館」と同じように展示室全体は地面に埋もれた地下構造で、太陽のある日は各展示室にトップライトから光が差し込みます. 通路にある石の影に海が投影され、石そのものの存在感を際立たせた作品『関係頂ー石の影』は私が個人的に気に入っている作品です.

個人的にこの安藤建築で面白いのは建物の寸法を、李氏のスタンスに沿ってとあるモノの寸法から決定づけていることです. それはRCの型枠でつかう『三六(サブロク)板』です. 例えばアプローチの壁面高は南側からそれぞれ4.5m, 5.4m, 6.3mと三六板の単位である0.9m(およそ値)の倍数で構成され、展示室の一つであるスペースBの寸法は7.2m×9.0m×4.5mと、ここでも0.9mの倍数が徹底されています. これが意図的にされたものかはわかりませんが、RC建築を主流とする安藤氏が考えた、それに馴染みの深いモノの力を反映させる試みの現れではないかと感じます.

というわけで今回の説明はここで終了. スケールの大きさ、空間の非日常感などを通して感じることのできるモノの偉大さ・力強さは、普通の美術館の展示室内で見る李氏の作品と全く別のインパクトを与えてくれます. ただの石っこをと捉えずに、空間も含めてそこのあるモノと対峙してみるというのも現在アートの愉しみではないでしょうか. 興味のある方は是非ご訪問を、ではでは今回はここまで〜


◆ この記事に関連する建築マップ
瀬戸内建築マップ - 岡山・香川の瀬戸内海を中心とした建築マップ


このエントリーをはてなブックマークに追加

地中美術館

           
0068:地中美術館 メイン

0068 - 地中美術館
竣工:2004年
設計:安藤忠雄
住所:香川県香川郡直島町3449-1
賞歴:2007年BCS賞

皆様どうも. 今日の関西は気温が春を感じさせる暖かい感じで、ようやく冬の寒さともグッバイできるようでホッとしています. ではでは瀬戸芸特集4件目、直島南部の安藤建築としては2件目となる地中美術館のご紹介です. その名の通り美術館のほぼ全てが地中に埋もれた美術館として開館当初から注目され、直島のアート施設の中核を担う施設となっています. では早速いってみましょ〜

アクセスですが「ベネッセハウス」「李禹煥美術館」のある直島南部のアート施設の中でも最も標高が高い場所にあるため、若干キツめの登りが長〜く続きます. 体力に自信がない人はシャトルバスを使用することをお奨めします. 入館料は常設展示としては国内最高額となるであろう2060円! しかし瀬戸芸のチケットがあれば1000円を支払うことで入場できます.

チケットを購入して離れにある本館を向かおうとした時、一眼レフを首から下げていたのを見ていたスタッフから『この先のゲートを抜けると一切の撮影はご遠慮ください』と言われました. 一切ということで、展示室以外のロビーや廊下・玄関であっても撮影は禁止らしく、これでは内観はおろか建物の入口も撮れません. 加えて建物のほぼ全てが地下に埋没しているため、地面である外観を撮るのもなんかな〜 どうやら撮影できるスポットも一応あるそうです.

ここでは安藤建築も一つの美術品ということでしょうか、とにかく写真制限が厳しい…ということで今回掲載できるのは扉写真の一枚しかありません! なので今回は内部の簡潔な紹介と、各芸術家の展示作品の紹介が手一杯となります. 肝心な内観が見たい方は、下にHPサイトを載せたので、そちらのリンクから公式サイトへと飛ぶことをお奨めします.


HPサイト:http://benesse-artsite.jp/art/chichu.html


「南寺(1999年)」に代表される直島本村の家プロジェクトに続いて安藤氏が手がけたこの美術館では、3人のアーティストの作品が各展示室ごとに展示されています. 『睡蓮』シリーズでおなじみ印象派を代表するフランスの画家クロード・モネ、光を演出するアメリカの現代美術家ジェームズ・タレル、球体・角柱などの幾何学的な彫刻でインスタレーションを製作するアメリカ人彫刻家ウォルター・デ・マリアです.

各展示室へは三角形に吹き抜けられたスペースの階段を下ったり、長いスロープを降りたりしてコンクリートで囲われた洞窟空間をゆっくりを進みながら鑑賞することになります. ここで注目すべきは、その隙間から落ちる太陽の光です. 館内は展示室以外のスペースに人工照明はほとんどなく、廊下やロビーは外部に開けられた隙間(ヴォイド)からの自然採光で照らされます.

