浪花組本社ビル - ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)- 建築紹介・建築探訪録        

浪花組本社ビル

           
0174:浪花組本社 メイン

0174 - 浪花組本社ビル
竣工:1964年
設計:村野藤吾
住所:大阪府大阪市中央区東心斎橋2-3-27

皆様どうも. 大阪の生きた建築特集3件目としてご紹介するのは、中央区東心斎橋の一角に建つ事務所建築 浪花組本社ビルです. 『浪花組』という厳ついネーミングに圧倒されてしまいますが、企業そのものは1922年から続く左官工事の大手企業. そして1964年に建設されたこの本社ビルは、村野藤吾氏によって手掛けられました. 今回は外観だけでもインパクト大な、超個性的村野建築をご紹介します.
0174:浪花組本社 心斎橋の街並み

0174:浪花組本社 通りの東側から

0174:浪花組本社 ファサードを東側から

0174:浪花組本社 ファサード

写真1枚目は東心斎橋の街並みの様子. 諸事情により、掲載している写真はイケフェスの数日前に撮影したものです. 心斎橋というと『心斎橋筋商店街』をイメージする方が多いですが、堺筋側に展開するここ東心斎橋は、雑居ビルが両側にひしめき、上を電線が縦横無尽にはしるカオスな街並みが奥までひろがっています. お店の並びからも夜の街って感じで、撮影は昼間でしたがホスト風の男性を多く見かけました.

そんな雑居ビルのラインから少しバックしたかたち(写真2枚目)で見えてくるのがこちらの本社ビル. 目を引くのはやはり菱形や八角形を組み合わせ、全体的に凸凹をつけて立体的にデザインされたこのファサード. 初見で事務所ビルとわかる人は恐らくいないでしょう. 看板ネオンの輝く雑多な街並みに全く引けをとらない強烈なデザインですが、夜は一切明かりがつかないので、近所の人からは『幽霊ビル』と称されるなど、暗々としたイメージが定着しているようです.

余談ですが村野氏と浪花組の間には、この本社よりも前から設計の縁が存在しました. それが今はなき「心斎橋プランタン(1956年)」です. 解体前は動物パンの有名な喫茶店でしたが、当初は浪花組の社宅として計画されました. この本社以降も「東京支店(1966年)」に「名古屋支店(1976年)」と、浪花組の関連施設を手掛けていきます. これらの両ビルも独特のファサードですが、本社にあるような超奇抜なものではないので注意です.
0174:浪花組本社 ファサードを西側から

0174:浪花組本社 ファサード詳細①

0174:浪花組本社 ファサード詳細②

0174:浪花組本社 入口

0174:浪花組本社 グランドレベル

もう少しファサードを細かく. ファサードの中でも一際存在感を放つ八角形の表面(写真3枚目)は、平瓦をなまこ壁風に敷いた和の意匠を意識したもの. 菱形や六角形状に配されたレリーフの緑色もいい味をだしています. 地上階の入口や開口部分のゲート(写真4枚目). は角を丸くし、その上部分に屋根のような薄い板をデザインしているように見えます. よく見ると、各ゲート間には家型をモチーフとしたようなユニークなものが設えられていました(写真5枚目).

イケフェス当日はプランタンにあったついたてや村野デザインの家具などが目白押しで、ギザギザ屋根が特徴的だったベランダも公開されていました. ベランダの手前は既にビルで景色が塞がれていましたが、当時は東心斎橋を一望できたのでしょうか. 村野建築をここまで丁寧に使い続けている浪花組に感謝です. 残念ながら諸事情につき内観写真の掲載は控えます. 外観はいつでも見れますが、内観は来年度のイケフェス等の特別公開をお待ち下さい. では今回はここまで〜


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

プロフィール

的野 峻一(MATŌ)

Author:的野 峻一(MATŌ)
『ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)』は関西の建築好きが日本全国にある建築スポットを実際に探訪し、感想を交えながら紹介しています. 詳しい活動内容はエントランスページよりご確認ください.

風景写真・デザイン活動のページ

インフォメーション

【2022.9.23】 「鉄道でまわる 都道府県別建築スポットマップ」の「16.佐賀県【九州】」を公開しました.

写真使用依頼等はページ上部のメールフォームにて受け付けております.(※返信は遅めです. 当日中の返信はあまりできません. 申し訳ありません.)

紹介する建築スポットの情報は、原則的に投稿日時点の情報になります. 現在と比較して古い情報や記事内の誤字・脱字等がありました場合は、該当記事内の各コメント欄またはメールフォームでご意見いただけますと幸いです.

活動実績(写真提供・寄稿等)

◆『近代建築2017年5月号』にて写真提供をさせていただきました. 『近代建築』バックナンバー

◆『トラベル.jp たびねす(現:トラベルjp 旅行ガイド)』のライターとして、以下の建築スポットガイド記事を寄稿しました.【2016〜2018年在籍】

・大阪狭山野池美術館リンク
・松柏美術館リンク
・みんなの森 ぎふメディアコスモスリンク
・秋野不矩美術館リンク
・植村直己冒険館リンク
・南方熊楠記念館リンク
・中谷宇吉郎雪の科学館リンク
・生きた建築ミュージアム【2017】リンク

最新記事

鉄道でまわる 都道府県別建築スポットマップ
日本全国 JR特急路線図
弘前建築マップ
芦屋市民センター
大阪中之島美術館
MS WORKS 総合ページ

スポンサーリンク

Twitter

Facebook

スポンサーリンク