京都コンサートホール - ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)- 建築紹介・建築探訪録        

京都コンサートホール

           
0125:京都コンサートホール メイン

0125 - 京都コンサートホール
竣工:1995年
設計:磯崎新
住所:京都府京都市左京区下鴨半木町1-26

皆様どうも. 今回で京都探訪は10件目、 北山エリアの建築としては3件目の建築紹介となります. 今回ご紹介する建築は京都コンサートホール. 1994年の平安京遷都1200年記念の一環として建設され、日本で唯一の自治体直営オーケストラ『京都市交響楽団』の拠点でもあります. 建物を手掛けたのは磯崎新氏. このブログでは「奈義町現代美術館」以来の磯崎建築です. では早速まいりましょう.
0125:京都コンサートホール 北山駅1番出口から

0125:京都コンサートホール 外観全体

0125:京都コンサートホール 流線型のガラスファサード

0125:京都コンサートホール ホール玄関

0125:京都コンサートホール 旧レストランへのブリッジ

コンサートホールへは地下鉄北山駅1番出口から、北大路通へとぶつかる南北道路を南に歩いてすぐの場所にあります. 1番出口からは、既に目印となる黒い外壁がわずかながら確認できます(写真1枚目). 周囲を池に囲まれた、黒い陶板?で覆われた巨大な円錐台(プリン型とも)がこの建物のシンボルです. 東側には流線型のデザインをしたガラスファサード(写真3枚目)があり、内部からの眺めを見たいのですが、どうやらこちら側は大ホールの舞台裏にあたる部分みたいです.

初めはこの黒い円錐台のどこかに入口があると思っていましたが、ホールの玄関(写真4枚目)はこの円錐のさらに奥にあります. アプローチの途中には、円錐の内部にあるカフェ(訪問時は閉鎖済)へとつながるブリッジ(写真5枚目)があるのですが、アプローチから斜めに伸びるのが気になります. 調べてみると京の風水が関係していて、ブリッジをカフェから延長すれば上賀茂神社へ、さらに伸ばせば平安神宮にぶつかるようで、平安遷都に関連させた軸のようです.
0125:京都コンサートホール エントランス

0125:京都コンサートホール 円錐台の内部①

0125:京都コンサートホール 円錐台の内部②

0125:京都コンサートホール 大ホールへのスロープ

0125:京都コンサートホール 円錐台の天井照明

それではいざ内部へ. 館内は国内最大級のパイプオルガンが備えられた「大ホール」と、円錐台の最上フロアにある「小ホール」の2ホール構成. 格式高い交響楽団のホールのため館内に入れないのではと心配していましたが、案外すんなりと入れました. エントランスにある斜め格子状に割り付けられた天井仕上げ(写真1枚目)が、京都っぽいデザインに感じさせるのがいいですね.

さらに奥へと進むと、中央部分を何本もの円柱が囲む吹き抜けの空間(写真2枚目)へとでてきました. ここは建物のシンボルとなる円錐台の内部で、この吹き抜けの外周を囲むようにスロープが配置されています. 開場前には待合せとして機能するのでしょうか、訪問時はこれ以外に何も設置されていなかったので、空間のわりには少しもったいないと感じがしました. 床面には四角い箱が凹んだり飛び出したりするだまし絵(写真3枚目:名称不明)があるのがユニークでした.

メインとなる「大ホール」へはこのスロープを昇って2階に進みます. 壁面には歴代の交響楽団の指揮者をはじめとした人々の写真が展示され、このコンサートホールの軌跡を感じさせます. このスロープを更に進めは「小ホール」のある3階フロアにも進めるのですが、当時は立ち入り禁止になっていました. 先の奥へ通ずるアプローチにしても、このスロープにしても、ホールまでにたどり着くアプローチ・空間体験が全面に押し出された興味深いホール建築だと思います. 興味のある方はぜひ、ではでは今回はここまで〜


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

プロフィール

的野 峻一(MATŌ)

Author:的野 峻一(MATŌ)
『ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)』は関西の建築好きが日本全国にある建築スポットを実際に探訪し、感想を交えながら紹介しています. 詳しい活動内容はエントランスページよりご確認ください.

風景写真・デザイン活動のページ

インフォメーション

「鉄道でまわる 都道府県別建築スポットマップ」に「8.高知県」を新しく追加しました.

写真使用依頼等はページ上部のメールフォームにて受け付けております.(※返信は遅めです. 当日中の返信はあまりできません. 申し訳ありません.)

紹介する建築スポットの情報は、原則的に投稿日時点の情報になります. 現在と比較して古い情報や記事内の誤字・脱字等がありました場合は、該当記事内の各コメント欄またはメールフォームでご意見いただけますと幸いです.

活動実績(写真提供・寄稿等)

◆『近代建築2017年5月号』にて写真提供をさせていただきました. 『近代建築』バックナンバー

◆『トラベル.jp たびねす(現:トラベルjp 旅行ガイド)』のライターとして、以下の建築スポットガイド記事を寄稿しました.【2016〜2018年在籍】

・大阪狭山野池美術館リンク
・松柏美術館リンク
・みんなの森 ぎふメディアコスモスリンク
・秋野不矩美術館リンク
・植村直己冒険館リンク
・南方熊楠記念館リンク
・中谷宇吉郎雪の科学館リンク
・生きた建築ミュージアム【2017】リンク

* 建築スポットに関するライティングのお仕事も募集しています. ご相談は「メールフォーム」にてお問い合わせください.

最新記事

鉄道でまわる 都道府県別建築スポットマップ
日本全国 JR特急路線図
弘前建築マップ
芦屋市民センター
大阪中之島美術館
MS WORKS 総合ページ

スポンサーリンク

Twitter

Facebook

スポンサーリンク