奈良近鉄ビル - ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)- 建築紹介・建築探訪録        

奈良近鉄ビル

           
0115:奈良近鉄ビル メイン

0115 - 奈良近鉄ビル
竣工:1970年
設計:坂倉準三
住所:奈良県奈良市東向中町28

皆様どうも. 今回で2016年6月上半期の奈良市内建築訪問シリーズは最終回となります. 紹介するのは「JR奈良駅」と並ぶ奈良県を代表する鉄道ターミナル『近鉄奈良駅』の駅前ビル建築 奈良近鉄ビルです. 設計を手掛けたのはモダニズム名建築である「神奈川県立近代美術館 鎌倉館」を手掛けたことでも有名な坂倉準三氏. 竣工は1970年ですが、坂倉氏はその一年前に逝去しているため、このビルは同氏の没後作品になります.
0115:奈良近鉄ビル 近鉄奈良駅

0115:奈良近鉄ビル 東側外観

0115:奈良近鉄ビル 西側外観

写真1枚目は地下にある奈良駅コンコースの写真です. 1914年の開業当初は大阪上本町までを結ぶ地上駅で、駅を出ればすぐに国道360号線上の併用軌道を走っていました. しかし時代とともに交通量が拡大し、併用軌道が市内交通の渋滞の原因となることを受け、近鉄は『大阪万博』の開催までに奈良駅を地下化することを決定. 万博の前年である1969年に現在の地下駅舎が完成し、奈良市街地の交通問題の解消に多大な貢献をもたらしました.

その翌年の1970年に、国道の南側沿道に建てられたのがこちらの駅ビル. 東西方向に長い非常にシンプルな直方体のボリュームの上に、『近鉄』という看板が取り付けられた小さなハコが宙に浮いているかのように重なっています. 外壁は目地が整えられたパネル張りで、開口の並びによって『0』の数字が連続するように見えるユニークはファサードです. しかし奈良公園に向く東側のファサードだけは近年のリニューアルで今風のガラス張りに変更されてました.
0115:奈良近鉄ビル 東側入口①

0115:奈良近鉄ビル 東側入口②

0115:奈良近鉄ビル 西側入口

写真1枚目は東入口を撮影したものです. 地上フロアはピロティに、内部の仕切りはガラス張りとなってるので西側の入口まで視線が通り抜けます. 上の直方体を支える柱(写真2枚目)は、十字に分かれて上を支える力強さを表現したデザインだったのですが、リニューアルによってフロア全体の天井が下に降りてしまったため、今では照明の裏に隠れてしまっているのがなんとも惜しい気持ちです. しかし西側入口にはその形が残っている柱(写真3枚目)が残っていました.
0115:奈良近鉄ビル 一階フロア

0115:奈良近鉄ビル 上階フロア①

0115:奈良近鉄ビル 上階フロア②

0115:奈良近鉄ビル 上階フロア③

それでは館内へ入りましょう. 内装にも大幅なリニューアルが行われているため、坂倉氏が手掛けたオリジナルの部分は殆ど消失してしまい、残っているのは当時からのフロア構成のみになります. こちらは近鉄の駅ビルですが「あべのハルカス」のように『近鉄百貨店』は入居せず(奈良店があるのはお隣の大和西大寺駅)、 レストランやメガネショップなどの店舗が入居する以外は空きテナントが目立ちます. かつては上の階に「奈良ホテル」の別館が入っていた時期もありました.

建物の構成として興味深いのが2階〜3階の部分で、このフロアだけ階段がフロアの半分だけ昇るスキップフロアとなっています. そのためか写真3枚目では階段の先に3階のサイゼリアがあるのですが、エスカレーターはそのまま4階に昇るため足腰の弱い人は辿り着くのが難しかったり、『中3階』がないためか階段の前後のフロア案内がどちらも3階だったり(写真4枚目)と不思議な要素が盛りだくさんでした. 今なおも奈良に残る坂倉氏の駅ビル建築、興味がある方は是非一度. ではでは今回はここまで〜


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

プロフィール

的野 峻一(MATŌ)

Author:的野 峻一(MATŌ)
『ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)』は関西の建築好きが日本全国にある建築スポットを実際に探訪し、感想を交えながら紹介しています. 詳しい活動内容はエントランスページよりご確認ください.

風景写真・デザイン活動のページ

インフォメーション

【2022.9.23】 「鉄道でまわる 都道府県別建築スポットマップ」の「16.佐賀県【九州】」を公開しました.

写真使用依頼等はページ上部のメールフォームにて受け付けております.(※返信は遅めです. 当日中の返信はあまりできません. 申し訳ありません.)

紹介する建築スポットの情報は、原則的に投稿日時点の情報になります. 現在と比較して古い情報や記事内の誤字・脱字等がありました場合は、該当記事内の各コメント欄またはメールフォームでご意見いただけますと幸いです.

活動実績(写真提供・寄稿等)

◆『近代建築2017年5月号』にて写真提供をさせていただきました. 『近代建築』バックナンバー

◆『トラベル.jp たびねす(現:トラベルjp 旅行ガイド)』のライターとして、以下の建築スポットガイド記事を寄稿しました.【2016〜2018年在籍】

・大阪狭山野池美術館リンク
・松柏美術館リンク
・みんなの森 ぎふメディアコスモスリンク
・秋野不矩美術館リンク
・植村直己冒険館リンク
・南方熊楠記念館リンク
・中谷宇吉郎雪の科学館リンク
・生きた建築ミュージアム【2017】リンク

最新記事

鉄道でまわる 都道府県別建築スポットマップ
日本全国 JR特急路線図
弘前建築マップ
芦屋市民センター
大阪中之島美術館
MS WORKS 総合ページ

スポンサーリンク

Twitter

Facebook

スポンサーリンク