海岸ビル - ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)- 建築紹介・建築探訪録        

海岸ビル

           
0235:海岸ビル メイン

0235 - 海岸ビル(旧三井物産神戸支店)
竣工:1918年
設計:河合浩蔵
住所:神戸市中央区海岸通3
特記:1996年解体・1998年再建(旧外観を保存・再構築)

皆様どうも、本日より3月です. 3月というと、今月末にはDOCOMOMO建築である「ソニービル」が閉館してしまう予定でして、それメインに東京探訪もしたいところですが予定がまとまりません. 芦原義信氏の名モダニズム建築を拝めるのもあとわずが、見てない人はぜひ見に行きましょう. さてこちらでは、2月から引き続いて神戸港周辺の建築スポット紹介を進めていきます. 今回は旧居留地海岸通の近代建築のラストとなる海岸ビルです.
0235:海岸ビル 海岸通側外観①

0235:海岸ビル 海岸通側外観②

0235:海岸ビル 海岸通側外観③

0235:海岸ビル 海岸通側外観④

0235:海岸ビル 海岸通側外観⑤

ビルは前回紹介した「商船三井ビルディング」(写真1枚目 奥)から道路を挟んで西隣に建つ、ホワイトカラーが眩い4階建ての建物. 当時の三井財閥の中核企業『三井物産』の神戸支店として竣工した当ビルは、建築家・河合浩蔵氏の設計. 司法省技師の後に「神戸地方裁判所」の設計を機に神戸へ移住し、多くの作品を神戸に残します. 以前紹介した「新井ビル」の4年前に完成し、装飾分解されたセセッション様式が特長. しかしそのシンプルさに劣らない密な量の装飾が、建物外壁に独特のユニークさをもたせています. 各フロアの窓間に施されたペディメント等の幾何学装飾もバラエティ豊かで、探すだけでも非常に楽しいです.

そんなビルの真上を見上げる(写真5枚目)と、いかにも現代的なガラス張りのビルが建物の真上に浮いているかのように建っています. 実はビル自体は1995年の阪神・淡路大震災で全壊認定を受け、旧外壁を保管しつつ1996年に解体. 保管していた旧外壁を再建したビルの低層部に再構築しています. 新築された高層部分が浮くように建つのに驚きながらも、昨今よくある腰巻ビルという感じがしなかったのは、見た目的にビルの独立感が上手くでているからだと感じます.
0235:海岸ビル 東側外観①

0235:海岸ビル 東側外観②

0235:海岸ビル 東側外観③

0235:海岸ビル 破風装飾①

0235:海岸ビル 破風装飾②

こちらは東側外観の様子. こちらも海岸通側と同様のシンメトリーを構成し、幾何学装飾が外壁をユニークに表現します. 再建前と大きく異なるのは中央部以外にも開けられた入口(写真2枚目 両脇)で、元々この部分は窓でした. 柱スパンが短い・窓が縦に長いといった特長から、オフィスビルというよりはアパートのような外観だなと思ったりも. 1階のペディメント装飾(写真4・5枚目)を見ながら、単純そうで複雑なこの装飾のモチーフはどこからきたのかと考えていました.
0235:海岸ビル 海岸通入口

0235:海岸ビル 内部①

0235:海岸ビル 内部②

0235:海岸ビル 内部③

最後は建物内から撮影した様子です. 探訪前情報としては『ファサード保存』ということだけ頭に入れていて、内部は綺麗にやりかえたかなという程度の認識だったのですが、実際は構造体とファサードの裏壁だけしかない真っ白な空間(写真2・3枚目)でした. あくまでもファサードの保存だけに注力し、内部は構造体と壁というミニマルな吹き抜けで済ませる姿勢はある意味で清々しい. 外からだとこの雰囲気がなかなかわからなかったので、入館したときは驚きました.

Wikiをみてみると『東側玄関に竣工当時から受け継がれてきた木製ドア・1階エレベーターホールに南玄関ホールを飾った6本の御影石柱(写真4枚目 奥)・南正面玄関の内扉2枚も店舗の出入口に再利用』と書かれており、外壁以外にも内装の名残が残っています. 写真には収めていないものもありますが、探訪時にはぜひ探してみてください. それでは今回はここまで〜


◆ このスポットに関連する建築マップ
神戸建築マップ(神戸港編) - 神戸港周辺をメインとした建築マップ


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

プロフィール

的野 峻一(MATŌ)

Author:的野 峻一(MATŌ)
『ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)』は関西の建築好きが日本全国にある建築スポットを実際に探訪し、感想を交えながら紹介しています. 詳しい活動内容はエントランスページよりご確認ください.

風景写真・デザイン活動のページ

インフォメーション

「鉄道でまわる 都道府県別建築スポットマップ」に「8.高知県」を新しく追加しました.

写真使用依頼等はページ上部のメールフォームにて受け付けております.(※返信は遅めです. 当日中の返信はあまりできません. 申し訳ありません.)

紹介する建築スポットの情報は、原則的に投稿日時点の情報になります. 現在と比較して古い情報や記事内の誤字・脱字等がありました場合は、該当記事内の各コメント欄またはメールフォームでご意見いただけますと幸いです.

活動実績(写真提供・寄稿等)

◆『近代建築2017年5月号』にて写真提供をさせていただきました. 『近代建築』バックナンバー

◆『トラベル.jp たびねす(現:トラベルjp 旅行ガイド)』のライターとして、以下の建築スポットガイド記事を寄稿しました.【2016〜2018年在籍】

・大阪狭山野池美術館リンク
・松柏美術館リンク
・みんなの森 ぎふメディアコスモスリンク
・秋野不矩美術館リンク
・植村直己冒険館リンク
・南方熊楠記念館リンク
・中谷宇吉郎雪の科学館リンク
・生きた建築ミュージアム【2017】リンク

* 建築スポットに関するライティングのお仕事も募集しています. ご相談は「メールフォーム」にてお問い合わせください.

最新記事

鉄道でまわる 都道府県別建築スポットマップ
日本全国 JR特急路線図
弘前建築マップ
芦屋市民センター
大阪中之島美術館
MS WORKS 総合ページ

スポンサーリンク

Twitter

Facebook

スポンサーリンク