LVHM大阪 - ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)- 建築紹介・建築探訪録        

LVHM大阪

           
0106:LVMH大阪 メイン

0106 - LVHM大阪(エトワール心斎橋)
竣工:2004年
設計:隈研吾
住所:大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-9-17

皆様どうも. 今回は大阪心斎橋の現代複合ビル LVHM大阪(エトワール心斎橋)をお送りします. 実は去年の冬頃に撮った建築なのですが、別のシリーズを進めていくうちにこの時期まで紹介が伸びてしまったものです. なので12月に投稿した心斎橋現代ビルシリーズの補填的な位置付けとしてご紹介します.
0106:LVMH大阪 交差点から

0106:LVMH大阪 建物全景

0106:LVMH大阪 南方向からみる

ビルは「大丸心斎橋店」の北館に隣り合うように建っています. 去年の冬の撮影のため、ヴォーリズが設計した本館も解体前の状態で写っています. 『LVHM(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)』はファッション業界における世界最大の複合企業として知られ『Louis Vuitton』や『Dior』、時計メーカーの『Tag Heuer』などもここの傘下ブランドです. そのためビル低層部には『Dior』や『FENDY』などの傘下店舗が入居しています.

村野藤吾氏の傑作として知られた「そごう大阪店」の別館跡地を買い取り、2004年に竣工したこのビルは「エトワール心斎橋」という名でも知られています. 設計を手掛けたのは隈研吾氏. 隈氏はこの前年に同じくLVHMグループの複合ビルである「ONE表参道」を手掛けており、その縁で手掛けた作品であると推測します. 木ルーバーのファサードが印象的な表参道のビルと比較すると、こちらはガラスと石という素材が中心です.
0106:LVMH大阪 大理石のようなファサード

0106:LVMH大阪 Diorのラッキーモチーフ

0106:LVMH大阪 エレベーターホール

オフィスフロアに該当するビルの上階を見ると、ガラスの奥に薄い大理石を貼り付けたような不思議なファサードをしています. この大理石に見える部分はパキスタン産グリーンオニキス(厚さ4mm)を合わせガラスにしたもので、外からは大理石のような表面で内部の光景を遮断し、内部からは太陽の光がかすかに入ることで石のテクスチャが開口いっぱいに映り込む、普通のガラスと一線を画す透明感を演出しているということです.

ビルの屋上部に目立つ星は低層部の『Dior』のマークとして知られるもので、東京の「Dior表参道(設計:SANAA)」や「Dior銀座(設計:乾久美子)」にも屋上に星があります. ちなみに日本独自かと思って海外も調べてみたらマイアミ店やソウル店でも確認でき、これは世界共通のようです. 写真3枚目はビル北側にある入り口奥のエレベーターホールですが、こちらも外装同様の石材を用いた合わせガラスがびっしりと使われていました. これはこれでゴツい印象を受けます.
0106:LVMH大阪 Dior心斎橋①

0106:LVMH大阪 Dior心斎橋②

上が事務所フロアなため内部に入ることはできませんでしたが、もう一つだけ建築要素を述べるならば低層部にある「Dior心斎橋」の店舗ファサードです. こちらは「Dior銀座」を手掛けた乾久美子氏がファサードデザインを手掛け、銀座店と同じファザードをミニサイズながらも再現したものとなっています. 仕組みを述べると銀座店の記事が書けなくなってしまうので控えますが、銀座に行くのが遠い西日本の方は大阪心斎橋でみれますので是非. ではでは今回はここまで〜


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

プロフィール

的野 峻一(MATŌ)

Author:的野 峻一(MATŌ)
『ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)』は関西の建築好きが日本全国にある建築スポットを実際に探訪し、感想を交えながら紹介するブログです. 西日本多めです. 今までにご紹介した建築記事の一覧を見たい方はこちらへ→「全国建築マップ
◆ 関連サイト ◆

・当ブログのInstagramページ


・管理人の風景写真活動のInstagramページ

インフォメーション

2022年内の活動再開に向けて準備を進めております. 写真使用依頼等は下部の「メールフォーム」にて受け付けております.(※返信は遅めです. 当日中の返信はあまりできません. 申し訳ありません.)

紹介する建築スポットの情報は、原則的に投稿日時点の情報になります. 現在と比較して古い情報や記事内の誤字・脱字等がありました場合は、記事内の各コメント欄または「メールフォーム」でご意見いただけると助かります.

●「管理人へのメールフォーム

活動実績(メディア提供・旅行ガイド等)

◆『近代建築2017年5月号』にて写真提供をさせていただきました. (『近代建築』HPリンク

◆『トラベル.jp たびねす(現:トラベルjp 旅行ガイド)』のライターとして、以下の建築スポットガイド記事を寄稿しました.【2016〜2018年在籍】

・大阪狭山野池美術館(リンク
・松柏美術館(リンク
・みんなの森 ぎふメディアコスモス(リンク
・秋野不矩美術館(リンク
・植村直己冒険館(リンク
・南方熊楠記念館(リンク
・中谷宇吉郎雪の科学館(リンク
・生きた建築ミュージアム【2017年】(リンク

* 建築スポットに関するライティングのお仕事も募集しています. ご相談は「メールフォーム」にてお問い合わせください.

FC2アクセスカウンター

スポンサーリンク

Twitter

Facebook

スポンサーリンク