2017年02月 - ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)- 建築紹介・建築探訪録        

神戸朝日ビル(旧神戸証券取引所)

           
0229:神戸朝日ビル メイン

0229 - 神戸朝日ビル(旧神戸証券取引所)
竣工:1934年(証券取引所) / 1994年(神戸朝日ビル)
設計:渡辺節(証券取引所)/ 竹中工務店(神戸朝日ビル)
住所:兵庫県神戸市中央区浪花町59
賞歴:1995年BCS賞(神戸朝日ビル)

皆様どうも. 今回の神戸旧居留地建築スポットは、旧居留地北エリアに建つ神戸朝日ビルです. 1994年完成という比較的新しい超高層ビルで、オフィスだけでなくミニシアターや500席規模のホール施設「神戸朝日ホール」が入っています. この建物最大のウリは近代建築の様相をみせる低層部の外観にあり、これは以前この場所に存在した神戸証券取引所のファサードが保存されています. 近代建築のデザインが絶妙に活かされた現代ビルをピックアップしていきます.

この記事の続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

神戸市立博物館

           
0228:神戸市立美術館 メイン

0228 - 神戸市立博物館(旧横浜正金銀行神戸支店)
竣工:1935年
設計:桜井小太郎
住所:兵庫県神戸市中央区京町24

皆様どうも. 神戸旧居留地から今回ご紹介するのは、この神戸の代表的芸術鑑賞スポットである神戸市立博物館です. 文化施設の紹介も去年大晦日以来となり、何気に今年初の博物館建築となります. 旧居留地のほぼ中心という抜群のロケーションもさることながら、博物館の特徴となるのがこの重厚な西洋様式の外観. こちらはかつて『横浜正金銀行神戸支店』として建設された建物を、博物館としてリノベーションした珍しいタイプの博物館建築(旧銀行建築)です.

この記事の続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本真珠会館

           
0227:日本真珠会館 メイン

0227 - 日本真珠会館
竣工:1952年
設計:光安義光
住所:兵庫県神戸市中央区東町122
選定:DOCOMOMOセレクション(100選:No.43)

皆様どうも. 今回から神戸特集は旧居留地地区に移ります. 『最もよく設計された東洋居留地』と称された神戸居留地は、1899年の返還後にビジネス街として多くの商社・銀行が立ち並びました. 空襲や震災により多くの建物が姿を消したものの、近代レトロな洋館や銀行建築を活用す動きが高まり、神戸居留地の一つの魅力を形成するまでに至っています. 旧居留地の東地区に建つ日本真珠会館は、当地区における戦後モダニズムのデザインを今に残す数少ない建物です.

この記事の続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

新港貿易会館

           
0226:新港貿易会館 メイン

0226 - 新港貿易会館(旧新港相互館)
竣工:1930年
設計:新港相互館
住所:兵庫県神戸市中央区新港町8-2

皆様どうも. 今回は外観だけの探訪ですが、神戸新港地区からもう一件だけ近代建築スポットのご紹介です. 「デザイン・クリエイティブセンター神戸」のすぐ南隣に建つ新港貿易会館は、神戸港の貿易関係業者向けの事務所を供給する『新港相互館』として完成. 現在の神戸新港のレトロ景観の一部を形成する近代建築です.

この記事の続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

デザイン・クリエイティブセンター神戸

           
0225:KIITO メイン

0225 - デザイン・クリエイティブセンター神戸
竣工:1927年(旧館:旧神戸市立生糸検査所)
   1932年(新館:旧国立神戸生糸検査所)
設計:神戸市営繕課(旧館)/ 置塩章(新館)
   佐藤総合計画(リノベーション)
住所:兵庫県神戸市中央区小野浜町1

皆様どうも. 神戸特集3件目となる今回は「神戸税関本関」から道を挟んで東隣に建つ近代ビル デザイン・クリエイティブセンター神戸をお送りします. この建物は、神戸港から輸出する生糸の検査を取り仕切る「旧神戸市立生糸検査所(旧館)」と「旧国立生糸検査所(新館)」の2つの施設をリノベーションし、文化創造施設として2012年に開館しました. 施設の愛称は、元の生糸検査所から『KIITO(生糸)』と名付けられています.

この記事の続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

的野 峻一(MATŌ)

Author:的野 峻一(MATŌ)
『ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)』は関西の建築好きが日本全国にある建築スポットを実際に探訪し、感想を交えながら紹介しています. 詳しい活動内容はエントランスページよりご確認ください.

風景写真・デザイン活動のページ

インフォメーション

【2022.5.25.】 「鉄道でまわる 都道府県別建築スポットマップ」の「1.島根県【中国】」をリニューアルしました.

写真使用依頼等はページ上部のメールフォームにて受け付けております.(※返信は遅めです. 当日中の返信はあまりできません. 申し訳ありません.)

紹介する建築スポットの情報は、原則的に投稿日時点の情報になります. 現在と比較して古い情報や記事内の誤字・脱字等がありました場合は、該当記事内の各コメント欄またはメールフォームでご意見いただけますと幸いです.

活動実績(写真提供・寄稿等)

◆『近代建築2017年5月号』にて写真提供をさせていただきました. 『近代建築』バックナンバー

◆『トラベル.jp たびねす(現:トラベルjp 旅行ガイド)』のライターとして、以下の建築スポットガイド記事を寄稿しました.【2016〜2018年在籍】

・大阪狭山野池美術館リンク
・松柏美術館リンク
・みんなの森 ぎふメディアコスモスリンク
・秋野不矩美術館リンク
・植村直己冒険館リンク
・南方熊楠記念館リンク
・中谷宇吉郎雪の科学館リンク
・生きた建築ミュージアム【2017】リンク

* 建築スポットに関するライティングのお仕事も募集しています. ご相談は「メールフォーム」にてお問い合わせください.

最新記事

鉄道でまわる 都道府県別建築スポットマップ
日本全国 JR特急路線図
弘前建築マップ
芦屋市民センター
大阪中之島美術館
MS WORKS 総合ページ

スポンサーリンク

Twitter

Facebook

スポンサーリンク