奈良県文化会館 - ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)- 建築紹介・建築探訪録        

奈良県文化会館

           
0111:奈良県文化会館 メイン

0111 - 奈良県文化会館
竣工:1968年
設計:片山光生+日建設計
住所:奈良県奈良市登大路町6-2

皆様どうも. 2016年6月上半期の奈良建築シリーズ. その3件目の紹介となる今回は、奈良公園エリアに建つ文化ホール 奈良県文化会館をご紹介していきます. 前回ご紹介した「奈良県庁舎」を手掛けた建築家 片山光生氏が、県庁の竣工から3年後に完成させたこちらの文化ホールの魅力を探ってきました.
0111:奈良県文化会館 正面外観①

0111:奈良県文化会館 正面外観②

0111:奈良県文化会館 正面外観③

0111:奈良県文化会館 正面外観④

0111:奈良県文化会館 正面入口

文化会館は県庁舎の北西側に位置し、会館の東隣には同じく片山氏が手掛けた「奈良県立美術館」があります. 県の文化振興や市民生活の拠点として1968年に竣工したこちらの会館は、1999年に「なら100年会館(設計:磯崎新)」が完成するまでは県下最大規模のホールを有していました. この会館では片山氏の担当は基本計画にとどまり、その後は日建設計が担当して完成させ、1995年には同じく日建設計がリニューアル工事を手掛けています.

奈良公園の景観を考慮したのか、会館は高くせずに2階建てで収まるように設計され、横の水平力を強調した外観になっています. 上部に大きく張り出したコンクリートの庇に開けられた八角形の開口(写真2枚目)は「奈良県庁舎」の屋上庇と同じ仕様のもの. しかしながら庇の梁の下部分にもう一つ斗栱(ときょう)に似た短い小梁をつけていたり(写真2・3枚目)と、梁の意匠に特段凝ったデザインに感じます.
0111:奈良県文化会館 東側外観①

0111:奈良県文化会館 東側外観②

0111:奈良県文化会館 東側外観③

0111:奈良県文化会館 東側入口

こちらは県立美術館がある東側の外観です. 文化会館の敷地は北に進むごとに下り坂となるため、途中から地下フロアが出現し、その部分はピロティ空間になっていました(写真2枚目). こちら側を見てもやはり梁の意匠を強く意識させる設え(写真3枚目)になっています. 県庁舎が伽藍配置などの大きいスケールで『奈良らしさ』を表現したのであれば、こちらは日本様式的な細かい意匠でアプローチをかけたというのが私個人の感想です.
0111:奈良県文化会館 中央エントランス①

0111:奈良県文化会館 中央エントランス②

0111:奈良県文化会館 エントランスから見た中庭

0111:奈良県文化会館 サロンスペース

0111:奈良県文化会館 東側入口の階段

では内観です. 正面玄関に入ってすぐのエントランスホール(写真1・2枚目)は2層吹き抜けの広々とした空間で、奥に設置された木のベンチでは外国人観光客が足を休めていました. ホールの更に奥は中庭(写真3枚目)となっており、エントランスに気持ちの良い緑の光が差し込みます. 以前訪れた時はレストランがあったのですが、どうやら数年前に閉店し、今は弁当販売なども行う交流サロン(写真4枚目)として使われていました. メインとなる「国際ホール」は残念ながら公演中だったようで、内部には入れませんでした.

東側の入口から入った場合は、中央寄せの堂々とした階段(写真5枚目)がドアを入ってすぐの場所に配置されています. 今の時代ならばこういう階段は端に寄せることが多いように思えるので、この堂々感はある意味新鮮に感じます. 高層化や建て替えをすることなく元の状態を保持している文化会館ですが、近年ここをはじめとした周辺整備計画の策定を日建設計が担当するニュースリンクということで、近々大幅な改修が実施される可能性もありそうです. 奈良にあるモダニズム感満載のホール建築、ぜひ一度. では今回はここまで〜


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

プロフィール

的野 峻一(MATŌ)

Author:的野 峻一(MATŌ)
『ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)』は関西の建築好きが日本全国にある建築スポットを実際に探訪し、感想を交えながら紹介しています. 詳しい活動内容はエントランスページよりご確認ください.

風景写真・デザイン活動のページ

インフォメーション

【2022.9.23】 「鉄道でまわる 都道府県別建築スポットマップ」の「16.佐賀県【九州】」を公開しました.

写真使用依頼等はページ上部のメールフォームにて受け付けております.(※返信は遅めです. 当日中の返信はあまりできません. 申し訳ありません.)

紹介する建築スポットの情報は、原則的に投稿日時点の情報になります. 現在と比較して古い情報や記事内の誤字・脱字等がありました場合は、該当記事内の各コメント欄またはメールフォームでご意見いただけますと幸いです.

活動実績(写真提供・寄稿等)

◆『近代建築2017年5月号』にて写真提供をさせていただきました. 『近代建築』バックナンバー

◆『トラベル.jp たびねす(現:トラベルjp 旅行ガイド)』のライターとして、以下の建築スポットガイド記事を寄稿しました.【2016〜2018年在籍】

・大阪狭山野池美術館リンク
・松柏美術館リンク
・みんなの森 ぎふメディアコスモスリンク
・秋野不矩美術館リンク
・植村直己冒険館リンク
・南方熊楠記念館リンク
・中谷宇吉郎雪の科学館リンク
・生きた建築ミュージアム【2017】リンク

* 建築スポットに関するライティングのお仕事も募集しています. ご相談は「メールフォーム」にてお問い合わせください.

最新記事

鉄道でまわる 都道府県別建築スポットマップ
日本全国 JR特急路線図
弘前建築マップ
芦屋市民センター
大阪中之島美術館
MS WORKS 総合ページ

スポンサーリンク

Twitter

Facebook

スポンサーリンク