1928ビル - ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)- 建築紹介・建築探訪録        

1928ビル

           
0221:1928ビル メイン

0221 - 1928ビル(旧大阪毎日新聞京都支局)
竣工:1928年
設計:武田五一
住所:京都府京都市中京区弁慶石町56

皆様どうも. 1月も残すところあと3日となり、三条通の建築探訪もラストスパート. 今回は御幸町通との交差点角地に建つレトロビル 1928ビルをご紹介していきます. 竣工年が1928年ということで名付けられた当ビルは、かつて旧大阪毎日新聞京都支局ビルとして機能したオフィスビルでした. レンガ造や様式主義の旧銀行建築とは一味違うユニークビルを、今回はピックアップしていきます.
0221:1928ビル 三条通から

0221:1928ビル 全体ファサード

0221:1928ビル 三条通側ファサード①

0221:1928ビル 三条通側ファサード②

0221:1928ビル 三条通側ファサード③

ではまず三条通側から撮影した北側ファサードの様子を見ていきます. 雑居ビルや町屋の中でも一際目立つオレンジの外壁が特徴的な、南北に長細く建つ地上4階建て. 一見すると装飾の少ないシンプルな初期モダニズム、時期を考えると国際様式のような雰囲気がありながらも、屋上部の星形マークや連続アーチ(写真3枚目)、カエデの葉を想起させるバルコニー(写真4枚目)などの近代チックなデザインも見所. 近代からモダニズムへの過渡期を思わせるような外観です.

「中京郵便局」の初めでも解説している通り、三条通は東海道と大阪への交通ルートを結ぶ要所として栄え、銀行のみならず当時の情報産業の中心だった新聞社も多く立ち並んでいました. 当ビルも『大阪毎日新聞』の支局ビルとして残る希少な旧新聞社ビル(建設当初は「京都大毎会館」)で、先ほど見た星形マークは新聞社の社章をモチーフにしたものです. 設計は「関西電力京都支店」や数々の京大建築を手掛けてきた武田五一氏で、作品としては中〜後期のものです.
0221:1928ビル 御幸町通側ファサード①

0221:1928ビル 御幸町通側ファサード②

0221:1928ビル 御幸町通側ファサード③

0221:1928ビル 御幸町通側のガラス窓

0221:1928ビル 御幸町通側の勝手口

こちらは御幸町通に面した西側ファサードの様子です. 三条通は陸屋根のようですが、こちらのは傾斜が大きく設けられたドーマー(出窓)付きの青銅色屋根(写真3枚目)が設けられています. 青銅サッシュの大窓が整然と並ぶ様子は、国際様式に近い雰囲気を漂わせます. 丸い鋼管をズボッと差し込んだような丸窓(写真2枚目)もいい感じ. 窓ガラス(写真4枚目)には表面の所々が歪む『昔ガラス』が使用されていて、学校の窓のような雰囲気が感じられるのがよかったです.
0221:1928ビル 入口①

0221:1928ビル 入口②

0221:1928ビル エントランス①

0221:1928ビル エントランス②

最後は、今回入ることができた入口からエントランスまでの様子です. 凹凸をつけて張り出た水平庇(写真1枚目)と、両脇に設けられた照明のデザイン(写真2枚目)がいい感じ. 説明看板を見ると水平庇はF.L.ライト、照明はアール・デコに影響されているそうです. 1998年まで支局として使われた当ビルは、その後「京阪宇治駅舎」等を手掛けた若林広幸氏が新聞社より買い取り、1999年より劇場ホール空間を有する複合ビルとして活用されています.

そんな当ビルのエントランス(写真3枚目)は、すぐギャラリーの入口が設けられるためかなり狭め. 木製扉やオレンジカラーを活かした館内照明の暖かい演出がいいですね. ドーマー屋根の真下にあたる3階フロアには『アートコンプレックス1928』という小劇場があり、三条通を代表する芸術文化拠点としての活用も図られています. カフェも複数店営業しているので、それ目的でフラッと訪れるのにも最適です. 三条通に残る武田五一建築に是非一度. では今回はここまで〜


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

No title

これは興味深いですね。
当方「日本全国冒険紀行」で訪れた場所がいくつもありました。
神戸はまだ行っていませんが、いつか行きたい候補の筆頭です。
これからもちょくちょく拝見します
非公開コメント

プロフィール

的野 峻一(MATŌ)

Author:的野 峻一(MATŌ)
『ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)』は関西の建築好きが日本全国にある建築スポットを実際に探訪し、感想を交えながら紹介しています. 詳しい活動内容はエントランスページよりご確認ください.

風景写真・デザイン活動のページ

インフォメーション

【2022.9.23】 「鉄道でまわる 都道府県別建築スポットマップ」の「16.佐賀県【九州】」を公開しました.

写真使用依頼等はページ上部のメールフォームにて受け付けております.(※返信は遅めです. 当日中の返信はあまりできません. 申し訳ありません.)

紹介する建築スポットの情報は、原則的に投稿日時点の情報になります. 現在と比較して古い情報や記事内の誤字・脱字等がありました場合は、該当記事内の各コメント欄またはメールフォームでご意見いただけますと幸いです.

活動実績(写真提供・寄稿等)

◆『近代建築2017年5月号』にて写真提供をさせていただきました. 『近代建築』バックナンバー

◆『トラベル.jp たびねす(現:トラベルjp 旅行ガイド)』のライターとして、以下の建築スポットガイド記事を寄稿しました.【2016〜2018年在籍】

・大阪狭山野池美術館リンク
・松柏美術館リンク
・みんなの森 ぎふメディアコスモスリンク
・秋野不矩美術館リンク
・植村直己冒険館リンク
・南方熊楠記念館リンク
・中谷宇吉郎雪の科学館リンク
・生きた建築ミュージアム【2017】リンク

* 建築スポットに関するライティングのお仕事も募集しています. ご相談は「メールフォーム」にてお問い合わせください.

最新記事

鉄道でまわる 都道府県別建築スポットマップ
日本全国 JR特急路線図
弘前建築マップ
芦屋市民センター
大阪中之島美術館
MS WORKS 総合ページ

スポンサーリンク

Twitter

Facebook

スポンサーリンク