この隙間から内部の廊下に投影される光は人影のようなボヤけた輪郭のあるものではなく、輪郭のハッキリとした形の整った光. 地中という真っ暗な空間に四角形や細長い模様となって綺麗に空間に落ち込む光は時間によって形を変え、訪れる者に対して様々な表情を見せながら、コンクリートの廊下に光の芸術を刻みます. この洞窟による「闇」と隙間から差し込む「光」で支配された空間は、光の演出を得意とする安藤氏が目指した光の極致のひとつではないかと思います.


解説はここまでとします. いや〜写真撮れないってのは説明する上でも非常にハードですね. 今度の瀬戸芸ではチケットセンターも含めてもう少し写真を撮っておきたいと思います. もし美術館をゆっくり鑑賞したい方は、昼から夕方になると整理券規制が敷かれるほど混雑するので、朝一番に訪問するのがベストだと思います. ではでは今回はここまで〜


◆ この記事に関連する建築マップ
瀬戸内建築マップ - 岡山・香川の瀬戸内海を中心とした建築マップ


このエントリーをはてなブックマークに追加

ベネッセハウス

           
0067:ベネッセハウス メイン(南瓜からの全景)

0067 - ベネッセハウス
竣工:1992年(ミュージアム)/ 1995年(オーバル)
   2006年(パーク・ビーチ)
設計:安藤忠雄
住所:香川県香川郡直島町字京ノ山3419
賞歴:1994年BCS賞

皆様どうも. 少し事情がありまして、更新が止まっておりました. さてさて瀬戸内芸術祭直前特集3発目ですが、開催まであと13日という事で内心焦っています. まだ半分も書けてませんからね〜 急ぎ足で紹介していきましょう.

今回も直島ですが、舞台は島の南側へと移っていきます. 「海の駅なおしま」から発車する町営バスに乗車して約12分ほどで到着するエリアには、世界を代表する建築家 安藤忠雄氏が手がけた美術館施設が数多く存在します. 今回は直島の安藤建築の始まりともいえるベネッセハウスをご紹介していきましょう.
0067:ベネッセハウス 南瓜と奥に点在する各施設

0067:ベネッセハウス 草間彌生氏の南瓜

0067:ベネッセハウス 当日の海は大荒れ

訪問当日は2013年瀬戸内芸術祭の最終日だったため、通常よりも大勢の観光客でごった返してました. 宮浦港からバスで移動する場合の運賃は100円、1時間に2〜3本という密度で運行しています. バス停からすぐの海岸の桟橋には、雑誌でおなじみ草間彌生氏の『南瓜』があります. しかしながら先日の悪天候で海は大荒れ、桟橋はビチョビチョ. 観光客は強い波が来れば避難し、波が引けば走って写真を撮るを繰り返していたのを覚えています.

その桟橋からは、今回の建築であるベネッセハウスが確認できます(写真1枚目参照). 『ベネッセ』と名のつく通り、こちらは進研ゼミで馴染みの深いベネッセコーポレーション(当時は福武書店)によって開業しました. 直島の観光地開発は1960年代から始まっていましたが、石油ショックによって担当していた藤田観光が撤退. 1985年に当時の社長だった福武哲彦氏と村長が意気投合して創設された「直島文化村」を皮切りに、直島のアート事業は急成長していきます.
0067:ベネッセハウス 各施設への案内板

0067:ベネッセハウス パーク棟のエントランス

0067:ベネッセハウス 「ブラインド・ブルー・ランドスケープ」

0067:ベネッセハウス 木造でできたテラス棟・ビーチ棟

0067:ベネッセハウス パーク棟南にあるウッドデッキからの眺め

常設展示された野外作品のある海岸線を抜けて、ベネッセハウスの一棟である「パーク」へとやって来ました. サイトを見てもらえればわかる通り、このベネッセハウスは直島南側に点在する美術館・宿泊施設の4施設(テラス棟などの例外あり)を総称した施設群を指します. 海岸線に存在するのはそのうちの2棟である「パーク」と「ビーチ」で、「パーク」ではアートツアーも開催されています. ツアーでは杉本博司氏の『光の棺』 などの常設作品を見ることができます.

