旧豊岡町役場 - ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)- 建築紹介・建築探訪録        

旧豊岡町役場

           
0245:旧豊岡町役場 メイン
0245 - 旧豊岡町役場(豊岡市旧本庁舎)
竣工:1927年
設計:原科準平
住所:兵庫県豊岡市中央町2-4

皆様どうも. 今回も先回に引き続いて、北但大震災の復興によって生まれたレトロ近代建築をお送りします. 先回の「豊岡1925」と道路を挟んで北に建つ豊岡市庁舎は2014年に新庁舎が建てられたものの、かつての本庁舎であった旧豊岡町役場が庁舎正面に残されることとなりました. 豊岡復興から現代に至るまで町のシンボルとして親しまれ続けた近代庁舎建築を、今回はピックアップします.
0245:旧豊岡町役場 遠方から

0245:旧豊岡町役場 外観①

0245:旧豊岡町役場 外観②

0245:旧豊岡町役場 外観③

0245:旧豊岡町役場 外観④

では早速市役所手前からスタート. 駅から市役所までの町並みや『豊岡復興建築群』については「豊岡1925」にて解説していますので、そちらをご観覧ください. 市役所は大開通りに向かい芝生広場として広く解放しており、その奥に真っ白な旧庁舎がシンボリックに建つ姿はとても印象的です. 外観(写真3枚目)は左右対称で、中央と両翼部に細長いアーチと窓を入れ込んだスパニッシュ風のデザイン. 外壁に施された幾何学装飾(写真4・5枚目)も良いですね.

豊岡復興のシンボルとして1927年に建てられた旧役場は、神戸を拠点に活躍した原科準平(はらしな じゅんぺい)氏の手で完成しました. 原科氏は大蔵省技官として勤務し、神戸にて多くの建物を手掛けますが、現在は「日本基督教団神戸教会」とこの旧庁舎くらいが現存するのみとなります. 復興建築としてRC造で建設された庁舎は、昭和初めの当時としても珍しいものだったとか. 竣工当時は2階建てでしたが、市政施工にあわせて1927年に3階が増築されています.
0245:旧豊岡町役場 玄関①

0245:旧豊岡町役場 玄関②

0245:旧豊岡町役場 エントランス

0245:旧豊岡町役場 案内図

0245:旧豊岡町役場 階段①

0245:旧豊岡町役場 階段②

市の本庁舎として機能する一方で、手狭な本庁舎を周辺の施設を分庁舎に転用することでカバー. 吉田鉄郎氏が手掛けた「南庁舎(旧豊岡郵便局 ※解体済)」もその一つで、これが庁舎内アクセスの不便となり、加えて老朽化・耐震性の問題もあって新庁舎建設が検討され始めます. 2008年策定の新庁舎基本構想pdfにて旧庁舎保存活用の可能性検討が明記され、2014年に旧本庁舎を残す形で新庁舎が建設されました. 以前は25mほど北にあった庁舎を現在の場所まで曳家で移動させており、神戸新聞社によるYoutube動画URLにて工事の様子が公開されています.

写真は玄関や内部を撮影したもの. 館内は開館時間内であれば自由に入れます. 工事時に内部は大幅に改修され、現在は市立交流センターと市議会議場が入る施設に新しく生まれ変わっています. 議場のフロアを市民交流のフロアで上下に挟み込む構成(写真4枚目の案内図より)は斬新です. エントランス(写真3枚目)は外観に合わせてレトロに仕上げていますが、雰囲気的に新しい. 竣工時の面影がありそうなのは、2階までの階段手摺(写真5・6枚目)がそうかな〜という感じでした.

2016年には国指定登録有形文化財に指定され、豊岡を代表する近代建築としての注目度が高まりつつある旧役場へは、豊岡駅から駅前通りを歩いてすぐです. 豊岡市は本当に近代建築を大事にしているという意気込みが伝わってくる、誠に素晴らしい近代建築スポットでした.


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

プロフィール

的野 峻一(MATŌ)

Author:的野 峻一(MATŌ)
『ARCHI'RECORDS(アーキレコーズ)』は関西の建築好きが日本全国にある建築スポットを実際に探訪し、感想を交えながら紹介するブログです. 西日本多めです. 今までにご紹介した建築記事の一覧を見たい方はこちらへ→「全国建築マップ
◆ 関連サイト ◆

・当ブログのInstagramページ


・管理人の風景写真活動のInstagramページ

インフォメーション

2022年内の活動再開に向けて準備を進めております. 写真使用依頼等は下部の「メールフォーム」にて受け付けております.(※返信は遅めです. 当日中の返信はあまりできません. 申し訳ありません.)

紹介する建築スポットの情報は、原則的に投稿日時点の情報になります. 現在と比較して古い情報や記事内の誤字・脱字等がありました場合は、記事内の各コメント欄または「メールフォーム」でご意見いただけると助かります.

●「管理人へのメールフォーム

活動実績(メディア提供・旅行ガイド等)

◆『近代建築2017年5月号』にて写真提供をさせていただきました. (『近代建築』HPリンク

◆『トラベル.jp たびねす(現:トラベルjp 旅行ガイド)』のライターとして、以下の建築スポットガイド記事を寄稿しました.【2016〜2018年在籍】

・大阪狭山野池美術館(リンク
・松柏美術館(リンク
・みんなの森 ぎふメディアコスモス(リンク
・秋野不矩美術館(リンク
・植村直己冒険館(リンク
・南方熊楠記念館(リンク
・中谷宇吉郎雪の科学館(リンク
・生きた建築ミュージアム【2017年】(リンク

* 建築スポットに関するライティングのお仕事も募集しています. ご相談は「メールフォーム」にてお問い合わせください.

FC2アクセスカウンター

スポンサーリンク

Twitter

Facebook

スポンサーリンク