SACRAビル - ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)- 建築紹介・建築探訪録        

SACRAビル

           
0220:SACRAビル メイン

0220 - SACRAビル(旧不動貯金銀行三条支店)
竣工:1915年
設計:日本建築株式会社
住所:京都府京都市中京区中之町20

皆様どうも. 前回の辰野金吾建築「日本生命京都三条ビル(旧日本生命京都支店)」から三条通をさらに東へと歩いていくと、 富小路通との交差点角地に建つ近代建築 SACRAビルに到着です. 真っ白の外壁と青銅色の屋根が目印となる、テナントビルとして今も活用される近代建築の魅力に迫ります.
0220:SACRAビル 三条通から

0220:SACRAビル 正面ファサード①

0220:SACRAビル 正面ファサード②

0220:SACRAビル 正面ファサード③

0220:SACRAビル 正面ファサード④

こちらは三条通から見た銀行正面の外観. 外観はロマネスク風で、円や四角といった簡略的な記号を駆使するセセッション様式になっているのが特徴. RC造のような印象ですが1階は煉瓦造、2・3階は木骨煉瓦造です. 上の階には白タイルが使用されており、石張りの多い当時の銀行建築の中では全体的に白さが目立ちます. 屋根中央に飾られたメダリオン(写真4枚目)がとてもカッコいい. 入口(写真5枚目)は石張り壁にカボッとシンプルに開けられた、装飾とは異なる力強さがあります.

りそな銀行の前身の一つである『不動貯金銀行』は明治後期から昭和中期まで存在し、この設計を担当した『日本建築株式会社』は当銀行の店舗営繕を手掛ける設計事務所でした. 銀行撤退後の1988年に当初の銀行の外観を残しながらのリノベーション工事が実施され、『SACRAビル』として京都における近代建築の商用活用の走りとなりました. 1997年には国指定登録有形文化財に指定され、三条通の代表的レトロ建築の一つとして親しまれています.
0220:SACRAビル 富小路通側ファサード

0220:SACRAビル アネックス①

0220:SACRAビル アネックス②

0220:SACRAビル アネックス③

0220:SACRAビル 本館とアネックス

こちらは富小路通に向いた東側ファサード. 正方形をキーストーンとした窓の並び(写真1枚目)がセセッションらしくてナイス. 建物のすぐ北隣には、この施設の別棟にあたる「SACRA ANNEX」(写真2枚目から)があり、入口(写真4枚目から)や列柱には旧銀行1階部分の石のデザインパターンが反映されています. 本館とアネックスは増築としては繋がっておらず(写真5枚目から)、本館は近代建築としてほとんどいじらず丁寧に活用していることが伺えます.
0220:SACRAビル 入口

0220:SACRAビル 階段①

0220:SACRAビル 階段②

0220:SACRAビル 階段③

0220:SACRAビル フロア共用部

それでは館内へ. 入口からの眺め(写真1枚目)は完全に新しめのテナントビルという雰囲気なのですが、この廊下を超えて石仕上げの階段を昇っていくと、途中からレトロな雰囲気満載の木製階段(写真2〜4枚目)に変わっていきます. 歩きながらギイギイと音を立てて軋(きし)む感じはどこか懐かしさを感じさせる. 間違いなく銀行時代からのものでしょう. 装飾のある手摺のデザイン(写真3枚目)もいいですね.

写真4・5枚目は階段すぐの共用部の様子ですが、レトロ建物らしく天井が非常に高く開放感があります. 各店舗への入口の木枠や小窓にも一工夫あって、テナントビルとレトロな雰囲気が絶妙にマッチしています. 店舗は主にレディース向けの雑貨やファッション店舗が多い感じですが、個人的にはこの木造階段の雰囲気を楽しむだけでも訪問価値ありです. 三条通を歩く場合は是非ご来訪下さい. ではでは今回はここまで〜


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

プロフィール

的野 峻一(MATŌ)

Author:的野 峻一(MATŌ)
『ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)』は関西の建築好きが日本全国にある建築スポットを実際に探訪し、感想を交えながら紹介しています. 詳しい活動内容はエントランスページよりご確認ください.

風景写真・デザイン活動のページ

インフォメーション

「鉄道でまわる 都道府県別建築スポットマップ」に「8.高知県」を新しく追加しました.

写真使用依頼等はページ上部のメールフォームにて受け付けております.(※返信は遅めです. 当日中の返信はあまりできません. 申し訳ありません.)

紹介する建築スポットの情報は、原則的に投稿日時点の情報になります. 現在と比較して古い情報や記事内の誤字・脱字等がありました場合は、該当記事内の各コメント欄またはメールフォームでご意見いただけますと幸いです.

活動実績(写真提供・寄稿等)

◆『近代建築2017年5月号』にて写真提供をさせていただきました. 『近代建築』バックナンバー

◆『トラベル.jp たびねす(現:トラベルjp 旅行ガイド)』のライターとして、以下の建築スポットガイド記事を寄稿しました.【2016〜2018年在籍】

・大阪狭山野池美術館リンク
・松柏美術館リンク
・みんなの森 ぎふメディアコスモスリンク
・秋野不矩美術館リンク
・植村直己冒険館リンク
・南方熊楠記念館リンク
・中谷宇吉郎雪の科学館リンク
・生きた建築ミュージアム【2017】リンク

* 建築スポットに関するライティングのお仕事も募集しています. ご相談は「メールフォーム」にてお問い合わせください.

最新記事

鉄道でまわる 都道府県別建築スポットマップ
日本全国 JR特急路線図
弘前建築マップ
芦屋市民センター
大阪中之島美術館
MS WORKS 総合ページ

スポンサーリンク

Twitter

Facebook

スポンサーリンク