コンクリート打ち放しの認知度が強い安藤建築ですが、「パーク」ではその強烈な素材イメージは鳴りを潜めている印象を受けます. 単なるハコ型ではなく切妻屋根であることも影響していると思います. その南西にある「ビーチ」は宿泊施設のみのため内部へは入れそうにありませんでしたが、安藤氏の建築群でも珍しい木造なため、個人的にはいつか泊まってみたいな〜と思ってます.
0067:ベネッセハウス 「ミュージアム」への登り坂

0067:ベネッセハウス 「ミュージアム」外観

0067:ベネッセハウス 「ミュージアム」入口

0067:ベネッセハウス 「ミュージアム」から海をみる

0067:ベネッセハウス 「ミュージアム」看板

海岸線にある施設群から西に伸びる登り坂を歩いて「ミュージアム」へと到着です. ちなみに登り坂がキツイという人は、島内バス停留所から出ているシャトルバスでも行くことができます. 建物外周壁に施された、いかにもランドスケープとの調和を狙ったのかと意識させられる石垣模様の壁は、経年変化からか旧城郭の石垣跡のような古めかしさのある雰囲気に仕上がっていました.

直島の安藤建築の起源はこの「ミュージアム」で、当初は「直島コンテンポラリーアートミュージアム」という名称で1992年に開業しました. 福武哲彦氏の急死によってバトンを渡された福武總一郎氏と安藤氏が、初対面ながらも居酒屋で意気投合したということで、安藤氏に「直島国際キャンプ場(1889年開館:現存せず)」のマスタープランを依頼した等の縁もあって実現. 美術館+ホテルという当時としては珍しいスタンスの美術館でした.
0067:ベネッセハウス 「ミュージアム」内観

0067:ベネッセハウス 「ミュージアム」テラスから①

0067:ベネッセハウス 「ミュージアム」テラスから②

撮影時期が3年前で、他サイトを見ても内観写真がチラホラあったりと掲載のボーダーが曖昧ですが、作品が明確に映らない範囲で内観を掲載しています. 館内は地下を含めた4層構造. ミュージアムは地下から2階で、3階と2階の一部がホテル客室です. リチャード・ロングや大竹伸朗をはじめとした現代美術家の作品を取り扱っており、ギャラリーツアーも行われています. 地階にある円形ホールのようなRC空間はまさに安藤建築って感じでした.

以上でベネッセハウスの紹介は大体終わりですが、宿泊する人に是非お勧めしたいのが「ミュージアム」からのモノレールでしかアクセスできない「オーバル」です. 建物中心に楕円形の天井開口と水盤の周辺に客室が配備されるという、写真を見てるだけでも幻想的です. しかしながら宿泊料は最安でも一泊29000円と、高級ホテルもびっくりの超高額. 現在の私では到底手が出ません…お金に余裕がある方は是非. ではでは今回はここまで〜


◆ この記事に関連する建築マップ
瀬戸内建築マップ - 岡山・香川の瀬戸内海を中心とした建築マップ


このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

的野 峻一(MATŌ)

Author:的野 峻一(MATŌ)
『ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)』は関西の建築好きが日本全国にある建築スポットを実際に探訪し、感想を交えながら紹介しています. 詳しい活動内容はエントランスページよりご確認ください.

風景写真・デザイン活動のページ

インフォメーション

【2022.5.25.】 「鉄道でまわる 都道府県別建築スポットマップ」の「1.島根県【中国】」をリニューアルしました.

写真使用依頼等はページ上部のメールフォームにて受け付けております.(※返信は遅めです. 当日中の返信はあまりできません. 申し訳ありません.)

紹介する建築スポットの情報は、原則的に投稿日時点の情報になります. 現在と比較して古い情報や記事内の誤字・脱字等がありました場合は、該当記事内の各コメント欄またはメールフォームでご意見いただけますと幸いです.

活動実績(写真提供・寄稿等)

◆『近代建築2017年5月号』にて写真提供をさせていただきました. 『近代建築』バックナンバー

◆『トラベル.jp たびねす(現:トラベルjp 旅行ガイド)』のライターとして、以下の建築スポットガイド記事を寄稿しました.【2016〜2018年在籍】

・大阪狭山野池美術館リンク
・松柏美術館リンク
・みんなの森 ぎふメディアコスモスリンク
・秋野不矩美術館リンク
・植村直己冒険館リンク
・南方熊楠記念館リンク
・中谷宇吉郎雪の科学館リンク
・生きた建築ミュージアム【2017】リンク

* 建築スポットに関するライティングのお仕事も募集しています. ご相談は「メールフォーム」にてお問い合わせください.

最新記事

鉄道でまわる 都道府県別建築スポットマップ
日本全国 JR特急路線図
弘前建築マップ
芦屋市民センター
大阪中之島美術館
MS WORKS 総合ページ

スポンサーリンク

Twitter

Facebook

スポンサーリンク